ポケモンGO:Google マップの「タイムライン」にプレイ情報がリンク!?

 

今回は「ポケモンGO」に関する面白いニュースを発見しましたので紹介します。

「ポケモン Go」での行動内容がGoogle マップの「タイムライン」に記録されるようになっていることが明らかにされましたので紹介しましょう!

【アプリの特徴】

  • 世界中にファンを持つ「ポケモン」がついにスマホゲームに!
  • 街中にいるポケモン達があなたが来るのを待っている!
  • プレイは室内ではなく、外に出歩くという斬新なゲーム性で人気!

Pokémon GO
価格:無料
開発:Niantic


Google マップの「タイムライン」とは?

Google マップの「タイムライン」とは、訪れたことのある場所や移動した経路を確認できる Google マップの標準機能のことです。

Google マップの「三」をタップすることで「タイムライン」という項目が表示されますので、そこから確認してみてください。

Screenshot_2016-09-05-17-54

そして通常タイムラインには、移動手段やGoogle マップ上で公開されているスポットに訪れた情報が記録されて、それらを時系列順に確認することができるのですが、この中にポケモンを捕獲した行動とその日時も記されるようになったのです。

写真を見てもわかりますように、実際のタイムライン画像にも確かに「Running」「Cycling」などの項目の下に「Catching Pokemon」という項目が用意されていることを確認することができます。

ポケモンGO

現時点では「ポケモンGOをプレイしていた」という行動そのものが記録される程度のもので、捕獲したポケモン名などの詳細情報は表示されないようです。

しかし、今後捕獲したポケモンや立ち寄ったポケストップの数などの細かいプレイ履歴を見ることができるようになればいろいろと面白い使い道が見つかりそうですね!

また、先日サードパーティ製の外部ツールの使用について公式からの発表がありましたが、グーグルと開発元のNianticは関係のある企業ですので今後の展開には期待が高まるというものでしょう。

今後続報が入りましたら追って紹介していきますのでご期待ください!

■ニュースソース
Reddit




Pokémon GO
価格:無料
開発:Niantic



iPhone版はこちらからDL


おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名Pokémon GO
対応OSAndroid 4.4 以上
バージョン0.35.0
提供元Niantic
レビュー日2016/09/05
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者