Tiny Apps lite (floating) : 便利な浮遊系アプリ5つが1つのアプリになっちゃった!無料Androidアプリ

 

他のアプリ起動中でも、その上に表示できるメモやブラウザといった浮遊系のアプリをこれまでも紹介して来ました。
今回ご紹介する『Tiny Apps lite (floating)』は、そんな浮遊系ツールアプリ5つをひとまとめにしたアプリです。デザインも統一されていますし、これさえあれば浮遊系アプリは十分かもしれません。

アプリの特徴
  • 他のアプリの前面で操作できる浮遊系アプリ
  • メモや音楽プレイヤーなど5種類のツールアプリを収録
  • すべてのツールを複数同時起動可能
Tiny Apps lite (floating)
価格:無料
開発:Carsten Drösser


専用ツールバーから起動

各種ツールを呼び出すために、まずは本アプリの本体を起動させる必要があります。せっかくの浮遊系アプリなので、サブランチャーなどにいれていつでも呼び出せるようにすると便利です。
表示されたバーの各ボタンをタップするとそれぞれのツールが起動します。
機能は左から
・メモ
・ボイスレコーダー
・ペイント
・音楽プレイヤー
・電卓
となっています。

メモ・ボイスレコーダー

表示された各ツールのウィンドウは、タイトル部分をドラッグで移動、右下の三角部分をドラッグで大きさ変更、左上の三角でメニューとなります。
同時に複数のウィンドウを起動することもできます。

ペイント

それぞれのツールで作成されたものはTiny Appsフォルダに保存、読込することができます。

音楽プレイヤー・電卓

それぞれ単体で見れば機能は少ないですが、音楽プレイヤーはシャッフル再生もできますし、電卓は括弧やルートを使った計算もできます。必要十分、といったところでしょうか。

ウィジェットもあります

それぞれのツールを起動するバーは、ウィジェットとしてホーム画面に置くことができます。
ホーム画面からの起動だと浮遊系の意味があまりありませんが、各種ツールをすぐに呼び出せるランチャーとして使えそうですね。

有料版のTiny Apps (floating)になると、各ウィンドウの透過度を変更したり、最小化して画面端に格納することができるようになります。
浮遊系のアプリとしての価値ももちろんありますが、複数のツールを1つのアプリにまとめることができるという点でも便利なアプリです。




Tiny Apps lite (floating)
価格:無料
開発:Carsten Drösser





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Tiny Apps lite (floating)
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン1.4
提供元Carsten Drösser
レビュー日2013/04/18
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。