The Plus Editor : Google+で強調したいときに!太字や斜体、打ち消し線を使える専用エディタ!

 

com.dntlab.thepluseditor.app-0

GoogleのSNS「Google+」、使ってますか?このGoogle+、投稿時にテキストを太字にしたり打ち消し線入れたりと装飾できるのですが、知っていました?
今回ご紹介する『The Plus Editor』はそんなGoogle+のテキスト装飾を簡単に行い、投稿するためのアプリです。

The Plus Editor
価格:無料
開発:Daniel Futerman


太字や打ち消し線を使える

com.dntlab.thepluseditor.app-1

アプリを起動すると入力欄があるので、普通に投稿するようにテキストを入力します。
この時、入力欄の上にあるボタンを押すと、その効果を付けることができます。たとえばBOLDを押した状態で入力すると太字で表示されるようになります。

既に書かれたテキストでもOK

com.dntlab.thepluseditor.app-2

すでに入力したテキストを変化させるときは、変化させたい部分を選択してからボタンをタップします。これで効果が適用されます。

絵文字もできる

com.dntlab.thepluseditor.app-3

太字・斜体・打ち消し線のほか、絵文字を入力することもできます。
Androidのバージョンによって表示される絵文字の見た目は変わると思いますが、リストから選ぶだけで簡単に入力できます。

そのままGoogle+へ

com.dntlab.thepluseditor.app-4

テキストを入力し終わったら「CONVERT]をタップ。Google+で入力するときの形式に変換されます。
これをコピーしたいときは「COPY」、そのまま投稿したいときは「SHARE」を選びます。

com.dntlab.thepluseditor.app-5

「SHARE」を選ぶとそのままGoogle+が起動し、先ほどの文が入力された状態になります。
実際にその内容を投稿すると、太字などが適用されます。

一点注意としては、これら太字などの効果は、その適用するテキストの前後に半角スペースが入ってないとダメだということです。スペースを開けずに文の途中にあると効果は無視され、CONVERTされたそのままの状態で表示されてしまいます。

このアプリを使わなくても、CONVERTした状態で表示されるように(*太字*など)入力すればGoogle+でこれらの機能は使えます。ただそんなのをいちいち覚えてられない、入力が面倒だ、という人には便利だと思います。
Google+でちょっとだけ目立った投稿したいときには、ぜひ使ってみてください。




The Plus Editor
価格:無料
開発:Daniel Futerman





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名The Plus Editor
対応OSAndroid 3.0 以上
バージョン1.0
提供元Daniel Futerman
レビュー日2014/07/31
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。