その他

20140717-WNrain-TOP

株式会社ウェザーニューズは、突発的かつ局地的に大雨や雷をもたらす”ゲリラ雷雨”に対し、事前対策への意識を高めて被害軽減に繋げるため、7月〜9月における”ゲリラ雷雨”の発生傾向を発表しました。
今年の”ゲリラ雷雨”発生回数は、全国的に昨年よりやや多くなる見込みで、ピークとなる8月の発生回数は昨年の1.2倍になる予想です。



ゲリラ雷雨の発生状況

20140717-WNrain-001

今シーズンのゲリラ雷雨発生回数は、太平洋高気圧の勢力が弱まる8月に、全国的に増加する予想。最も発生回数が多いエリアは関東甲信で、シーズンを通して約760回発生する見込みです。

9月に入ると発生回数は次第に減少しますが、お彼岸の頃までは厳しい残暑で気温が高く、ゲリラ雷雨が発生する日も。

また、秋になると台風や秋雨前線の影響を受ける日が次第に増えるため、雷を伴う短時間強雨や、大雨に注意が必要です。

アプリを活用しよう!

これから突発的に雨が降ることが増えるので、雨雲の接近を教えてくれるアプリなどはとても重宝します。過去にオクトバでいくつかアプリを紹介していますので、ぜひチェックしてみてください!

アメミル : 梅雨・夕立の時期にピッタリ!ARで雨雲の様子をチェック、近づく危険な雨を視覚的に確認できる!無料

Go雨! 探知機 -XバンドMPレーダ- : 空を見上げよう!雨の様子が空にマッピングされる新感覚お天気アプリ!無料

あめふるコール : 雨が降ってくる前にお知らせ!梅雨時の必須アプリ!無料Androidアプリ

関連情報

今夏の「ゲリラ雷雨傾向」発表|ウェザーニューズ







関連記事




タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る