Android News

Android(アンドロイド)ニュース

ryoko-drawing

Adobeは7月15日、日中韓の漢字の違いに対応するフォント「Pan-CJK typeface family」を発表しました。これは同日リリースされた「Source Han Sans」内に含まれるフォントです。
同フォントは、Adobe Typekitの全てのプラン(無料含む)で利用でき、同期することであらゆるアプリケーションで使用できます。また、SourceForgeとGitHubからオリジナルソースも入手可能です。
Googleは、このフォントの独自バージョンを「Noto pan-Unicodeフォントファミリー」の一部として「Noto Sans CJK」という名前でリリースしています。



漢字の違いをカバー

「Source Han Sans」は、7つのウェイトが利用可能で、日本語、韓国語、中国語(繁体字と簡体字)の全てに完全に対応するフォントファミリーです。
これらの他に、ラテン文字、ギリシャ文字、キリル文字も含まれています。

bone
左から右へ、簡体中国語、繁体中国語、日本語および韓国語における文字

uni66dc
左から右へ、簡体中国語、繁体中国語、日本語、韓国語における文字

今回のプロジェクトは、AdobeとGoogleが3年以上前から共同で進めていたもので、各国の「漢字の違い」に対応したオープンソースのフォント開発の必要性を認識していたGoogleが、Adobeに働きかける形で「Pan-CJK typeface family」の開発プロジェクトが推進されました。

multi-language-sample-v3

これまで日本語に対応した海外端末は、漢字部分がいわゆる「中華フォント(一昔前のAndroid端末のDroid-sansなど)」になっている場合が多く、日本人からすると違和感のあるものでした。
今後は「Pan-CJK typeface family」を使用する事で、漢字も正しく表示されるのではないでしょうか。また、漢字の細かな違いが分からない欧米圏の開発者にとっても、よりよい開発環境が整ったと言えそうです。

関連情報

Source Han Sansの紹介|Adobe Typekit Blog
Noto Sans CJK|Google
Source Han Sans|SourceForge
Source Han Sans|GitHub







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る