【サモンズボード徹底攻略】第23回 : モンスター名に追加される属性!レア度の高い素材で!【初心者必見】

 

summons-top

強化合成を繰り返していると、モンスター名に新たな単語が追加されることがあります。
「火・水・木」などの属性名が、モンスター名の前につくのです。
実はこれはある一定の法則に従ってついていて、ちゃんと効果もあることなんです。
実はステータスアップしているところも。
法則と効果を覚えておきましょう。

サモンズボード徹底攻略 まとめページ

サモンズボード
価格:無料
開発:GungHoOnlineEntertainment


モンスター名に追加される属性

summons-2301

強化合成をしていると、「水 マーキュピクシー」など、モンスター名の前に属性が追加されることがあります。
上の画像は、「マーキュピクシー」に水属性のホークを合成した結果、付いた属性です。
名前の前の属性は、強化合成の際に使った素材の属性が付くようになります。
火属性の素材をたくさん使えば、ベースモンスターの名前に「火」がつくし、木属性の素材をたくさん使えば、「木」が名前に付くようになります。

summons-2302

「火騎士 ドレイク」など、元々モンスター名に属性が入っているモンスターもいますが、このような場合はそこにさらに属性が追加されるので、「火 火騎士 ドレイク」のようになります。
モンスターの属性とは関係なく、名前の属性は付けられるので、水属性の「溟海竜ハイドラド」に火属性のホークなどを合成すれば、「火 溟海竜ハイドラド」になります。

2属性まで追加可

summons-2303

名前の追加属性は、2つまで付きます。
「火・水・木」が①グループで、この中から1つ、「光・闇」が②グループで、この中からも1つ付けることが可能です。
同じグループから2つ付けることはできません。
例えば「水闇 精霊ナーガ」を作ることは可能ですが、「水木 精霊ナーガ」は作れません。

summons-2304

また、名前に付く属性は3段階あります
例えば「木」が付いたモンスターに、さらに木属性の素材を合成し続けると、「木」から「樹」に変化し、さらに木属性を合成すると、「樹」から「翠」に変化します。
5属性全部、このように3段階変化します。

属性の付け方

summons-2305

モンスターはレア度ごとに属性値が決まっていて、レア度の高いモンスターほど属性値が高くなっています。
素材にしたモンスターの属性値の合計が、ある一定の値を超えると、第一段階の属性が付きます
さらに同じ属性を合成していくと、属性値がさらに高くなり、次の決められた値を超えると、属性が第二段階へと変化します。

★1のモンスターばかり素材にしていても、なかなか属性は付きません。
★5のロイヤルホークを合成していくと、第一段階の属性はすぐに付きます。

次回は付いた属性の効果についてです。

サモンズボード徹底攻略 まとめページ




サモンズボード
価格:無料
開発:GungHoOnlineEntertainment





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名サモンズボード
対応OSAndroid 2.3 以上
バージョン1.0.8
提供元GungHoOnlineEntertainment
レビュー日2014/04/30
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者