簡単、そして高速!Wi-FiやAndroidビームを使ってデータ送信できるアプリ! : Send!

 

nz.intelx.send.lite-TOP

画像や動画などのデータを簡単に、そして大量に送りたいときはこのツールです!
『Send!』は、Wi-FiやAndroid Beamを使って他の端末にファイルを送信することができるアプリ。端末同士を1度ペアリングさせればファイル送信のたびに設定をする必要もなく、面倒に思われがちなデータ送信が一気に楽になります!

Send! | File Transfer
価格:無料
開発:Billy Lam


まずはペアリングから!

nz.intelx.send.lite-001

今回のレビューでは、Galaxy Nexus(送信側)とNexus5(受信側)を使用しています。
まずはデータを送る手順から。送信側はトップ画面の「Send」をタップして進み、その先にある「Scan New Pair」で、ペアリングに使うQRコードをスキャンする準備をします。

※データ送信/受信にはWi-Fiを利用するので、端末のWi-Fiがオンになっていることをご確認ください。

nz.intelx.send.lite-002

こちらは受信側です。受信側はトップ画面の「Receive」をタップしてQRコードを表示。
このQRコードを送信側の端末にスキャンさせることで、ペアリングが完了します。
1度ペアリングをしておけば、同じ端末にファイルを送受信する際は再度ペアリングをする必要がなくなり便利です。

nz.intelx.send.lite-003

準備ができたら、送信側の端末で受信側のQRコードをスキャン!
スキャンが成功するとペアリングが完了し、送信側の端末はファイルの送信画面へと移動します。良く見ると通知バーにWi-Fiマークが付いてますね。

では、送信するファイルを選んでいきましょう!

ファイルを送ろう!

nz.intelx.send.lite-004

画像や動画などのデータを始め、音楽データや端末のファイル内にあるデータなど、様々な種類のものを送ることができます。
送るファイルは、合計のサイズが500MB以内であれば複数選ぶことが可能です(有料版『Send! Pro』を購入すればサイズの制限がなくなります)。

nz.intelx.send.lite-005

画像ファイルを1枚選んで送信しました。ファイルのサイズが軽かったのでほぼ一瞬で送信が完了!受信したファイルは「RECEIVED」に一覧で表示されていきます。
この後、少し大きめな画像ファイルを10枚ほど選んで再度送受信してみたのですが、こちらも比較的早く完了。スムーズでストレスがかかりません!

Androidビームでファイル送信!

nz.intelx.send.lite-007
受信側の端末をXperia M2に変えてレビューしています。

また、Wi-Fiでのファイル送信の他に、Androidビームを使ってファイルを送ることもできます(NFC搭載の端末である必要があります)。
「『Send!』がインストールされている」、「NFCとAndroidビームの両方がオンになっている」の2つの条件を満たしていれば、端末の背面同士を近付けるだけでOK。
送信側はアプリを開いて「SEND」の画面にしている必要がありますが、受信側はアプリを開いていなくても大丈夫です!

ファイルを1、2枚送るだけならまだしも、大量に送るとなると、メールに添付して送信するのにはかなり時間がかかってしまいます。そんなときにこのアプリは力を発揮。
1度に送るファイルのサイズが無制限になる有料版も149円(2014年11月5日 12:00時点)と安価ですので、さらに使いこなしたい方はこちらもぜひチェックしてみてください!




Send! | File Transfer
価格:無料
開発:Billy Lam





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Send! | File Transfer
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン2.0.2
提供元Billy Lam
レビュー日2014/11/05
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
masashi
三度の飯よりお酒が好き。分かりやすく読みやすい記事作りを目指していきますので、どうぞよろしくお願いします!