Android(アンドロイド)特集記事

2012/12/22 Android(アンドロイド)特集記事

【コラム】テーマ別に振り返るAndroid業界の2012年!今年のスマホニュースをギュッとまとめてお届け!【前編】

2012年も残りわずかとなりました。地球が滅亡することもなさそうで、もう1週間ちょっとで2013年です。
今年もさまざまな出来事がありましたが、やはりスマホ・Android業界の動きはめまぐるしいものでした。

オクトバはHT-03Aが発売された2009年の7月よりAndroidに関する情報を追っています。
その3年間でも今年はAndroidにとって大きな節目を迎えた年であったように感じます。

そんなAndroidにとっての2012年をテーマ別に振り返りたいと思います!



AndroidマーケットからPlayストアへ

【コラム】テーマ別に振り返るAndroid業界の2012年!今年のスマホニュースをギュッとまとめてお届け!【前編】

今年3月にiPhoneのAppStoreにあたる「Androidマーケット」が「Google Playストア」にリニューアルされました。
アプリのみではなく、映画や書籍などのコンテンツなどを配信するようになったのが大きな変更点です。

予告もなく突然変わったので、「Androidマーケットが無くなった」といった混乱が生まれてしまったのも事実です。

リニューアル後着々と進化を続け、最近では「匿名レビューコメントの廃止」や「ホリデーセールの開催」など、ストアの展開に力をいれています。

一方で、Nexus 7を国内でもPlayストアで直販しものの、なかなか届かないといったこともありました。
そのほか、「個人情報を抜き取るアプリ」といった悪意のあるアプリが配信されてしまうなど、まだまだ課題が残っています。

【関連記事】
すべてのアプリはここからはじまる!『Playストア』を使いこなそう!

Android 4.0の普及とアップデート問題

【コラム】テーマ別に振り返るAndroid業界の2012年!今年のスマホニュースをギュッとまとめてお届け!【前編】

Android 1.6や2.1の頃から使われている方は、皆口をそろえて「Android 4.0になって、やっとまともに使えるスマホになった」と言います。(私の周り調べ)

2011年11月にGALAXY NEXUSと共に発表されたAndroid 4.0ですが、実際にAndroid 4.0搭載機種が国内で普及し始めたのは今年の夏頃からです。
また、既存機種のアップデートもしばし問題になり、キャリアによって提供されなかったり1年近くかかることが有りました。

その背景にはGoogleが提供しているOSを、各メーカーやキャリアがカスタマイズしていることがネックになっています。
Googleもその問題を把握しており、「Android 4.2ではメーカーの独自カスタマイズを制限する」という噂もあります。

ちなみに12月3日時点でのAndroidのバージョン別シェアは、2.3が50%、4.0が27%、2.2が10%、4.1〜4.2が7%となっています。

【関連記事】
Nexus 7でいち早くAndroid 4.2を体験してみた!マルチユーザーとクイック設定はかなり良い感じ!

Google、バターのようにヌルヌル動くAndroid 4.1 “Jelly Bean”を発表!新機能まとめ

携帯通信インフラの拡充

【コラム】テーマ別に振り返るAndroid業界の2012年!今年のスマホニュースをギュッとまとめてお届け!【前編】

スマートフォンの普及に伴い、通信速度と量が格段に速く・多くなりました。
国内の各キャリアでは「Wi-Fiスポットの設置」や「LTEへの移行」を進めています。
各キャリアから簡単にWi-Fiスポットに接続できるアプリもリリースされており、街中で利用できる機会も増えました。

docomoの「Xi」に続いて、auとソフトバンクもLTEサービスを開始しており、その速さは3Gと段違いです。
またdocomoでは地方から順次下り最大112.5Mbpsに速度アップするなど、日本の通信インフラの強さには驚きます。

とはいえ、年明けのおめでとうコール・メールは緊急電話など本当に必要としている人が使えなくなる可能性があるので控えましょう。

そのほか地下鉄トンネル内での通信サービスの提供が急速に広がっており、全線でネットが利用できるようになる路線もあります。
docomoではサイト上で利用できる地下鉄路線を分かりやすく表示しています。(他キャリアも同時に開通しているので大体同じです)

【関連記事】
「LTE」「プラチナバンド」「テザリング」…今さら人に訊けないスマホ用語講座!

Wi-Fiスポット急増中!公衆無線LANを使って快適にインターネットを楽しもう!

脚光を浴びる7インチタブレット

【コラム】テーマ別に振り返るAndroid業界の2012年!今年のスマホニュースをギュッとまとめてお届け!【前編】

つい半年前までタブレットと言えばiPadを筆頭とする10インチサイズがほとんどでした。
しかし10インチというサイズは日本人の手には大きすぎて、あまり持ち運ばずリビングやベッドルームで据え置きになっているパターンが多いと思います。

そこにGoogleから7インチサイズのAndroidタブレット「Nexus 7」が販売開始され、多くの層から人気を集めています。
それに続くようにAppleの「iPad mini」やAmazonの「Kindle Fire HD」など、7インチタブレットが続々と販売開始されています。

電子書籍や動画鑑賞、ゲームをするのに7インチはちょうどよく、価格も手頃なのでクリスマスプレゼントにピッタリです。

【関連記事】
7インチタブレットって最高にちょうどいい!「Nexus 7」を最大限に活用するおすすめアプリ!

「Google Nexus7」がオクトバ編集部にやってきた!理想のAndroidタブレットの証はそのサイズにあり!

いかがでしたでしょうか。本当にいろいろとあった1年でしたね。
テーマ別に4つほどご紹介しましたが、長くなってしまったので後編は明日公開します。
後編では、

  • 存在感を増すAmazon
  • 多様化するSNS
  • 本気を出したGoogle謹製アプリ
  • 混乱を極めるAndroid向けFlash

 
の4テーマ+αでお送りする予定です。乞うご期待!







関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る