Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

ツール

com.mdroidapps.easyappbackup_00

アプリをインストールしたりアップデートした際に自動でapkファイルをバックアップしてくれるアプリ『簡単なアプリケーションのバックアップ』をご紹介します。
アプリ名の訳がちょっとアレですが、Googleドライブへも保存できる優れものです。

※英語でのアプリ名は「Easy App Backup」です。ドロワーでは英語名で表示されます。


簡単なアプリケーションのバックアップ
価格:無料

アプリを一括バックアップ

com.mdroidapps.easyappbackup_01

初めに表示されるのはアプリがバックアップされるフォルダです。初期設定では表示されているフォルダに保存されます。保存フォルダは後から変更できます。
起動画面で上部に表示される三角マークをタップすると、端末にインストールされているアプリのバックアップが始まります。

com.mdroidapps.easyappbackup_02

個別でアプリをバックアップしたい場合は、アプリ名をタップするとメニューが表示されます。

com.mdroidapps.easyappbackup_03

バックアップが済んでるものは、緑のチェックマークに変わります。ファイラーアプリで保存されているフォルダを確認すると、apkファイルが保存されているのが分かります。

Googleドライブへバックアップ

com.mdroidapps.easyappbackup_04

アプリは端末内部(SD Card)以外に、Googleドライブへもバックアップできます。Googleドライブにバックアップしておけば、端末が故障してしまった場合などでも安心です。

com.mdroidapps.easyappbackup_05

Googleアカウントでログインすると、それまでSDカードだったアイコンがGoogleドライブのアイコンに変わります。
バックアップ方法は一緒で、三角マークをタップするか、個別でバックアップします。

Googleドライブアプリで確認してみると、アプリがバックアップ(apkファイルとアイコン画像ファイル)されているのが分かります。

なお、Googleドライブへのバックアップは1アプリ1分前後かかりました。通信環境やアプリのサイズにもよりますが、多数バックアップする場合は就寝前などに行うのがよさそうです。

自動でバックアップ

com.mdroidapps.easyappbackup_06

設定の「Auto Backup」にチェックを入れると、アプリのインストール時やアップデート時に自動でバックアップしてくれます。

ファイラーアプリで見てみると同じアイコンが2つ並んでいる通り、アプリはバージョン別で保存してくれます。

アプリのアップデートで不具合があった場合や、機能や操作性が大きく変更されてしまった場合でも、前のバージョンが残っていれば戻すことができます。初めに一度設定するだけで自動的にバックアップしてくれるので、バックアップと聞くと「面倒」と感じてしまう方にもオススメです。





簡単なアプリケーションのバックアップ
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 簡単なアプリケーションのバックアップ
価格 無料
対応OSAndroid 2.3 以上
バージョン 2.4
デベロッパー名 MDroid Apps
レビュー日 2015/02/05


関連記事




タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

Facebook

トップヘ戻る