Android(アンドロイド)特集記事

2015/10/6 Android(アンドロイド)特集記事

20151006_6.0

本日GoogleよりNexus端末向けに配信が開始された「Android 6.0 Marshmallow」ですが、同時にファクトリーイメージも公開されているので、早速「Nexus 5」に手動でインストールしてみたので、Android 5.X Lollipopからの変更点を中心にご紹介します。

Google、Android 6.0 Marshmallowを配信開始!ファクトリーイメージも公開!|オクトバ



ブートアニメーションが変更

「Android 6.0 Marshmallow」をインストールするとまず、ブートアニメーションが変更されている事に気づきます。

こちらがAndroid 5.1.1 Nexus 5のブートアニメーションです。
色遣いは同じですが、6.0の方がよりポップな感じがします。

フォントが「Noto Sans」に

2015-10-06_14h51_06

初期設定を行っている時に気付いたのが、「フォント」の変更です。
従来は「モトヤマルベリ」が使用されていましたが、6.0からGoogleとAdobeが共同開発したフォント「Pan-CJK typeface family」のGoogle独自バージョン「Noto Sans CJK」が使用されているようです。

AdobeとGoogle、オープンソースフォント「Pan-CJK typeface family」を発表 日中韓の漢字をカバー|オクトバ

分かりやすくなった「マナーモード」

Screenshot_20151006-105924

クイック設定パネルは5.Xと見た目的には変わりませんが、通知に関する項目が追加されています。
Android 5.X Lollipopで分かりづらかったマナーモードの設定が、より明解になりました。

Screenshot_20151006-110013

また優先する通知や、「平日の◯◯時~◯◯時は優先する通知のみ鳴らす」などの、各種ルール設定も行えます。

「System UI Tuner」が消えた?

開発者向けに公開されていた「Android M Developer Preview」に搭載されていた、クイック設定パネルの並び替えや追加/削除が行える設定項目「System UI Tuner」が姿を消していました。
とても便利な機能だったので残念に思っていましたが、これは手動で有効化できるようです。

Screenshot_20151006-150841

操作は簡単で、クイック設定パネルにある「歯車アイコン」を長押しするだけです。すると「システムUI調整ツールを設定に追加しました」とメッセージが表示されます。
これで設定画面最下部に「システムUI調整ツール」の項目が追加されています。

Screenshot_20151006-150950

これでクイック設定パネルから不要な設定項目を削除したり、必要なものを表示させる事ができるようになります。

Screenshot_20151006-150902

またステータスバーに表示するアイコンを選択する事も可能です。ステータスバーがスッキリするので、不要なものは非表示にすると良いかもしれません。
さらに、バッテリー残量の%表示も可能になっています。これで外部アプリを使用せずとも、詳細なバッテリー残量を把握する事ができますね。

アプリのアクセス権限を選択

Screenshot_20151006-111106

アプリが持つ権限も、ユーザーがある程度自由に選択できるようになりました。自分にとって不要なものや怪しい権限をOFFにする事が可能です。

メモリの使用状況が詳細に

Screenshot_20151006-141155

メモリの使用状況を、従来よりも詳細に確認できるようになっています。平均使用率が表示されるほか、3時間/6時間/12時間/1日単位での使用状況などが確認できます。

Googleアカウントの使用状況

Screenshot_20151006-141318

Googleアカウントに関する設定が独立して用意され、様々なGoogleアカウントを利用したサービスの管理が行えるようになりました。アカウントが接続しているアプリや、Playゲームの設定、Googleドライブ対応アプリのファイル更新などが可能です。
また、Googleアカウントに保存されている外部サービスのパスワード(Amazonなど)の確認・管理や、アカウントに関連付けたアプリやウェブサイトへの自動ログインの有無もここから行えます。

USB接続時の動作を選択

Screenshot_20151006-170128

端末にUSBケーブルを接続した際の動作も選べるようになりました。デフォルトでは「充電」になっており、パソコンと接続してもファイルの転送は行えないので注意してください。
USB接続時の動作は、通知領域から切り替える事ができます。またAndroid 6.0からUSB Type-Cに対応しています。

“あのゲーム”が進化!

Screenshot_20151006-110230

設定内の「Androidバージョン」を連打して表示されるイースターエッグは、もちろん今回も用意されています。さらにあのゲームも、Android 5.0 Lollipopから引き続き搭載されています。

Screenshot_20151006-110420

しかも今回は最大4人までのマルチプレイに対応しています!画面上の+ボタンでプレーヤー人数を増やせるので、友達と一緒に遊んでみてください。

Android 5.0 Lollipopから見た目的な変化は少ないですが、機能面で様々な箇所が改善され、より使いやすいOSになっていると思います。ただ、「Android M Developer Preview」で搭載されていた「マルチウィンドウ」「ダークモード」「アンビエント画面」は、今回のバージョンでは有効になっていません。
特に「マルチウィンドウ」は使い勝手の良い機能だったので惜しいですが…。内部的には実装されているようなので、アップデートによって追加されるかもしれません。

また、本日よりワイモバイルの「Nexus 5 EM01L」にも、Android 6.0 Marshmallowの配信が開始されていますが、まだこのバージョンに対応していないアプリもあると思うので、アップデートを行う際は十分に気を付けてください。
ちなみに「デレステ」こと『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』は、問題なく動作しました。

ワイモバイル、「Nexus 5 EM01L」にAndroid 6.0 Marshmallowの配信を開始|オクトバ







関連記事




タグ: , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る