Android Special Contents

Android(アンドロイド)特集記事

select.octoba.halloween

悪戯されたくなけりゃあな!!
今年もやって参りました。年に一度のピンポンダッハロウィーンの季節です。
秋のお祭りということで元々は収穫祭だったハロウィンもすっかり定着し、民間の恒例行事となりましたね。
そこでオクトバではそんなハロウィンを目一杯楽めるおすすめアプリを探してみました。
まずはホーム画面からオレンジに塗っていきます。でも、ハロウィン=カボチャ、だけじゃないですよね。
その辺も踏まえて集めました。
ちなみに今回ちょっと長いです。



ホームアプリ別・ハロウィンテーマ特集

最初はメジャーどころを含むいくつかのホームアプリをチョイスして、そのホーム用テーマを探してみました。

・GOランチャーEX
・ADW.Launcher
・Nova Launcher
・Final Launcher

について扱いますが、GO/ADW/Nova/Holo/Apexあたりは流用できるケースも多いですので使えるかもしれません。

GO Launcher/SMS/Locker一括きせかえ
select.octoba.helloween-go ランチャーEXのテーマハロウィンGO
無料

select.octoba.helloween-2

GOランチャーのテーマは海外製が多いためかタイトルの誤訳が目立ちますがクオリティが高いものが多いですよね。名前の性質上仕方ないのですが「GO」が「を行く」と訳されているケースもよく見かけます。
こちらのテーマをチョイスした理由は、同系統の『GO SMS Pro』と『GOロッカー』用のテーマもリリースされており統一感が出せるからです。

GOランチャーはホーム画面の何もないところを長押しするとエディット画面になるので、「テーマ」タブから新しいテーマを探したりきせかえを行うことができます。

select.octoba.helloween-3

こちらが『GO SMS Pro』のテーマを適用したところです。
テーマの変更は端末のメニューキーを押して行います。

select.octoba.helloween-4

こちらが『GOロッカー』のテーマ。
GOロッカーはドロワーから起動するとテーマ変更画面になるので、「既存」タブからダウンロードしたテーマを選択します。

GO/Nova/Apex対応テーマ
select.octoba.helloween-gna LC Pumpkin Theme Go/Nova/Apex
無料

select.octoba.helloween-5

続いてはGOランチャー、Nova Launcher、Apex Launcherで使えるパンプキンテーマです。
ここではNova Launcherを使っています。
『Nova Launcher』はテーマの適用時に「アイコン」と「壁紙」を別々に適用する必要があります。
Novaの設定を開き、「外観と操作感」から「アイコンテーマ」を選ぶとアイコンパックを適用できます。
この手のオーソドックスなタイプのホームアプリ用テーマの場合、このテーマだけに留まらず、GO/ADW/LP/Nova/Holo/Apexなど多くのホームアプリで共有できる可能性があります。先ほどのGOランチャー用テーマもNovaで使えます。

select.octoba.helloween-6

Nova Launcherは壁紙ピッカーが独自UIで展開されますが、左右スワイプで対応したテーマの壁紙を選ぶことができます。

ADW.Launcherでも使えるテーマ
select.octoba.helloween-icon ADWテーマハロウィーン
無料

select.octoba.helloween-7

こちらは1つ目のGOランチャー用テーマと同じデベロッパの提供による『ADW.Launcher』用に最適化されたテーマです。
ADW.Launcherは日本語化されていませんが、この手の自由度が高いホームアプリを使い慣れた人にとっては何の問題もなく、はじめて触る場合も少しずつ弄っていくうちに自然と理解できるでしょう。
テーマの変更はADW Settingsから「Themes」を選んで行います。「Customize」からスキン、アイコン、ドックスタイル、フォルダスタイル、壁紙をそれぞれ異なるテーマからチョイスして、オリジナルのハイブリッドテーマを作れるのも魅力ですね。

スマホ女子向けFinal Launcherのテーマ
select.octoba.helloween-fl Halloween Town Theme
無料

select.octoba.helloween-8

続いては、女性向けにかわいい系のきせかえテーマが豊富な『Final Launcher』のテーマです。
ドロワーから稼働中アプリ一覧が確認できたり、ドックを縦に置けるなど中々珍しい特徴を持っています。

テーマの変更は端末のメニューキーを押して「カスタマイズ」を選び、下部のタブから「INSTALLED」を開いて適用します。
※基本的にFinal Launcherの無料テーマはホーム画面に広告が入ることが多く、広告を消すには課金が必要になる場合があります。

プレゼントにもピッタリなキティちゃんホーム
select.octoba.helloweenkitty ハローキティきせかえホーム(KT110)
315円

select.octoba.helloween-9

こちらは子供にも大人気、サンリオのキティちゃんがモチーフのきせかえホームです。
ハロウィンらしく魔女っ子テーマもあるようで、カボチャのリボンをつけてカボチャの箒に跨っていますね。
自分で使う以外にも、例えば小さなお子さんがキティちゃん好きの場合、寝ている間にこっそりこのホームをインストールしておくと次の日感激してくれるかもしれません(保証はできませんが…)。

ホームアプリおよびテーマについては以上ですが、まだまだ色んな種類がリリースされていますので気になった際は検索してみてください。

カスタムウィジェット用ハロウィンスキン

続いてはカスタマイズ性抜群で大人気のウィジェット『Ultimate custom widget (UCCW)』と『Zooper Widget』用のスキンをご紹介。
この2つのアプリはスキンファイルがネット上で配布されていることも珍しくないのですが、GooglePlayで販売されるケースも多いです。編集項目が豊富で難しいイメージもありますが、こうしたスキンを用いることで誰でも簡単にカスタムウィジェットを楽しめるのが特徴です。

select.octoba.helloween-uc Halloween JellyBean UCCW Skin
99円

select.octoba.helloween-10

「Halloween UCCW」で検索して唯一ヒットしたのがこちら。ハロウィンをイメージした時計のスキンです。
推奨サイズは3×3または4×4となっています。
同デベロッパよりZooper Widget用のスキンも販売されています。

select.octoba.helloween-zo Halloween Zooper Widget Skin
99円

select.octoba.halloween-12

こちらがZooper Widget版です。内容は一緒のようです。
ハロウィン風の壁紙に合う時計が作れそうですね。

ハロウィンにピッタリのライブ壁紙

続いてはライブ壁紙をピックアップします。普段はバッテリー残量を気にして細かく調整している方も、お祭りの日一日くらいは思いっきりカスタムされてみてはいかがでしょうか。
壁紙が違うだけでも雰囲気は一気に変わりますよ。

select.octoba.halloween-hhh Haunted House HD
199円

select.octoba.halloween-16

こちらはお化け屋敷が舞台のライブ壁紙。アプリ内より追加でアドオン(別のシーン)を購入することもできます。
郵便受けの文字(表札)を入力できたり、好きな画像を使って”お化け”が作れたりとかなりカスタマイズ性が高いアプリです。ライブ壁紙では珍しいですね。
お化け屋敷とはいえ決しておどろおどろしいものではなく、むしろ美麗なHD画質がディズニー映画のワンシーンみたいな雰囲気を醸し出しています。薄汚れた廃屋というよりビンテージ品のような風格。洋館にピッタリの演出だと思います。

Haunted House HD : 怖…いっていうより面白い!お化け屋敷をカスタムできるライブ壁紙!Androidアプリ

select.octoba.halloween-hws Halloween Witches
99円

select.octoba.halloween-17

古代ケルト人は1年を暖季と寒季の2つにわけており、暖季を迎える4月30日〜5月1日にかけて行われる「ワルプルギスの夜」と寒季の訪れる11月1日の「ハロウマスの祭り」を季節の変わり目として大切にしてきた伝統があるそうです。
この「ハロウマス」とはカトリックの全ての聖人と殉教者を記念する「諸聖人の日」のことなんだそうです。
アイルランドやケルトでは、この「ハロウマス」の日の前の晩を「ハロウ・イブ」と呼んでおり、この「ハロウ・イブ」の習慣がアメリカに持ち込まれ発音がなまったのが「ハロウィン」というわけなんだそうです。
ちなみに「ハロウマス」の祭が行われる11月1日の次の日、11月2日は死者の日(全ての”信仰を持ったまま逝去した人”のために祈る日)なのだそうです。
そんなわけでハロウィンと魔女は深い関わりがあります。ドイツでは「ワルプルギスの夜」の日を「ヘクセンナハト(=魔女の夜)」と呼び、魔女が集まって大規模なサバト(夜宴)を開き春の到来を待つという言い伝えもあるんだとか。
これらの伝統文化とこのライブ壁紙にどこまで関連があるかはわかりませんが、そんなわけで魔女を描いたライブ壁紙をご紹介しました。

select.octoba.halloween-hnlwp ハロウィンの夜ライブ壁紙
無料

select.octoba.halloween-18

こちらも魔女が登場するライブ壁紙。本物よりも日本人の嗜好に近づけ、よりファンシーでファンタジーな世界観を演出してくれます。
色味がシンプルなのでフラットなアイコンともよく合いそうですね。

select.octoba.halloween-jol Jack O’ Lanterns!
99円

select.octoba.halloween-19

Giggle,Giggle…
大口あけてゲラゲラ笑う不気味なランタン。
ハハハ、怖いのかいボウヤ。じゃあお菓子出しな!勘弁してやるぜ!

以上でハロウィン特集を終わります。が、アプリだけでなくGooglePlatではハロウィン特集(映画)も行われていますので、この機会にGooglePlayMovieを使ってみるのもありかもしれませんよ!

※なお今回いくつかのアプリはダウンロードせずにGooglePlayの画像を流用しています。







関連記事




タグ: , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る