Android(>アンドロイド)ニュース

2015/01/9 Android(アンドロイド)ニュース

20150109-shironeko-0

『魔法使いと黒猫のウィズ』や『白猫プロジェクト』が好調なコロプラが、Oculus Rift向けアプリ第2弾となる『白猫VRプロジェクト』を2015年1月9日(金)より提供開始しました。また、Oculus Riftタイトル専用コントローラーアプリ『colopad』を開発し、これも同日より提供開始されています。



Oculus Rift向けのバーチャルリアリティな白猫プロジェクト

20150109-shironeko-1

Oculus RiftはアメリカのOculus VR社が開発した、バーチャルリアリティ用ヘッドマウントディスプレイです。今回の『白猫VRプロジェクト』は、この対応アプリとしてリリースされました。(残念ながらAndroidやiPhone用としてリリースされている普通の『白猫プロジェクト』とは連携不可能となっています。)

20150109-shironeko-4

『白猫VRプロジェクト』はゲームプレイ中の全てのシーンを360度視点に対応し、敵キャラや超巨大なボスキャラとのバトルをバーチャルリアリティの世界で楽しむことができます。
スクリーンショットだけを見ると単に3D表示にしただけのようにも見えますが、これをOculus Riftで見ることで、ゲームの中に入り込んだような感覚で楽しむことができます。

操作用のコントローラアプリも開発

20150109-shironeko-2

また、本アプリの操作は『colopad』というコロプラ独自開発のコントローラアプリで行います。『colopad』を使用することで、自分のスマホやタブレットをゲームパッドとして、Oculus Riftアプリでも移動や攻撃、必殺技等のアクションを指一本で快適に操作できます。

『colopad』はAndroid版がGoogle Playにて本日よりダウンロード可能、iOS版はApp Storeにて近日中に提供開始予定です。

20150109-shironeko-icon2 colopad
無料

スクリーンショット

20150109-shironeko-3

20150109-shironeko-5

20150109-shironeko-6

関連情報

コロプラの『白猫プロジェクト』がOculus Rift対応アプリとして登場 さらに、Oculus Riftタイトル専用コントローラーアプリ『colopad』を提供開始 | 株式会社コロプラ【スマートフォンゲーム&位置ゲー】
Shironeko VR Project / 白猫VRプロジェクト | Apps | Oculus VR Share (Beta)







関連記事




タグ: , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る