Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20131018_ms_remote_desktop_00

マイクロソフトは、Windows 8.1の提供開始と当時に、Android・iOS用のリモートデスクトップのスマートフォンアプリを公開した。
ビジネスユースを想定しており、接続先のWindows OSは「Pro」や「Enterprise」などとなっている。
アプリはGoogle PlayとApp Storeから無料でダウンロードできる。


Microsoft Remote Desktop
価格:無料

リモートデスクトップアプリの概要

リモートデスクトップアプリを使うと、スマートフォンやタブレットから別の場所にあるPC(リモートPC)に接続でき、アプリやファイル・ネットワークリソースを使うことができる。

Windowsのジェスチャーをサポートするリモートデスクトッププロトコル(RDP)や、RemoteFXに対応する。またネットワークレベル認証(NLA)技術によってデータやアプリへのセキュア接続でき、動画や音声のストリーミングの帯域も状況に応じて最適化される。
 
WindowsリモートデスクトップはWindows 8、Windows RT、Windows 8.1、または Windows RT 8.1 が実行されている PC を使って接続を開始できる。接続先となるWindows OSは以下の通り。

  • Windows 8.1 Pro
  • Windows 8.1 Enterprise
  • Windows 8 Enterprise
  • Windows 8 Pro
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows XP Professional

 
アプリはGoogle PlayとApp Storeから無料でダウンロードできる。
AndroidがOS 2.2以降、iOSが6.0以降のiPhone、iPad、iPod touchに対応しており、iPhone 5に最適化されている。

イメージ画像

20131018_ms_remote_desktop_01

 

20131018_ms_remote_desktop_02

関連情報

Windows のリモート デスクトップ アプリ: FAQ – Microsoft Windows





Microsoft Remote Desktop
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 Microsoft Remote Desktop
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 8.0.0.24101
デベロッパー名 Microsoft Corporation
レビュー日 2013/10/18


関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る