Android News

Android(アンドロイド)ニュース

バーコード(QRコード)を使ったスマートフォン決済サービスが人気を増しつつありますが、その中で一躍注目を集めるとともにトラブルも起きた「PayPay」において、クレジットカードの不正利用対策として「3Dセキュア」に対応します。また、auと「Netflix」が組んだ料金プランの値上げ導入が2019年1月16日に延期となりました。



シェアサービス

(1) イオンでモバイルバッテリーのシェアサービス

本州、四国のイオン、イオンスタイル内のイオンモバイルとイオンモバイル八重洲、約170店舗でモバイルバッテリーのシェアリングサービスの提供が始まっています。

イオンで提供されるモバイルバッテリーのシェアリングサービスは、INFORICHが運営する「ChargeSPOT」というサービスです。すなわちChargeSPOTがイオンにも展開される、ということになります。

ChargeSPOTは、借りたバッテリーの返却を他の店舗でもできますので、例えばイオンで借りたバッテリーをイオンではないChargeSPOT導入店舗で返すこともできます。また、追加料金の2,139円を払って買い取ることもできます。レンタル料金は1時間以内で108円、それ以降48時間以内だと追加108円です。
ChargeSPOT公式サイト

決済サービス

(1) PayPayが3Dセキュアに対応

ソフトバンクとヤフーの合弁会社が提供するスマートフォン決済サービスPayPayが3Dセキュアと呼ばれる本人認証サービスへ1月より対応します。PayPayだけでなく同種のスマートフォン決済サービスではクレジットカードの不正使用のトラブルが問題視されていますが、PayPayでは3Dセキュアでまずは対策します。

3Dセキュアは、名前だけ聞くとグラフィックでの3Dをイメージしがちだと思いますが、実際には異なります。

PayPayでクレジットカードを登録する際、もう一つのパスワードを使います。そのパスワードはクレジットカード会社で事前登録するパスワードもしくはワンタイムパスワードです。それをPayPayでのクレジットカード登録の際にも入力することで、本人だと認証する、というわけです。クレジットカードの裏面記載のセキュリティコードの入力だけでは、カードを物理的に不正入手された場合にアウトですが、3Dセキュアによる追加パスワード入力を必須とすれば難しくなります。

au

(1) auのNetflixプラン値上げを延期

動画配信サービスの「Netflix」が昨夏に値上げを行いましたが、それに伴い、auのNetflixプランも値上げとなることが明らかになっていました。そして、当初は年明けからの予定でしたが、1月16日に延期となりました。

しかも、15日までに加入した方は、値上げ前の料金のまま利用することができるので、少しお得になります。auプランではなくNetflixでの直接の加入者は全ユーザーに値上げが適用されますが、auでの15日までの加入者だと少しだけやすくなります。

(2) au 三太郎の日で日替わりクーポン

auの「三太郎の日」の1月の特典内容が発表されました。1月は初の日替わりクーポンです。

すでに3日は過ぎてしまいましたが、3日はローソンでのカフェラテ(M)のクーポン、13日はマクドナルドでのチキンマックナゲットのクーポン、23日はゲオのレンタル1本無料クーポンです。ただ、これらクーポンは、auスマートパスプレミアムユーザー向けです。

あとがき

バーコード表示タイプのスマートフォン決済サービスはPayPayだけではありませんが、PayPayでのクレジットカードの不正利用問題をキッカケに、他社のサービスも含めてクレジットカードの不正利用問題への関心が高まっています。最終的にはセキュリティ対策も進むと思いますが、これに限らず、クレジットカードの取り扱いには普段から注意を払っておきたいものですね。

今週もGAPSIS編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


トップヘ戻る