NTTドコモ、LTE契約数は2,200万契約で世界第3位に 2014年度はLTE基地局1.7倍に

 

20140428_dcm_00

NTTドコモは4月25日、2013年度決算発表会を開催しました。
LTE契約数は前年度末から90%増の2,197万契約で世界第3位となりました。また、2014年度はLTEネットワーク整備に4,650億円を投資する予定で、基地局数は1.7倍の95,300局まで増える予定です。

純増数やMNP転出は大幅改善

20140428_dcm_01

iPhoneの導入により、契約者の純増数やMNPによる転出は大幅に改善されました。春商戦での若年層での新規契約が増え、特に下期の新規販売数が前年と比較しても顕著な伸びとなりました。

20140428_dcm_02

総販売数におけるスマートフォンの比率は、前年度の56%から61%に上昇しました。また、スマートフォン利用数におけるLTE比率は前年度より30%増え、79%にまで上昇しています。

20140428_dcm_03

LTE契約数は前年度末の1,157万契約から90%増の2,197万契約へと大幅に増え、WCISの数値によると米Verizonや米AT&Tに次いで世界第3位のLTE契約数となっています。

LTE基地局を1.7倍に

2012年度末に24,400局だったLTE基地局は、1年間で55,300局までに倍増しました。今年度は、LTEネットワーク整備のため4,650億円を投資する予定で、これは前年度の3,878億円を大きく上回るものです。

20140428_dcm_04

これにより、2014年度末までにLTE基地局は95,300局、そのうち100Mbps以上対応の基地局は40,000局となる予定です。

高音質通話・低遅延が特徴の「VoLTE」を2014年夏モデルスマートフォン対応モデルより開始する予定で、さらに「LTE-Advanced」による受信時最大225Mbpsの超高速通信を2014年度内に開始する予定であることも合わせて発表されています。
なお、LTE-AdvancedについてはKDDIが今年の夏よりサービスを開始する予定です。

関連情報

2014年3月期 決算説明会資料|NTTドコモ(PDFファイル)

ドコモ、LTE通話「VoLTE」を6月に開始!夏モデルの主要スマホはほぼ全機種対応となる?
複数のLTEを束ねて高速化!KDDI、日本初となる「キャリアアグリゲーション」を今夏導入。150Mbpsを全国展開へ







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!