Android News

Android(アンドロイド)ニュース

20140714_toughpad_240135

KDDIは、落下にも水濡れにも強い頑丈な設計が特徴の「TOUGHPAD」ブランドのAndroid4.2.2搭載タブレット「FZ-X1」を7月下旬より法人向けに取り扱いを開始すると発表しました。
Xi/FOMAが使えるNTTドコモ対応モデルも今秋発売される予定です。



800MHzの4G LTEで利用可能!

TOUGHPAD(タフパッド)は、防水・防塵のほか、耐落下・耐衝撃性のに優れたタブレットとして今年2月に発表されました。TOUGHPADは3G/LTEと音声通話に対応します。

Android版の「FZ-X1」とWindows版の「FZ-E1」の2モデルあり、基本的な仕様は発表時と変わりありませんが、「FZ-E1」のみWindowsのバージョンが変更されています。

【新端末】パナソニック、法人向けにTOUGHPADブランドのスマートフォン「FZ-X1」を発表 | アンドロイドアプリならオクトバ
 
FZ-X1(Android)はKDDIが7月下旬に、ドコモが今秋に取り扱い開始する予定です。
逆に、FZ-E1(Windows)は、ドコモが7月下旬に、KDDIが今秋に取り扱いを開始する予定です。

関連情報

法人向けの頑丈なタブレット「TOUGHPAD (タフパッド) FZ-E1/FZ-X1」の取扱い開始 | 2014年 | KDDI株式会社
TOUGHPAD FZ-E1/FZ-X1 7月下旬から出荷を開始 | プレスリリース | Panasonic







関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る