Fake Windows Phone 8 : 発売前のWP8をAndroidでチェック?WP8のスタート画面風アプリ!無料Androidアプリ

 


Android使いの私ですが、実はWindows Phoneも少しだけ気になっていたりします。
そのWinsows Phoneの最新版である8を搭載した端末が、9月にも発表か?と言われていますね。

そんな発売前のWP8ですが、そのスタート画面をAndroidで表示するアプリがあります。それが今回ご紹介する『Fake Windows Phone 8』です。
まだ発売されていないのに?AndroidなのにWP8?と混乱させてしまうかもしれませんが、要はWP8のスタート画面に似た画面を表示する、というジョークアプリの一種です。



アプリの特徴
  • WP8のスタート画面を表示するジョークアプリ
  • アイコンのカラーをそれぞれ変更可能
  • ホームアプリではないが、任意のアプリを起動することは可能
Fake Windows Phone 8
価格:無料
開発:Jakub Dyszkiewicz


Windows Phone 8そっくりな画面





この手のアプリで言うと、WP7風のホームアプリ『Launcher 7』のようなものと思いがちですが、残念ながら違います。

本アプリを起動させると、外見はWP8の画面そのもの!

しかし、メール着信はずっと3件のままですし、日付も変わりません。


タイルの色は10種類から選択





メニューから「Default color tile」を選ぶと、全体の大きなアプリタイルの色を変更することができます。

変更できる色の種類は10色で、どれもハッキリした気持ちのいい色です。

「Reset tile settings」を選ぶと、タイルごとに個別に設定したものをすべてリセットして初期状態に戻すことができます。


アプリを起動することはできます





本アプリはホームアプリではないし、あくまでジョークアプリですが、各アイコンをタップすればちゃんとアプリを起動することができます。

電話のアイコンなら電話が、Internetならブラウザが、EvernoteならEvernoteが起動します。

あらかじめ決められたアプリが端末にインストールされていなければ、Playストアからのインストールを促されます。


カスタマイズしてカラフルな画面に





タイルの1つを長押しすることで、個別に設定をすることができます。

Color…タイルの色を変更
Application…タップ時の起動アプリを変更

全部のタイルの色を変えて、カラフルにするのも面白いですね。



基本的にジョークアプリであるため、これ以上の機能はありません。
飲み会の時にでも友達に見せて驚かせたり、たまには気分転換でホーム画面の表示を変えてみたり…というのが正しい使い方でしょうか。

似たようなアプリに、iPhone 4Sの(ような)ホーム画面を表示するアプリの『Fake iPhone 4S』というものもあります。両方インストールしておけば、Android端末でありながら、一瞬でiPhone 4SにもWP8にも変身することができますね。




Fake Windows Phone 8
価格:無料
開発:Jakub Dyszkiewicz





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Fake Windows Phone 8
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.2
提供元Jakub Dyszkiewicz
レビュー日2012/08/07
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。