GO ランチャー EX (Go Launcher EX) : アプリ管理やメディアライブラリも!進化し続ける多機能ホーム!無料Androidアプリ

 
ikarus


スマホを使う上で最もよく起動するアプリは「ホームアプリ」です。
アプリを起動するランチャーとしての役目はもちろん、テーマや壁紙で個性を演出できる、いわばスマホの顔的存在。
その中でも、高い機能性・カスタマイズ性で圧倒的指示を集めるホームアプリが『GO ランチャー EX (Go Launcher EX)』です。
定番アプリとなった今でも月1以上のアップデートが行われ、日々進化を遂げているアプリです。
以前のバージョンを使ったことのある方も、数多くの機能を使いきれて無い方も必読の内容です!

アプリの特徴
  • 画面数、ウィジェットサイズ、アイコン画像などカスタマイズ項目が豊富
  • ドロワー画面からアンインストールやタスクキルが可能
  • 画像、音楽、動画などのメディアライブラリ機能
  • 豊富なアドオン・テーマを無料で入手可能

GO ランチャー EX (Go Launcher EX)
価格:無料
開発:GO Launcher Dev Team


乗り換えやすい標準的な画面構成



ホーム画面は、ウィジェット&ショートカット+画面下部にドックバーという構成なので、端末標準のホームアプリから乗り換えても違和感は少ないはずです。

左右スワイプで切り替えられるスクリーンは、最大9面まで追加できます。

高いカスタマイズ性が魅力!



アプリ&ドックバーのアイコンは、アイコンパックや任意の画像に差し替え可能です。

さらにドックバーのアイコンやホーム画面上を縦方向にスワイプすることで、任意アプリの起動やドック・ステータスバーの非表示など、様々な操作を割り当てることが可能です。

フォルダ分けやリサイズで情報密度増加!



アイコンの上に別のアイコンをドラッグすることで、1つのフォルダにまとめて表示可能です。

さらにウィジェットは任意の大きさにリサイズ可能で、たくさんのウィジェットを並べたい時に重宝します。

ホームアプリでアプリ管理が!?



「ドロワー」(アプリ一覧)画面もフォルダ分けに対応しており、さらに特定のアプリを非表示にすることも可能です。

加えてアイコン長押し→✕ボタンタップでアプリを直接アンインストールまでできてしまいます。



また、より本格的なアプリマネージャー機能も搭載しています。

アプリ詳細画面への移動や削除、さらに複数選択からの連続削除やアップデートチェックといった高度なことも可能です。
インストールアプリが増えてきても、これで効率良く管理できますね。

メディアライブラリ機能が搭載!



さらに最新のバージョンでは、SDカード内の音楽・画像・動画を一覧できる「メディアライブラリ機能」まで搭載されました。(再生は外部アプリ)

複数選択や削除、シェアなど基本的なことはできるので、普段使いならもはやライブラリ&ファイラーも不要かもしれません。

タスクキルでメモリ開放!



また「稼働中」アプリでは、現在起動中のアプリが一覧表示されます。
ここからアプリの切り替えや個別終了のほか、一括終了で空きメモリを確保できます。

終了させたくないアプリを個別にロックすることも可能で、一般的なタスクキラーが不要になるほどの使い勝手です。

追加アドオンで拡張性も抜群!



このように、単体でもかなり多機能な『Goランチャー』ですが、別途アドオンアプリを追加することでさらにパワーアップします。

中でもオススメなのは、ロック画面に任意のアプリのショートカットを置いて直接起動できる『GO Locker』です。

服を着替えるようにテーマをセレクト!



もちろん、テーマも豊富に用意されています。

可愛いものからCoolなものまで揃っており、ほとんどは無料なので、服を着替えるように毎日の気分で変えてみましょう!

これだけ多機能にも関わらず、ロースペックな旧端末でも端末標準のホームより軽快に動作します。
今お使いのホーム画面に何かしら不満を感じた方は、ぜひ一度お試しください!





GO ランチャー EX (Go Launcher EX)
価格:無料
開発:GO Launcher Dev Team





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名GO ランチャー EX (Go Launcher EX)
対応OSAndroid 2.0 以上
バージョン3.05
提供元GO Launcher Dev Team
レビュー日2012/07/05
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。