【最新アップデート】フェンリル、『Sleipnir Mobile for Android』2.3公開 広告ブロック・オクトバ解説リンクなど

 




フェンリルは11日、同社公式ブログ上にてAndroid版ブラウザアプリ『Sleipnir Mobile – ウェブブラウザ』の最新版「バージョン2.3」を公開したと発表した。
対応OSはAndroid2.1以上。現在、GooglePlayストアにて無料で公開中。

今回のアップデートでは、iPhone版で先行搭載された「広告ブロック」が実装されたほか、端末バックキーやアプリ終了時の挙動が変更された。

2.3 アップデート内容

広告ブロック機能


今回最大の追加機能が、iPhone版でも人気の「広告ブロック」機能。
単に非表示にするのではなく、特定ホストの通信をブロックするため、広告の多いページでは読み込みの高速化も期待できる。

なお本機能が利用できるのは、Android 3.0以上の端末となっている。

バックキー動作の改良


「戻る」ページがない場合に端末バックキーを押したとき、これまでは確認なしでアプリが最小化されていた。
今回のアップデートにより、「アプリ終了」「最小化」「タブを閉じる」から動作を選べるようになった。

さらに最小化・終了の際はいきなり閉じるのではなく、確認メーセージの後もう一度バックキーを押すという「2度押し」になった。
誤操作によるアプリ終了を防ぐ配慮だ。

アプリ終了時の挙動の変更


バックキー長押しでアプリを終了できるが、その際の確認メッセージの有無が選択できるようになった。

確認無しで終了した際に消去するデータも、予め指定することができる。

タブを閉じた際の動作


現在のタブを閉じたあとに表示するタブを、「右のタブ」「左のタブ」から選べるようになった。

「オクトバ」解説ベージへのリンク設置


スタートページのバナーや、設定画面の「使い方」から、オクトバの「Sleipnir 使い方まとめ」ページを閲覧できるようになった。

各機能の使い方に迷った時は、ぜひ該当ページを参照して欲しい。

関連情報

Sleipnir Mobile for Android 2.3 をリリースしました!広告ブロック搭載!|フェンリル デベロッパーズブログ
Sleipnir Mobile – ウェブブラウザ|GooglePlayストア







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
Nobuyuki Hamasaki
オクトバのライターです。