Android(アンドロイド)特集記事

2012/07/29 Android(アンドロイド)特集記事

【オクトバインタビュー】アジアで人気のコミュニケーションアプリ『Cubie メッセンジャー』ってどんなアプリ?
コミュニケーションアプリというと、皆さんは何を想像するでしょうか?
『LINE』『カカオトーク』『Skype』…FacebookやTwitterを、メッセンジャー的な用途で使っている人もいるかもしれませんね。


アプリ開発の裏側に迫るオクトバインタビュー。
第4回は『Cubie メッセンジャー』の開発者、馮 彦文氏と程 希瑾氏にお話をうかがいました!
『Cubie メッセンジャー』は台湾発のコミュニケーションアプリ。東南アジアを中心に人気が広がっている、注目のアプリです!



アジアを中心にリリース2ヶ月半で200万ダウンロード

【オクトバインタビュー】アジアで人気のコミュニケーションアプリ『Cubie メッセンジャー』ってどんなアプリ?

『Cubie メッセンジャー』は、友達とチャット形式でコミュニケーションができるアプリです。
注目はそのコミュニケーション方法の豊富さ。『LINE』のようにスタンプを使って会話ができる他、写真や動画、音声ファイルなども送れます。

また、ペンのアイコンからは落書きによるコミュニケーションが可能。相手の落書きに書き足すなど、様々な楽しみ方ができます。
アプリのリリースは2012年3月。その後2ヶ月半で、iPhoneとAndroidあわせて200万ダウンロードを達成しました。


『Cubie』のユーザーは、やはり台湾に多いんでしょうか?
台湾、タイ、マレーシアなど東南アジアを中心に、約230万人に『Cubie』を利用してもらっています。
ユーザーの70%が女性。18~30歳くらいがメイン層ですね。

わりと年齢層が高めですね
18歳未満はスマホ利用率が低く、フィーチャーフォンがメインなのが主な理由だと思います。
台湾だと、高校生にスマホを持たせるのはよくないという考えもある。大学入学と同時にスマホにするのが一般的ですね。

iPhoneとAndroidだと、どちらが多いんでしょうか?
東南アジアではAndroid利用者がメインですが、『Cubie』ユーザーはiPhoneが多いです。
Androidは口コミで利用者が増えるため時間がかかりますが、一度使うと長く利用してくれますね。

なぜ『Cubie メッセンジャー』だったのか

【オクトバインタビュー】アジアで人気のコミュニケーションアプリ『Cubie メッセンジャー』ってどんなアプリ?

競合が多い中、コミュニケーションアプリをリリースしたきっかけを教えてください。
他のコミュニケーションアプリを見ていて、まだ可能性があると思ったのがきっかけです。
これだけ多くの人が使っているのは、ニーズがあるということ。新しい機能を加えればユーザーは使ってくれると思いました。


お絵かきアプリと比較されることもありますが
ゲームはいつか飽きてしまいます。
『Cubie』はコミュニケーションアプリとして、毎日使ってもらうことを意識しています。

『Cubie』の名前の由来は?
何年か前に取得していたドメインが、たまたま「Cubie」だったので(笑)。
Cubieには「エリアにいる友達、一緒に働いている人」という意味があるので、偶然ですがぴったりの名前だと思います。

これからの展望は?

【オクトバインタビュー】アジアで人気のコミュニケーションアプリ『Cubie メッセンジャー』ってどんなアプリ?

ユーザーとしては、日本語に完全対応しているのが嬉しいです
英語、日本語、中国語(簡体字・繁体字)、タイ語の5ヶ国語に対応しています。
今後はベトナム語、インドネシア語に対応していく予定です。


アプリの機能としては、どのようなものを考えていますか?
今の『Cubie』でできるのは、友達とのクローズドなコミュニケーション。
これからはパブリックなコミュニケーションの場所としても、使ってもらえるようにしていきたいですね。

世界各国を訪問して『Cubie メッセンジャー』の可能性を広げているお二人。
お忙しいところ、興味深いお話をありがとうございました!







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る