ニュースまとめ :auが5G SAを今夏以降提供へ。「dポイント」が貯まる「日興iDeCo for docomo」

 

auが5G SAの個人向けサービスを今夏以降に提供します。具体的な日にちは不明ですが、コア設備に新規設備を使ったサービスがスタートです。また、モトローラから最新のハイエンドスマホ「edge 30 pro」が登場です。米クアルコム・テクノロジーズとヒューレット・パッカード エンタープライズが提携しました。

通信サービス

(1) 個人向け5G SAサービス

KDDIが今夏以降を目途に個人向けの「5G SA」サービスを提供開始します。5G SAは、5Gのスタンドアローンの略です。従来の方式ではコア設備に4G設備を活用していますが、5G SAでは新規の設備(5GC)をコアに利用します。

この5G SAによって「ネットワークスライシング」などの機能を利用できるようになり、5Gの性能/機能が本格的に開放されます。すでに2月中旬から法人向けには展開され始めていて、夏以降に個人向けに開始となります。ただし、5G SAは、端末側も対応している必要があります。もちろん非対応5G端末でも今まで通り5G通信はできます。

新製品

(1) edge 30 pro

モトローラからハイエンドスマホの新機種「edge 30 pro」がリリースされています。

Qualcomm Snapdragon 8 Gen 1、メモリ12GB、ストレージ256GB、6.7インチでリフレッシュレート144Hz対応の有機ELディスプレイ、防水・防塵対応、68Wの急速充電器同梱などの特徴を持っています。

業界ニュース

(1) クアルコムとHPEが提携

米クアルコム・テクノロジーズとヒューレット・パッカード エンタープライズが提携しました。5Gに関する次世代のソリューションに取り組み、具体的にはクアルコムのインラインアクセラレータカード「Qualcomm X100 5G RAN」を搭載した5G分散ユニットを提供します。このカードによって通信事業者は5Gのインフラ運用におけるコストを大幅に削減できるということです。

(2) dポイントがたまる「日興iDeCo」

NTTドコモが個人型確定拠出年金「iDeCo」において掛け金に応じて「dポイント」が貯まるサービスの取扱いを開始しています。サービス名は「日興iDeCo for docomo」です。

あとがき

ニュースまとめが大変遅くなりまして申し訳ございません。遅れてもそれほど問題がなさそうな話題をピックアップしましたが、順次記事を用意していきますので、宜しくお願いします!

今週もGAPSIS編集部がオクトバさんに出張してお伝えしました! 次回もお楽しみに!!







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者