Quickoffice : MSオフィスファイルの閲覧・作成・編集アプリが完全無償化!Androidアプリ

 
ikarus

com.quickoffice.android_00

先日のニュースでもお伝えしましたが、Microsoft Officeの閲覧・編集ができる『Quickoffice』が無償化されました。
これまではビジネス向けの有償サービス「Google Apps for Business」ユーザーのみ無料で利用できたのですが、現在は全Googleアカウントユーザーが無償で利用できるようになっています。
本アプリは外出先でもファイルの確認や編集でき、さらに作成することもできます。

アプリの特徴
  • Googleドライブ連携!PCで作成したオフィスファイルを閲覧・編集できる
  • スマートフォンからオフイスファイルが作成できる
  • 今ならGoogleドライブ容量10GB追加!
Quickoffice
価格:無料
開発:Quickoffice


パソコンで作成したオフィスファイルの閲覧・編集が可能

com.quickoffice.android_01

まずはGoogleアカウントでのサインインします。
 

com.quickoffice.android_02

本アプリはGoogleドライブと連携しているため、Googleドライブ内に保存されているオフィスファイルも閲覧・編集することができます。
もちろん内部ストレージ(端末内部)に保存されているファイルでもOKです。
オフィスファイルはマークによって識別され、上3つの「X」「P」「W」はMicrosoft Officeで作成したファイル、下3つはGoogleドライブで作成したファイルです。
 

com.quickoffice.android_03

Excelシートで作成されたグラフです。グラフの大きさや、端末の画面サイズにもよりますが、表示・確認することができます。
 

com.quickoffice.android_04

PowerPointもスライドを追加したり、文字を修正したり簡易的な編集は可能です。
 

com.quickoffice.android_10

本アプリと連携しているのはGoogleドライブですが、例えばDropboxに保存してあるオフィスファイルでも、閲覧・編集は可能です。
本アプリ側からDropboxに置いてあるファイルに直接アクセスすることはできませんが、Dropboxアプリからオフィスファイルを選択し、本アプリを選択することによって閲覧・編集することができます。

オフィスファイルの作成も可能

com.quickoffice.android_05

逆にオフィスファイルを本アプリで作成し、続きをパソコンなど編集することも可能です。
画面右上のプラスボタン「+」をタッチすると作成画面が表示されます。
 

com.quickoffice.android_06

このように、フォントや段落の設定、スプレッドシート(Excel)では関数も編集できます。
作成したファイルは、「docx」「xlsx」「pptx」の拡張子で保存されます。
 

com.quickoffice.android_07

作成した文書ファイルは、パソコンのWordではこんな感じに表示されます。

今なら容量10GBボーナス

9月26日までにGoogleアカウントでサインインすると、Googleドライブで使用できるストレージ容量に10GB追加されます。追加された容量は2年間無料で使用できます。ストレージ容量は初期状態では15GBなので、合計25GB使用できることになります。
 
クラウドサービスの普及によって、USBメモリ等で持ち出さなくてもインターネットに繋がれば、どこでもファイルを閲覧・編集できるようになりました。画面サイズや入力方式等の制約もあって決して使いやすいとはいえませんが、外出先での一時的な簡易編集と割り切れば十分な機能だと思います。




Quickoffice
価格:無料
開発:Quickoffice





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Quickoffice
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン6.1.180
提供元Quickoffice
レビュー日2013/09/25
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!