Android(アンドロイド)特集記事

2015/05/23 Android(アンドロイド)特集記事

先日発売されたLG Watch Urbaneから始まり、ZenWatchやSmartWatch 3などにアップデートが配信されています。今回の5.1.1では多くの新機能が追加されており、Android Wearがより使いやすくなっています。

今回はその新機能をチェックしていこうと思います。



5.1.1の主な新機能

5.1.1では、主に以下のような機能が追加されています。

  • アプリランチャーとコンタクトへのアクセスが改善
  • いくつかのアプリで起動したまま「常に画面表示」が可能に
  • 腕をひねるジェスチャーによるスクロール動作
  • メール等で絵文字を手書きすることで返信
  • 他のアプリ等を使用中でも通知が表示されるように
  • 複数のAndroid Wear端末を1つのスマホで簡単に切り替えられるように
  • フォントサイズの変更が可能に
  • 身につけていない時(ペアリングされていない時)にパターンロックをかけられる
  • Wi-Fiのサポート

アプリランチャーとコンタクトへのアクセスが改善

これまではAndroid Wear上でアプリを起動するには設定の奥深くからアプリを探す必要がありました。それが今回のアップデートでかんたんにアクセスできるようになりました。

20150521-wear-1

画面を1回タップするとまずはアプリ一覧が表示されます。上の方に最近使ったアプリが表示され、その下にリスト形式ですべてのアプリが表示されます。

20150521-wear-2

横にフリックしていくとコンタクトが表示され、最後に今まであったメニューとなります。
なお、一番右の画面からは「設定」メニューが削除されており、アプリ一覧の中か、メインのウォッチフェイスで画面上から引き下ろしたメニューの中にあります。

いくつかのアプリで起動したまま「常に画面表示」が可能に

20150521-wear-3

『マップ』などのアプリを起動したまま操作しないでいると白黒の待機モードになります。今まではウォッチフェイスに戻っていましたが、この状態だと再び動き出した時に元のアプリがそのまま残っています。

20150521-wear-4

また、これは5.1.1の機能ではありませんが、GoogleマップがV9.9.0から地図をそのままAndroid Wear上に表示できるようになっています。向いている方向に応じて地図も回りますし、ピンチイン・アウトによる縮小拡大にも対応しています。これはかなりいいですね。

腕をひねるジェスチャーによるスクロール動作

通知カードのスクロールが、腕を軽くひねることで可能になりました。


外側にひねると下に、内側にひねると上へスクロールします。

メール等で絵文字を手書きすることで返信

20150521-wear-5

Android Wearでは、母艦のスマホにメールが届くと通知が表示され、そこから返信もできます。その返信のやり方として「絵文字を描く」というものが加わっています。

20150521-wear-6

画面の案内に従い、画面上に手書きで絵を描くと…

20150521-wear-7

それが認識され、絵文字に変換され、送信できます。
相手にもちゃんと絵文字や記号で届いているはずです。

また、絵文字だけでなく「はい」「いいえ」「今向かってます」「折り返し連絡します」などの定型句もタップ1つで返信に使うことができます。

フォントサイズの変更が可能に

20150521-wear-8

設定からフォントサイズを変更できます。

20150521-wear-9

左は「小」右が「大」です。

パターンロック

20150521-wear-10

Android Wearを待機状態から復帰させるときにパターンロックをかけることができます。スマホのロック画面でもお馴染みのあのパターンロックです。これを設定しておけば、どこかに置き忘れて通知からメッセージを読まれてしまったり、盗難されて初期化されてしまうこともなくなります。

Android Wearはほとんどの場面で身につけているものだと思いますが、外したまま忘れることもしばしばあります。そういう時のためにセキュリティはしっかりしておきたいですね。

Wi-Fiのサポート

この他、大きな追加機能としてはAndroid Wear機器単体での「Wi-Fiサポート」があります。ただ、これはハードウェアにその機能が必要であり、現在は以下の端末のみで利用できます。

  • LG Watch Urbane
  • Moto 360
  • Sony Smartwatch 3
  • Samsung Gear Live

まとめ

今回のアップデートは多くの新機能を含んだものとなりました。とくにアプリ一覧へのアクセスが簡単になったことで使いやすくなったのではないでしょうか。
Android Wearではほかにもアプリランチャーを始め多くの便利なアプリが公開されています。これからもますます目が離せませんね。







関連記事




タグ: , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る