その他

20140703-NewYamanote-TOP

JR東日本は、これまでの技術開発成果を取り入れた、次世代の新型通銀電車「E235系」の量産先行車を製作することを発表しました。
量産先行車「11両編成(うち10両新造、1両改造)」は、2015年3月以降落成し、走行試験を行い、2015年秋頃から山手線で営業運転を開始する予定です。



デザインコンセプト

キーワードは「お客さま、社会とコミュニケーションする車両」。前面の大きな窓や表示装置で、人と人、人と社会を繋ぐ情報の窓が表現されています。居住空間を広く感じることができる、オープンなデザインです。

主な特長

20140703-NewYamanote-001

(1) お客さまサービスの向上
優先席の増設と共に、車いすやベビーカーを利用している方が、より安心して利用できる「フリースペース」を各車両に整備。車内情報提供装置の増設や、トレインネット環境の整備なども行われます。

(2)環境性能の向上
主制御器に次世代半導体素子(SiC)を利用して、消費電力を更に抑制。オイルフリーコンプレッサを同社で初めて搭載し、環境負荷が低減します。

(3)さらなる安全性・安定性の向上
車体強度の向上や改良型戸閉装置の採用等により、更なる安全性向上を実現。情報ネットワークを強化して常に機器類の状態監視を行うことにより、安定性向上も実現します。

関連情報

新型通勤電車(E235系)量産先行車新造について|東日本旅客鉄道株式会社(PDF)







関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る