先週のニュースまとめ :ハイエンドAndroidタブレット「Lenovo Tab P12 Pro」、Wi-Fiルーター「WN-DAX3000QR」発売

 

レノボ・ジャパンから久しぶりのハイエンドAndroidタブレットが登場です。「Lenovo Tab P12 Pro」が発売されています。また、有線ポートで最大2.5Gbpsの通信も可能なWi-Fi6ルーターがアイ・オー・データ機器から登場しています。また、モバイルバッテリー等のスマホ向け機器や各種家電製品で知られるアンカーの直営店が新たにオープンです。

新製品

(1) Lenovo Tab P12 Pro

レノボ・ジャパンからハイエンドタブレット、Lenovo Tab P12 Proが登場しています。

Lenovo Tab P12 Proは、12.6インチで2,560 x 1,600ドットの有機ELディスプレイを搭載するAndroidタブレットです。リフレッシュレート120Hz対応、HDR10+対応と、現在のAndroidタブレット市場では非常に優れたディスプレイを搭載します。スピーカーも4スピーカー構成で、Dolby Atmos対応です。CPUはSnapdragon 870、メモリは8GB、ストレージは256GBです。

そして、専用キーボードとスタンドカバー、さらに4096段階の筆圧感知するスタイラス「Lenovo Precision Pen3」が付属します。スタイラスを使っての手書きや操作も可能ですし、スタイラスはマグネットで本体にドッキングできます。

ハイエンド機種の上、キーボード、スタンドカバー、スタイラスが付属するということで価格は高価です。eクーポン適用で現時点では121,462円ですが、元々の定価は134,640円です。

(2) WN-DAX3000QR

アイ・オー・データ機器からWi-Fi6ルーターが新たに登場しています。「WN-DAX3000QR」は、Wi-Fi6対応の上、有線LANポートを4口搭載しています。しかも、LANポートの1つは2.5Gbps対応です。

超高速かつ安定した通信を望む方には有力な選択肢になりそうです。

本体のサイズは約270 x 67 x 218mmで、重さは約730gです。価格は22,800円です。

ショップ

(1) アンカー直営店
アンカー・ジャパンは直営店「Anker Store」を新たに4店舗オープンしました。東京都、千葉県、大阪府、広島県です。

具体的には、Anker Store イオンモールむさし村山、Anker Store イオンモール幕張新都心、Anker Store イオンモール堺北花田、Anker Store エディオン広島です。

Anker StoreではAnkerの製品を実際に手に取って確認した上で購入できるので、近くにある方は足を運んでみると便利だと思います。

サービス

(1) LINE Payの請求書払いに3,000団体が対応完了

LINE Payのサービスの一つである「請求書支払い」に3,000団体以上の対応が完了しています。また、累計のアクティブユーザーも110万人を突破しています。

LINE Payの請求書支払いは公共料金などの請求書に印字されたバーコードをスマホで読み取ることでLINE Payで支払うことができるので、コンビニ等へ足を運ばずに済む便利さがあります。特に普段LINE Payを使っている方には便利でしょう。

あとがき

ニュースまとめが大変遅くなりまして申し訳ございません。遅れてもそれほど問題がなさそうな話題をピックアップしましたが、順次記事を用意していきますので、宜しくお願いします!

今週もGAPSIS編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者