Android(>アンドロイド)ニュース

2014/09/26 Android(アンドロイド)ニュース

20140926_googleplay_dev_00

Googleは、Google Playストアでアプリを公開しているデベリッパー向けの「Google Play デベロッパー販売 / 配布契約書」を改定しました。
有効かつ正確な連絡先の提供や、有料アプリ(アプリ内課金含む)への問い合わせは原則として3営業日以内にサポートするなどの内容が含まれています。



改定の主な内容

20140926_googleplay_dev_01

主な変更点は以下の通りです(メールより抜粋)。

  • デベロッパーに求められるユーザーへのサポート水準に関する要件を更新しました。最低限のサービス水準に関する定義、正確な連絡先情報に関する要件などを追加しています(第 3.6 条)。
  • Google でアプリを公開するときにデベロッパーが利用できるマーケティングの機会を拡大しました(この設定はデベロッパー コンソールで管理できます)。第 5.1 条と第 6.2 条をご覧ください。
  • ユーザーの居住地に最も適した Google 事業体からのアプリとゲームの販売および配布をサポートし、国際課税に関する制度改正に準拠するという旨の文言を追加しました(第 3 条)。この更新に関して早急な対応は必要ありません。対応が必要になったときに改めてお知らせいたします。詳しくは、ヘルプセンターのこちらの記事をご覧ください。
  • 第 4.5 条を更新し、安全なエコシステムを維持できるよう Google Play でのサードパーティ アプリの販売と配布に関する規定をさらに明確にしました。
    インストールしたアプリによって端末やデータに深刻な損害や確認済みのセキュリティ リスクがもたらされる可能性がある場合に、そのアプリを端末から削除することに関する文言を追加しました(第 7.2 条)。
  • 契約書の変更手続きを、デベロッパーにわかりやすく業界標準に適合したものとなるように更新しました。これにより、Google はユーザーやデベロッパーに新しいサービス機能をより迅速に提供できるようになります(第 14 条)。

購入者がGoogle Playからダウンロードしたアプリに欠陥やパフォーマンスの問題が生じた場合、そのサポートや保守・苦情対応についてはデベロッパーが単独で行うものとし、有効かつ正確な連絡先情報が各アプリの詳細ページに表示されます。

有料アプリ、またはアプリ内課金の場合、デベロッパーは問い合わせから原則3営業日以内に、Googleが緊急と判断した問題については24時間以内に対応することを定めています。

また、対象製品(アプリ)について十分な情報やサポートを提供しない場合は、評価が下がる、目立たない位置に表示される、売上の減少、Playストアから削除されるなどの可能性があるとしています。



なお、この契約書への同意は通知を受け取ってから30日以内に行う必要があり、それを経過すると同意があるまでアカウントの公開機能が制限される可能性があります。また、90日が経過した場合、同意していないアカウントで公開されたアプリはストアから削除されるとのことです。

関連情報

Google Play デベロッパー販売 / 配布契約書

Google Playストアにて9/30より開発者の住所登録開始、一般にも公開へ!有料アプリ公開の場合は必須 | オクトバ
Google Playストアの有料アプリ払い戻し期限が2時間に変更!これでじっくり試せます | オクトバ







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る