その他

20140826-jinbutsugosei-TOP

キャノンMJ ITグループのキャノンITソリューションズ株式会社は、MRシステム「MREAL」を使い、実際の人物全体を3D仮想映像空間内に正しい前後関係でリアルタイムに合成表示する人物合成映像システムの提供を、2014年8月26日より開始することを発表しました!



仮想物体との前後関係を正しく表示

20140826-jinbutsugosei-001

実写映像の特定の色を仮想映像上に重ねて表示するMREAL Platformの「カラーマスキング機能」を応用し、特定の色以外の映像を対象とすることで、実写映像から人物全体を抽出。
3Dステレオカメラの視差を利用したリアルタイム画像処理により、空間内の人物の位置を推定し、人物と仮想物体との前後関係を正しく反映して表示します。

建築物や車両・大型機械など、視野全体に仮想物体が広がるようなコンテンツでは、体の位置や姿勢、仮想物体と人との関係、人同士の位置関係などを確実に把握でき、より正確な検証作業が実現できます!

2つの表示方法に対応

20140826-jinbutsugosei-002

ヘッドマウントディスプレイを使うユーザー視点の「主観映像」と、外部定点カメラを使い空間を俯瞰的に捉える「客観映像」の、2つの表示方法に対応。
複数の作業者が互いの位置を確認するような用途にはヘッドマウントディスプレイの主観映像を、多人数で空間全体における動線や全体は配置を検討するような用途には大型モニターによる客観映像をというように、用途に応じて使い分けることが可能です。

「MREAL」の主な特長

▼実物大で高繊細なCGを描画し、優れた臨場感を実現
ビデオを通しての映像にも関わらず、あたかもそこにあるかのように現実空間にCGを重ね合わせるため、仮想のモックアップでも本物と同じ感覚で体験できます。

▼高精度かつ高速な位置合わせで、現実と仮想の世界を正確に融合
HMDの位置と姿勢をリアルタイムで計測し、1コマごとにCGを描画することにより、ユーザーの姿勢や変化の動きに瞬時に対応した合成映像を提供。

仮想現実の世界に入り込む未来が、いよいよ近づいてきた感がありますね。この技術の今後の展開に注目です。

関連情報

MREALで実在の人物を3D仮想映像空間内に合成表示する人物合成映像システムの提供を開始|キャノンITソリューションズ







関連記事




タグ:

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る