Picture Password Lockscreen : よりセキュアなロック画面に!ジェスチャーでロックを解除!無料Androidアプリ

 



いよいよ今週26日、「Windows8」の一般販売が開始されますね。
「Windows8」の便利な機能の1つに、好きな画像上でのジェスチャによってパスワードの代替とする「ピクチャ パスワード」というものがあります。
これをAndroidのロックスクリーン機能にしたのが、今回ご紹介する『Picture Password Lockscreen』です。

アプリの特徴
  • 点・線・円を描く方式のロック画面アプリ
  • 自分でわかりやすい画像を指定して設定可能
  • パターンやパスワードに比べても、より安全
Picture Password Lockscreen
価格:無料
開発:TwinBlade


点・線・円を描いてロック解除



本アプリを適用させると、スリープから復帰した時に自分で設定した画像が表示されます。そしてその画像上に点・線・円を描くことによって認証され、ロックが解除されます。

何も知らない人が見ても、画像が表示されているだけなので解除方法はわかりにくいですし、そのパターンはとても数えきれるものではありません。なので、より安全なロック方式とも言えます。

設定はすべて英語だが最低限必要なのは3つだけ



ではさっそく設定してみましょう。すべて英語ですが、頑張りましょう。
基本的な使い方としては、表示される画像を選択し、ジェスチャーを設定、そして「Start Service」だけで大丈夫です。

設定する画像は、自分がどこにどんな点や線を書いたらいいのか、ちゃんと分かるものにしましょう。

ジェスチャーを設定しよう



「Set Gestures」で、実際に使用するジェスチャーを描いていきます。
「Drow Point」と表示されたら任意の場所をタップして点を設定、「Drow Line」で線を描きます。
デフォルトでは点と線のみですが、設定から「円」を加えることもできます。

今回は「飛行機をタップする点」「飛行機から月に伸びる線」「オブジェを囲むように円」を設定しました。

必ずテストしておこう



このまま「Start Service」で本アプリによるロックが適用されますが、まずはちゃんと解除できるか「Test Gestures」で試してみましょう。

なお、線や円はその場所だけでなく、描き順、向かう方向もあってなければなりません。
テストして大丈夫そうなら「Start Service」してみましょう。

デフォルトの設定では、ロック画面で「Drow Point」など、点を打つように指示が出ますが、それも非表示に出来ます。これで知らない人が解除しようとしても画像が表示されるだけなのでどうしたら良いのかすら、わからないようにできます。

スマホには大切な情報が詰まっています。紛失・盗難などもしもの時に備えて、こういったセキュリティについては、ちゃんと考えておきたいですね。




Picture Password Lockscreen
価格:無料
開発:TwinBlade





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Picture Password Lockscreen
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン1.2
提供元TwinBlade
レビュー日2012/10/21
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。