Android(アンドロイド)特集記事

2014/09/5 Android(アンドロイド)特集記事, 格安SIM

20140903_lgg2_mini_00

最近、いわゆる「格安SIM」や「格安スマホ」、「MVNO」といった言葉をよく耳にします。
特に去年から今年にかけては各社からさまざまなプランが登場し、それに適したSIMフリースマートフォンも数多く販売されています。
今回は、その中からLG製のAndroidスマートフォン「LG G2 mini」と、セット販売しているSIMカードについてご紹介します。



どんな機種?

20140701_lg_g2mini_01

Nexus 5などを製造しているLGによるAndroidスマートフォンです。フラッグシップモデル「G」シリーズ初のコンパクトモデルとして今年2月に発表されました。

OS Android 4.4 KitKat
ディスプレイ 4.7インチqHD IPS (960 x 540 ピクセル)
CPU クアルコムSnapdragon 400 / 1.2GHz Quad-Core
RAM 1GB
ROM 8GB
外部メモリ microSD (最大32.0GB)
バッテリー 2,370mAh
カメラ メインカメラ 約800万画素/フロントカメラ 約130万画素
サイズ 129.6 x 66.0 x 9.8mm
重量 121g
ネットワーク 3G:2GHz帯 / 800MHz帯
LTE:2GHz帯 / 1.7GHz帯 / 800MHz帯
SIMカードサイズ microSIM
カラー インディゴブラック / ルナホワイト

4.7インチLTE対応Androidスマホ「LG G2 mini」を国内投入!MVNO向けとして今年9月にも販売へ | オクトバ

20140701_lg_g2mini_02

このLG G2 miniは、端末単体で販売されているほか、OCNやビッグローブなどの「格安SIM」と呼ばれるSIMカードとセットで購入することもできます。

サポート代込みの「OCN モバイル ONE」

SIMカード・端末代・サポートサービス合わせて毎月2,780円から利用できます。
端末は24回の分割払いのため、端末代の支払いが終了する25ヶ月目以降は毎月1,400円から利用できます。

SIMカード 900円
(50MB/日コース)
端末代金 1,380円
(24回払い 総額33,120円)
サポートサービス 500円
(マイポケット プラス)
合計金額 2,780円
(25ヶ月目以降は1,400円)

コースは1日50MBコースから1ヶ月7GBコースの5コースが用意され、自分の利用状況に応じて毎月1回変更することができます。

サポートサービスの「マイポケット プラス」は、スマホで撮った写真などを64GB分バックアップできるほか、アカウントやAPNの設定や操作方法などを電話でサポートしてくれます。

SIMカードやマイポケットプラスは、最低利用期間や解約手数料はありません。端末代金は解約翌月に残額を一括で支払う必要があります。

090番号による音声通話はできませんが、IP電話「050 plus」(月額150円)が利用できます。このほか、SMS(月額120円)、セキュリティサービス(月額200円)などのオプションサービスも申込可能です。


データ速度の切り替えができる「hi-ho LTE typeD」

IIJグループのhi-hoは、090番号による音声通話ができるプランも選ぶことができ、端末代込みで月額2,280円から利用できます。

音声通話あり 音声通話なし
月額料金(端末代込み) 月額2,980円
(3年目以降は1,633円)
月額2,280円
(3年目以降は933円)
バンドルチャージ 1GB

それぞれ1GB分のバンドルチャージ(データ量)がつき、利用状況に合わせて通信速度の切り替え(高速/低速)の切り替えが可能です。データ量は100MB単位で追加することができます。
SMS機能(月額140円)対応SIMカードを選ぶことも可能です。

なお、2年間の最低利用期間があり、最低利用期間中に解約する場合は所定の手数料がかかります。

IIJ、LG G2 miniの取り扱いを8月1日より開始!子会社のhi-hoではSIMカードとのセットコースも展開 | オクトバ
hi-ho LTE typeD シリーズ ライフスタイルに合わせて選べるコース

データ通信使い放題の日本通信「スマホ電話SIM フリーData」

日本通信の「スマホ電話SIM フリーData」は、090番号による音声通話に対応し、データ通信が使い放題(200kbps)で月額2,980円からです。

端末料金 1,420円×24回
(24回払い 総額34,080円)
音声通話月額基本料 1,560円
(3年目以降は1,633円)
データ通信月額基本料 0円
(最大通信速度200kbpsで使い放題)
合計金額 2,980円

使い放題となるデータ通信の速度は最大200kbpsですが、最大通信速度150Mbpsの高速通信のデータオプション(1GB/2GB/3GB/7GBから選択可)を申し込むことができます。
また、年間契約となる「1年継続オプション」に加入することで、1GB分の高速データオプションが毎月無料でついてきます。

5ヶ月の最低利用期間が設定されており、それ以内に解約またはMNP転出する場合は解約金8,000円がかかります。


低価格スマホとは一線を画すワンランク上のスペック「LG G2 mini 音声通話+LTEデータ通信セット」がAmazonにて発売開始! | オクトバ
LG G2 mini スマホ電話SIM フリーData | b-mobile SIM

全国のWi-Fiスポットが無料で使える「BIGLOBE LTE・3G」

「BIGLOBE LTE・3G」は端末代込みで月額2,280円からです。
全国にあるBIGLOBEの公衆無線LANサービス(Wi-Fiスポット)を追加料金不要で利用できるので、動画などの容量の大きいデータはWi-Fiスポットを使うことでモバイル通信のデータ量も節約できそうです。

音声通話あり 音声通話なし
月額料金(端末代込み) 2,980円
(25ヶ月目以降1,800円)
2,280円
(25ヶ月目以降900円)
データ通信量 1GB/月
最大通信速度 下り最大150Mbps
SMS オプション
(月額120円)

データ通信プランは、1GBプランのほかに、2GB/3GB/7GBプランも選択できます。

このほか、故障や水没などのトラブル時に端末を交換できる保証サービス(月額300円)や、設定や使い方を電話で相談できるサポートサービス(月額475円)の申込も可能です。
BIGLOBEスマホ うれスマ(電話番号つき):TOP



現在のところ、以上の4社でセット販売が行われています。
基本的に音声通話に対応しているプランはMNPにも対応していますので、現在使っている携帯電話事業者からの乗り換えも可能です。
各社のプランにはそれぞれ特徴があるので、利用シーンや使い方に応じて検討してみてはいかがでしょうか。

関連情報

LG G2mini D620J | LG Electronics Japan

他のおすすめの格安SIM関連記事

【関連記事】ドコモから格安SIMへ乗り換え・MVNO時の8つの注意点

 

【関連記事】auから格安SIMへ乗り換え・MVNO時の7つの注意点

 

【関連記事】ソフトバンクから格安SIMへ乗り換え・MVNO時の7つの注意点

 

【関連記事】格安SIMでのLINE(ライン)の利用方法と引き継ぎ時の5つの注意点

 

【関連記事】格安SIMでiPhoneを運用するメリット・デメリットとは?

 

【関連記事】格安スマホ/SIMとは?誰でも簡単にわかる6つのポイント

 

【関連記事】データ通信専用の格安SIMで通話する2つの方法と注意点

 

【関連記事】格安SIMにおける通信速度とMVNOの比較

 

【関連記事】格安SIMの7つのメリット・デメリットと9つの注意点

 

【関連記事】格安SIM:格安SIMカードとは?初心者も安心の簡単選び方ガイド

 

【関連記事】格安SIM:LINEモバイルの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:NifMoの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:DMMモバイルの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:IIJmioの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:U-mobileの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:mineoの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:UQモバイルの評判と評価や他SIMとの比較


 










タグ: , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

トップヘ戻る