au 4G LTEが下り最大225Mbpsに!WiMAX 2+とのダブルCA対応スマホも発売へ

 

20150406_au_ca225_00

KDDIと沖縄セルラーは、au 4G LTEでキャリアアグリゲーション(CA)を活用した下り最大225Mbpsの高速データ通信サービスを2015年夏を目途に開始すると発表しました。
また、WiMAX 2+(下り最大220Mbps)と2つのネットワークに対応したスマートフォンも発売する予定です。

下り最大225Mbpsに

p_index_01
2014年の150Mbpsサービス開始時の資料より

「キャリアアグリゲーション」は、複数の周波数帯で同時にLTEデータ通信を可能とする技術で、周波数毎に受信したデータを足し合わせることにより、通信速度を引き上げます。
昨夏に最大150Mbpsでサービスを開始し、今夏には最大225Mbpsまで高速化されます。最大225Mbpsは一部のエリアから順次提供する予定です。

また、UQコミュニケーションズが提供する「WiMAX 2+」でも今年2月からキャリアアグリゲーション技術(最大220Mbps)を導入しています。

20150406_au_ca225_00

KDDIは、「au 4G LTE」(最大225Mbps)と「WiMAX 2+」(最大220Mbps)の2つのネットワークに対応し、通信環境に応じて混雑の少ないネットワークへ自動的に接続するスマートフォンを今年夏にも発売する予定です。

なお、NTTドコモも3月から最大225Mbpsの「PREMIUM 4G」を提供しており、対応スマートフォンを2015年度早期に発売する予定です(PREMIUM 4G対応のモバイルWi-Fiルーターは既に発売中)。
ドコモが最大225Mbpsの「PREMIUM 4G」を3月27日開始!対応スマホも早期に発売 | オクトバ

関連情報

「4G LTE」キャリアアグリゲーションで受信最大225Mbpsへ。 | KDDI株式会社







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
hiro
アプリの楽しさや便利さを皆さんに分かりやすくお伝えします!