Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2013/08/17 写真 / 画像

com.brakefield.idfree.screen

ドローイングソフト最大手と言えば、やはりイラストレーターでしょう。しかし、なかなかのお値段がするので手が出ない方も多いのではないでしょうか。最近では、フリーソフトでも多機能なものが増え、無理して購入する事もないかもしれませんが。
しかし、進化しているのはPCソフトばかりではありません。Androidのドローイングアプリもスゴイです!『Infinite Design』は手描きでイラストが描けるだけでなく、パスツールなど様々な機能を搭載した本格的なドローイングアプリですよ!

アプリの特徴

  • 様々なイラストが描ける高機能なドローイングアプリ
  • パスツールやテキスト入力、レイヤー機能など基本的な機能を網羅
  • 独自の特殊なツールを複数搭載。幾何学模様も簡単に描ける

Infinite Design (Free Version)
価格:無料

新規キャンバスを作ろう

Screenshot_2013-08-05-10-15-01.png

まず始めに新規キャンバスを作りましょう。左下の「+」ボタンをタップするとメニューが開き、色々選択できますがまずは「BLANK」をタップしてみてください。すると新規キャンバスが作成され、イラストが描けるようになります。
その下の「GALLERY」などは端末に保存している画像を読み込んだり、ウェブ上にある画像を検索して取り込みが行えます。

Screenshot_2013-08-05-10-25-11.png

ペンツールの設定はかなり細かくでき、色やタッチはもちろん、エフェクトも数種類の中から選択できます。ペンの細さもシークバーで自由に変更できるので、描きたいものに合わせて設定しましょう。

多種多様なツールを用意

Screenshot_2013-08-05-10-28-16.png-1

ペンの設定をしたら画面をなぞると線が描けます。ペンの設定の変更は左下のアイコンから可能です。また、中央下部のアイコンからはツールの変更が行えます。
塗りつぶしや直線ツールなど、基本的なものは揃っていると思います。

Screenshot_2013-08-05-10-33-08.png

画面上のツールバーには特殊なツールが用意されています。手書きでは難しい平行線を引くツールや、集中線を引けるものなど様々なものがあります。これらのツールを使えば、幾何学的な模様やマークなども簡単に作成できますよ。

Screenshot_2013-08-05-10-36-50.png-1

もちろん、イラストソフトに欠かせないパスツールやレイヤー機能も搭載してあります。レイヤーは可視/不可視、透明度の設定も可能です。

様々な形式で保存できる

Screenshot_2013-08-05-10-41-48.png-1

作成したイラストは画像として保存したり、プロジェクトファイルとして保存が可能です。「SAVE PROJECT」で保存すれば続きから再開する事ができ、「EXPORT」からは画像として保存できます。保存形式は本アプリではJPEGのみですが、有料版ではPNG、PSD、SVGなどの形式でも保存可能です。
また、「EXPORT TO PAINTER」は、同デベロッパーがリリースしているイラストアプリ「無限画家フリー」とデータを共有できます。

今回紹介した『Infinite Design』かなり本格的なドローイングアプリだと思います。機能も大変豊富で、ここでは紹介しきれていない程です。タブレットなどの大型端末でタッチペンを使い、モニター出力すればそのまま液晶ペンタブレットもどきとして使用できるのではないでしょうか?
Androidのドローイングアプリを使用した事がない方は、試しにインストールしてみてください。その性能の高さに驚くと思いますよ。





Infinite Design (Free Version)
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Infinite Design (Free Version)
価格 無料
対応OSAndroid 2.1 以上
バージョン 2.4.4
デベロッパー名 Sean Brakefield
レビュー日 2013/08/05


関連記事




タグ: , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る