Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

コミュニケーション

スマホとtwitterの組み合わせって、かなり強力ですよね。個人的にはスマホを使うようになってからtwitterのツイート数がかなり増えた印象があります。スマホで一番使うアプリがtwitterアプリだと言っても過言ではありません。

そんな頻繁に使うアプリですから、使いやすさにはこだわりたいところです。androidには数多くのtwitterクライアントがありますが、その中でも今回ご紹介する『twitcle』は新しい定番となりそうなアプリです。



アプリの特徴

  • マルチアカウント・ミュートに対応のtwitterクライアント
  • 複数のカラムをスワイプで切り替え
  • 今後の定番twitterクライアントになりそうな使いやすさ

twitcle
価格:無料

使いやすいインターフェース

twitcle

本アプリはtwitterクライアントとしては後発ですが、そのぶん他のクライアントにある便利な機能をしっかり盛り込んでいます。

右上の自分のアイコンの横のボタンをタップするとユーザーストリームがオンになります。これで更新ボタンを押さなくても自動的にタイムラインが更新されていきます。

また、画面を横にスワイプすることでメンションやダイレクトメッセージの画面にカラムが切り替わります。これは画面下部の各カラムのアイコンをタップすることでも移動できます。


twitcletwitcle

カラムは自分で自由に設定することができます。デフォルトで「Home」「Mention」「DirectMessage」が表示されますが、検索結果やリスト、特定ユーザーを1つのカラムとして追加することができます。

検索結果の表示のとき、左下に表示される目のようなアイコンをタップすると、その検索結果をカラムに追加することができます。


表示形式も自由自在

twitcletwitcle

タイムラインの表示は、普通のリスト表示とフキダシのようなポップアップ表示があります。

また、背景に画像を設定したり透明度を変更することもできます。また、「普通のツイート」「リプライ」「自分のツイート」それぞれのツイートについて背景色・文字色・既読の文字色を設定することができます。


マルチアカウントもらくらく切り替え

twitcle

複数のアカウントを管理するマルチアカウントにも対応しています。アカウントの切り替えはメニューキーから「切り替え」で行います。
個人的には、アカウントの切り替えをよく使うので、この切り替えのしやすさが気に入っています。


返信機能も充実

twitcletwitcle

タイムラインのツイートの1つをタップすると、そのツイートに対する動作のメニューが表示されます。ここでグループ設定を行うと、そのアカウントにカラーラベルを設定することができます。特に読み逃したくない人には設定しておくといいでしょう。

また、ツイートを長押しすることで、複数のツイートを選択することができます。その状態でメニューボタンを押すとまとめて返信やまとめてグループ設定などができます。


twitcle

アイコンをタップするとその人のプロフィールページが表示されます。
ここからリプライやミュートなど、そのアカウントに対する動作を行うことができます。


twitcle

その他、設定からはミュート(アンフォローはしないが、一時的にTLから非表示にする)機能を設定することもできます。

ミュートはユーザー単位だけではなく、NGワードやNGクライアントでの設定も可能です。
バッテリー残量をいちいちツイートされるのが嫌だったり、ちょっと敬遠したいクライアントがある場合に使うといいでしょう。



本当にたくさんの機能があり、それでいてまだ発展途上なアプリです。現在(2012年6月9日)はまだメンションやダイレクトメッセージの通知には対応していませんが、今後の実装予定はあるようです。公式のtwitterアカウントで要望なども受け付けていますので、気づいたことがあればリプライを送ってみるといいでしょう。

まだ「完成された」とは言えない状態のようですが、今後の定番twitterクライアントとして十分に期待のできるアプリです。ぜひ使ってみてください。





twitcle
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 twitcle
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 1.3.7
デベロッパー名 yoshika
レビュー日 2012/06/09


関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る