Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140114_Android_os_00

Googleは、2014年1月8日までの7日間に集計されたAndroid OSのバージョン別シェア情報を更新しました。
4.1-4.3のJelly Beanが59.1%とシェアを伸ばしてる一方、Gingerbread(2.3.3-2.3.7)やIce Cream Sandwich(4.0.3-4.0.4)はシェアを落としており、移行が順調に進んでいます。
11月にリリースされたKitKat(4.4)は前回の1.1%から1.4%と、わずかにシェアを拡大しています。



Jelly Beanが約6割に達する

バージョン コードネーム 前回(11月) 今回(1月) 増減
2.2 Froyo 1.6% 1.3% -0.3%
2.3.3-2.3.7 Gingerbread 24.1% 21.2% -2.9%
3.2 Honeycomb 0.1% 0.1% 0.0%
4.0.3-4.0.4 Ice Cream Sandwich 18.6% 16.9% -1.7%
4.1.x Jelly Bean 37.4% 35.9% -1.5%
4.2.x 12.9% 15.4% +2.5%
4.3 4.2% 7.8% +3.6%
4.4 KitKat 1.1% 1.4% +0.3%

 
4.1.xは減少したものの、4.2.xや4.3がシェアを大きく伸ばしたため、Jelly Bean全体(4.1-4.3)では59.1%と約6割にまでシェアを拡大しました。特に4.2.xは前回の調査から3.6%増と、大きな伸びとなっています。
 
Gingerbread(2.3.3-2.3.7)やIce Cream Sandwich(4.0.3-4.0.4)は引き続きシェアを落としており、Jelly Beanへの移行が順調に進んでいるとみられます。
 
また、昨年11月にリリースされたKitKat(4.4)は、わずかながらシェアを増やして1.4%となっています。

関連情報

Dashboards | Android Developers
【ニュース】Google、Android OSのバージョン別シェアを発表 KitKatが初登場で1.1%(前回の調査)







関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る