Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2015/09/22 楽器・演奏

piano-top

【アプリの特徴】

  • リズムゲー感覚でピアノが演奏できる
  • MIDIファイルを利用できるので、演奏できる楽曲多数
  • 色々な楽器の音色で楽しめる


ピアノの先生
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


リズムゲーのように演奏しよう

piano-01

スマホでピアノが演奏できるアプリ『ピアノの先生』。
画面はこのようになっていて、曲に合わせて上から色付きのバーが降りてきます。リズムゲーと同じで、これに合わせて鍵盤をタップしていきます。
次に弾く鍵盤には色が付いているので、うまくリズムに合わせて鍵盤をタップすると、音楽が演奏できます。

piano-02

あくまでピアノ演奏アプリなので、リズムゲーのようにBGMだけどんどん先に進むこともありません。
正しい鍵盤をタップできると、音楽が進んでいきます。

演奏曲多数

piano-03

設定できる項目が多すぎるので、主なものだけ解説します。
まず、上部メニューの「ソング」から演奏曲が選べます。

piano-04

「歌の本」にはすでに収納されている演奏曲がたくさん載っています。
「50000曲以上のライブラリ」を選択すると、オンライン検索ができ、好きな楽曲を探すことができます。
MIDIファイルなら利用できるので、他で検索・用意したMIDIファイルでもOKです。
なお各曲「右手パート」「左手パート」の、好きな方を選んで演奏できるようになっています。

piano-05

曲の完成形が分からないと、正しいリズムが取りにくいので、最初に演奏する楽曲は自分が知っている曲のがいいでしょう。
「歌の本」に収納されている「簡単なレベル」は有名な曲が多いので、初めの頃にはいいと思います。

piano-06

なお、「ソング」左の楽器マークをタップすると、演奏する楽器の音色を変えられます
「高品質のサウンド」は有料ですが、「規定のサウンド」の方は無料で利用できます。

piano-07

楽器マークを長押しすると、サンプル演奏が流れてきます。
自分で演奏するのは、あくまでピアノの鍵盤ですが、流れてくる音が色々な楽器に変化します。

連弾もできる

piano-08-2

左の青いボタンをタップすると、キーボードのカスタマイズもできます。
「2月3日ソロ」「1月2日ソロ」は、画面に対してキーボードを3分の2表示するか、2分の1表示するか、ということです。

piano-09

なお両手弾き用や、連弾用のキーボードにもできます。
「M-シート」から楽譜表示もできます。

piano-10

その他「設定」からは、音楽再生の速度を変えたり、「テーマ」から鍵盤の見た目を変えられます。
なお「プレイする手」は、自分が演奏していな方のパートを、自動的に入れるかどうか、の選択です。

piano-11

これらの設定は、右上の設定マークからもできます。
ここでは鍵盤の幅なども変更できます。
さらに録音機能もついているので、自分の演奏を後から聞き直すこともできます。

設定用の青いボタンは好きな場所に移動できるので、演奏のジャマにならないところにおいておきましょう。
演奏できる楽曲がとにかく無数にあるので、色々な曲を色々な楽器で演奏して楽しめますね。

公式PVはこちらです。

The best piano app for Android – Pianist HD Finger Tap Piano Tutorial – YouTube





ピアノの先生
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 ピアノの先生
価格 無料
対応OSAndroid 2.3 以上
バージョン 20150901
デベロッパー名 rubycell
レビュー日 2015/09/08


関連記事




タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る