Android(>アンドロイド)ニュース

2015/07/23 Android(アンドロイド)ニュース

NTTドコモは、2014年5月より主要ベンダー8社と協力して行っている次世代通信規格「5G」の実験をさらに拡大し、インテル、キーサイト・テクノ、パナソニック、クアルコム、ローデ・シュワルツの5社と「5G」実現に向けた実験や技術開発を行っていくことに、各社と合意したことを発表しました。



2020年のサービス開始を目指す

次世代通信規格「5G」は、現在世界的に導入されている第3.9世代/第4世代(LTE/LTE-Advanced)をさらに高速化した新しい移動通信方式で、10Gbpsを超える通信速度、LTEの約1000倍にもおよぶ大容量化、IoTの普及に伴う端末数の増加や多様なサービスへの対応などを目指して、2020年のサービス開始を目標に国際的に研究が進められています。

2014年5月よりアルカテル・ルーセント、エリクソン、富士通、ファーウェイ、三菱電機、日本電気、ノキア、サムスン電子の8社と開発・実験を行っていましたが、今回新たに5社と協力する事となりました。

20150723.docomo
各社との実験イメージ ※クリックで拡大します。

新たに合意した5社について、インテルとは5G対応端末に必要なチップセットの実験試作、キーサイト・テクノロジーとローデ・シュワルツとは5G実験における結果等の測定器の開発、パナソニックとは効率的な通信システム技術の開発、クアルコムとは5G通信技術についての実験と技術開発について、個別の実験および技術開発を行っていくとの事です。

関連情報

世界主要ベンダーとの5G実験を拡大|ドコモ
ドコモ、2020年サービス開始を目指す「5G」の研究開発で世界の主要ベンダー6社と実験協力|オクトバ







関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る