その他

20141112_gunosy_00

株式会社Gunosyが事業戦略発表会を開き、新コンセプト「5,000万人都市構想」のもと、新サービス「Gunosy Platform」と提携モデル「G Development」を発表しました。

情報キュレーションアプリ「グノシー」は、新たな情報との出会いの場をユーザーに提供するアプリへと進化し、12月以降、順次提供される予定です。



新コンセプト 「Gunosy 5,000万都市構想」

Gunosyは従来の「スマホ・ポータル」の概念を、ただの情報が集まる場ではなく実生活の行動基点として再定義し、企業・ユーザーの双方により便利で豊かな情報接触・購買体験を提供するとしています。

Gunosyは、それをさまざまな行動・体験で成り立つ「1つの都市」として位置づけ、5,000万人をユーザー目標に「Gunosy 5,000万人都市構想」として新コンセプトを定義しました。

20141112_gunosy_01

「5,000万人都市」の舞台となるのが「Gunosy Platform」で、これまで提供してきたニュースやメディアコンテンツに加え、さまざまなコンテンツを誘致することで「いつまでもいたい」と思える街のようなプラットフォームを作成します。

街づくりに参加するパートナーとの提携モデルを「G Development」とし、その第一弾パートナーとして、「au」(エンターテイメント)、「Groupon」(クーポン)、「DeNAトラベル」(旅行)など11企業14サービスが参加します。

「Syn.」にも参加するKDDI

約1ヶ月前には、はてなやナナピなど12社による「Syn.」(シンドット)構想が発表されました。

サイドメニューからサービスが繋がる「syn.」スタート!はてな・ナナピなど12社が参加 | オクトバ

今回発表された「5,000万都市構想」が実際にどのようなサービスを展開するのかまだ不透明な部分もありますが、KDDI(au)は「Syn.」にも参加しており、それぞれのサービスの中でどういった違いを出していくのか、気になります。

関連情報

ニュース – 新コンセプト「Gunosy 5,000万人都市構想」を発表







関連記事




タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る