Plush Cat Free : 可愛いだけじゃ猫とは言えない!ちょっと不細工で魅力的な猫のライブ壁紙!無料Androidアプリ

 


猫系アプリの注目度の高さを見ると、オクトバ読者には猫好きが多いみたいですね。
確かに可愛い猫は、見ているだけで楽しいですし、心癒されるものがあります。
しかし、単に可愛いだけでは飽きてしまうというのも人間ならではの話。
不細工方面に傾くくらいのユニークな顔の猫の方が味が合って可愛さも増しますよね?
今回ピックアップした『Plush Cat Free』は、お世辞にも可愛いとは言えない猫に、色々とちょっかいを出せるライブ壁紙です。
猫の様々なリアクションも楽しい内容になっています。



アプリの特徴
  • 不細工だけどどことなく可愛い猫のライブ壁紙
  • 体色や背景などカスタマイズ性の高さが特徴
  • 有料版では天候表示にも対応

Plush Cat Free
価格:無料
開発:JulyCats



ライブ壁紙を起動するにライブ壁紙メニューから




インストールしたライブ壁紙を起動するには、まずはホーム画面を長押しします。

そして「ホーム画面に追加」を呼び出したら、その中の「壁紙」の項目から、ライブ壁紙メニューを選択します。

すると、スマホにインストールされているライブ壁紙一覧がリスト表示されますので、そこから『Plush Cat Free』をタップしてください。



どことなく人間臭いショボくれた表情が魅力の猫クン




ライブ壁紙の確認画面が表示されました。

ここで画面下段の「壁紙に設定」を選択すると、ホーム画面に反映されます。

また、「設定」を選ぶとライブ壁紙の表示設定のカスタマイズが可能です。



ライブ壁紙のカスタマイズをしよう




表示設定が変更できるのは次の項目です。
Color of the Cat
猫の体色を選択できます。
Object Settings
画面背景の模様選択。
Background Color
背景色を変更できます。
Time Settings
日付表示の設定。
Bonus Cat
猫クンへのボーナス(?)の有無が設定可能です。



好みの組み合わせを見つけ出すのがカスタマイズの醍醐味




海外アプリなので、テキスト表示は全て英文ですが、基本的に変更可能な項目に付いてはサムネイル画像もありますので、その候補の中から自由に組み合わせを選ぶと良いでしょう。







ちなみに、「Object Settings」は、あまり大きな模様を選ぶと、「Background Color」との組み合わせが難しくなるかも?

色々と設定が終了したら、スマホの「戻る」ボタンで、ライブ壁紙の確認画面に戻りましょう。



「壁紙に設定」を選択してホーム画面に反映させれば終了




ライブ壁紙の確認画面に戻ってきました。

後は「ライブ壁紙に設定」ボタンを押せば、無事にホーム画面に反映されます。

再設定をしたい場合は、アプリ一覧画面に作成されたショートカットアイコンをタップすればOKです。



ホーム画面に配置した後はタッチして遊ぼう




この状態で、頭などをコチョコチョといじると、可愛いリアクションを見せてくれます。

また、足下(?)のお札を帽子の中に入れると(タッチしてスワイプ動作で帽子に入れられます)、満面の笑みを浮かべてくれますよ。

ちなみに、お腹のプラカードも、タッチする度にメッセージが変わります。



実はモードが2種類ある猫クン




カスタマイズ時に、「Bonus Cat」のチェックを外すと、違うモードで起動します。

このモードでは、猫をタッチすると意外に激しくリアクションを取ってくれますし、寝ている時は時刻表示もしてくれます。







また、時折ネズミが横切ります。素知らぬ顔で無視する時もあれば、飛びかかる時もあり、見ていても飽きません。

ネズミはチーズを運んでいるときもあります。

ちなみに、『Plush Cat Free』には天候表示などにも対応した有料版もあります。この無料版で気に入られた方は、是非とも購入をお考えくださいね。





可愛いだけの猫アプリでは満足できない、真の猫好きな方なら必携のライブ壁紙と言えます。





Plush Cat Free
価格:無料
開発:JulyCats





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Plush Cat Free
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.04
提供元JulyCats
レビュー日2012/07/04
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者