Android(>アンドロイド)ニュース

2017/07/16 Android(アンドロイド)ニュース, 格安SIM

ほとんどのスマートフォン利用者が使っているコミュニケーションツール『LINE』。そんなLINEが、LINEなどのSNSの利用に特化した格安SIM『LINEモバイル』を提供しています!どんな使い方の人におすすめなのか、特長から人気の理由までを他のSIMと比較しながらご紹介いたします。
 

公式サイトはこちら↓

公式サイトはこちら↓

 

人気格安SIM_LINEモバイル.png

 
 

目次

■MVNO『LINEモバイル』はどのキャリアの回線を利用している?

LINEモバイルはdocomoのLTE回線を利用しています。そのため、利用できるエリアや品質はdocomoと同等になります。

LINEモバイル_利用回線.png

 

公式サイトはこちら↓

 

■料金プランの種類<2017年7月時点>

 
LINEモバイルには、

  • 『LINEフリープラン』
    …LINEがデータ消費ゼロ
  • 『コミュニケーションフリープラン』
    …LINE、Twitter、Facebook、Instagramがデータ消費ゼロ
  • 『MUSIC+プラン』
    …LINE、Twitter、Facebook、Instagramに加えLINE MUSICがデータ消費ゼロ

3つのコースが用意されています。
 

カウントフリーってなに?

LINEモバイルは対象SNSサービスのデータ通信量をカウントしません。これを『カウントフリー』と呼んでいます。この仕組みによって、データ量を使いきってしまってもカウントフリーの対象サービスはいつでも高速で利用することができます。スマホの用途がSNS中心という方には嬉しい格安SIMですよね!
 

『LINEフリープラン』

LINEフリープランはLINEのトーク・音声通話・タイムライン・ニュースタブなどの利用で発生するデータ通信量がカウントフリーになります。データ量の選択肢は1GBのみで、料金は500円/月~です。

LINEモバイル_LINEフリープラン.png

 

『コミュニケーションフリープラン』

コミュニケーションフリープランはLINEの他に、Twitter、Facebook、Instagramで発生するデータ通信量がカウントフリーになります。データ量は3GB・5GB・7GB・10GBの4つから選べて、料金は1,110円~です。

LINEモバイル_コミュニケーションフリープラン.png

 

『MUSIC+プラン』

MUSIC+プランはLINE、Twitter、Facebook、Instagramの他に『LINE MUSIC』で発生するデータ通信量もカウントフリーになります。データ量は3GB・5GB・7GB・10GBの4つから選べて、料金は1,810円~です。LINE MUSICはSIM料金の他に960円(学生は480円)がかかります。

LINEモバイル_MUSIC+プラン.png

 

データ量の追加や繰り越しはできる?

0.5GB(500円)、1GB(1,000円)、3GB(3,000円)の3種類からデータ量を追加できます。追加は月3回までとなっており、有効期限は翌月末です。プランに含まれているデータ量も翌月まで繰り越し可能です。
 

用途別最安プランは?

LINEモバイル_最安プラン.png

最安は、1GB付きLINEカウントフリーのデータ専用SIMの500円/月です。LINE以外のSNSもカウントフリーのプランはデータ専用SIMが選べなくなりますが、それでも3GB付きでこの料金というのはとってもお得ですよね!
 

公式サイトはこちら↓

 
 

■もっと安心・便利・お得に!LINEモバイルのオプションは?

通話料・電話かけ放題プランについて

LINEモバイルの通話料は20円/30秒となっています。また、電話かけ放題のオプションは880円で『10分かけ放題』となりますが、このかけ放題が適用になるのは“いつでも電話”という電話専用アプリからかけた分となりますのでご注意ください。何度かけてもOK、さらに10分を超えてしまった場合は通常の半額の10円/30秒です。LINEを使っていない人への電話が多い方はこちらのかけ放題オプションがおすすめです。

LINEモバイル_通話料とかけ放題について.png

 

子供にも安心!充実のセキュリティ対策をチェック

●i-フィルター<無料>

出会い系やSNSによる被害、そして高額請求というネットの危険から守ってくれるサービスが『i-フィルター』です。有害情報や危険性のあるサイトのフィルタリングや子供のスマホ利用時間の制限、そして子供が検索した単語などを他の端末から確認できるという見守り機能も付いています。
 

●契約者と利用者の区別でできること<無料>

子供を『利用者』として登録することで、データ容量追加購入やプラン変更が自分でできなくなります。また、利用者連携の設定をすることで家族や友人にデータ量をプレゼントできる『データプレゼント』が利用できるようになったり、データ残量の確認が公式アカウント上でできるようになったりと大半の機能をLINE上で操作できるようになりますので、ぜひ『契約者連携』『利用者連携』の登録を行いましょう。

LINEモバイル_契約者連携と利用者連携.png

 

端末保証はある?

端末保証は、現在持っているスマートフォン用の『持込端末保証』500円/月、LINEモバイルで端末購入と同時に加入できる『端末保証』450円/月の2種類です。

LINEモバイル_端末保証.png

 

●端末保証<450円>

保証範囲は故障・水濡れ・破損で、保証期間は3年間です。18時までに受付が完了できれば当日発送のため、約2日で端末が届きます。
 

●持込端末保証<500円>

保証範囲は故障・水濡れ・破損で、保証期間は自然故障の場合メーカー発売日から3年間、落下・水濡れ等の場合は本オプションを解約するまでとなります。18時までに受付が完了できれば返送キットと貸出端末(希望者のみ)を当日発送、端末のお届けまでは約2週間かかります。
 

その他LINEモバイル限定サービスや年齢確認について

データ残量の確認やデータプレゼント、そしてLINEモバイルへの問い合わせなどの機能はすべてLINEのアプリから行うことができます。また、LINEモバイルなら他の格安SIMでは対応していないことが多い『年齢認証』にも対応していますし、SMS付ではないプランの人でもLINEアカウントを作ることができます。月額基本料の1%分のLINEポイントが毎月貯まるのも特徴です。
 

公式サイトはこちら↓

 
 

■もっとお得に使う方法はある?

国内外の電話番号との通話無料『LINE Out』

LINE OutはLINEモバイルのサービスではなく『LINE』のサービスになりますが、LINEを使っていない相手に電話をかけることができる『いつでも電話』とは違うもう一つの機能です。広告を見ることで無料通話回数を増やす、またはクレジットや30日プランを購入することで利用できるようになります。
しかも“発信者が世界のどこにいても利用できる”ということで、海外でも利用できてしまいます。料金は国によって変動しますので、詳しくはこちらをご覧ください
 

公式サイトはこちら↓

 
 

■端末について

利用できる主な端末とSIMロック解除について

LINEモバイルで利用できる端末は、LINEモバイルで購入した端末、SIMフリーまたはdocomoの端末とされています。au・ソフトバンクの端末は通信方式の違いからSIMロック解除をしても利用できない可能性がありますので、端末の提供元に確認できると安心です。
 

iPhoneとの相性は?

SIMフリーのiPhone、docomoで購入したiPhoneであればご利用可能です。au・ソフトバンクで購入したiPhoneは2017年7月時点でiPhone 6sのSIMロック解除をした端末のみ動作確認済みです。

LINEモバイル_iPhoneとの相性.png

 

端末とSIMのセット販売について

LINEモバイルで端末も一緒に購入した場合、

  • SIMカードの差し込み
  • LINEやフィルタリングアプリのセット

これらを済ませた状態で届けてくれますので安心して使い始めることができます。
 

公式サイトはこちら↓

 
 

■格安SIMの手続き・契約について

MNPの場合(インターネットで申し込み)

  • 申し込みの前に『①MNP予約番号②購入者名義のクレジットカード③本人確認書類④連絡の取れるメールアドレス』の4つを用意します。
  • SIMカード到着後に開通手続きをします(マイページの“MNP開通手続き“から、もしくはLINEカスタマーセンターに電話をします)
  • 端末も一緒に購入した場合は手元に届き次第、すぐに利用できます

 

家族でご契約の場合・複数台(複数枚)契約の場合

家族みんなでLINEモバイルへ移行したい場合は1人を『契約者』、その他の家族を『利用者』として申し込みます。また、同一世帯で最大10回線まで契約することができます
 

最低利用期間と解約金(契約解除料)について

データSIMとデータSIM(SMS付)の場合、解約手数料はありません。通話SIMの場合は利用開始をした月の翌月から12か月後の末日になり、解約手数料は9,800円(税抜)です。

LINEモバイル_最低利用期間と解約金について.png

 

プラン変更はできる?

●プランを変更したい

マイページから変更することができます。申込日の翌月1日より適用になります。
 

●データSIMから音声通話SIMへ変更したい

SIMのタイプ変更はできないため、一度解約して新しく申し込む必要があります。
 

実店舗はある?

LINEモバイルの取扱店舗はビックカメラ、ヨドバシカメラになります。即日受け渡しが可能な店舗とエントリーパッケージの取り扱いしかない店舗とありますので、こちらをご確認ください
 

Amazonでも買える?エントリーコードとは

エントリーコードとは、LINEモバイル申し込み時に入力することで登録事務手数料が無料になる16桁のコードを指します。エントリーコードはAmazonやビックカメラ、ヨドバシカメラで購入できるエントリーパッケージに記載されています。
 

支払い方法は?

LINEモバイルの支払い方法はクレジットカード、LINE Pay、LINE Payカードのいずれかになります。
 

契約から手元に届くまでの最短日数

お申し込み完了後、本人確認審査が終わり次第発送されます。最短で翌日発送になりますので、2~3日で届く場合が多いようです。

LINEモバイル_手元に届くまでの日数.png

 

2017年7月時点でのキャンペーン

●選べる!夏のトリプルキャンペーン<2017年7月31日まで>

ウェブからの申し込み時にキャンペーンコードを入力し、音声通話SIMを利用開始した方へ3つの中から1つの特典をプレゼント!

  • LINE STOREコース
    …ゲームもマンガもスタンプも楽しめるクレジットを最大4,000円相当プレゼント!
  • LINEマンガコース
    …最大5,000円相当のマンガコインプレゼント!
  • キャッシュバックコース
    …初期費用を抑えたい…そんなあなたにすぐに使える最大2,000円相当をLINE Payでキャッシュバック!

 

●2ヶ月連続3GB増量キャンペーン スタート<2017年8月31日まで>

LINEモバイルを利用開始し、「コミュニケーションフリープラン」「MUSIC+プラン」を利用の方へ、利用開始日の属する月の翌月から2ヶ月間、3GBをプレゼント!
 

公式サイトはこちら↓

 
 

■他の格安SIMカードとの比較

LINEモバイルとUQモバイルの比較

LINEモバイルとUQモバイルの大きな違いは、『家族割の有無』『かけ放題の使用電話アプリ』のところではないでしょうか。UQモバイルの場合は専用電話アプリを使わずにかけ放題の適用が可能ですが、LINEモバイルでは『いつでも電話』という専用アプリから発信しなければなりません。
また、LINEモバイルはUQモバイルに比べて特別“家族だとお得”という特典は少なめです。ただし、子供のスマホ利用の際のセキュリティ対策や管理についてはLINEモバイルの方が無料で様々なサービスを利用できます。

LINEモバイル_UQモバイルとの比較.pn

 

LINEモバイルとY!モバイルの比較

Y!モバイルはプラン形態がUQモバイルに似ていますので、比較となると違いは『利用回線』『10分かけ放題がプランに含まれているかいないか』のところになりそうです。Y!モバイルは家族と契約することで割引があるのに対し、LINEモバイルはSNS利用時に発生するデータ通信量が無料(通信し放題!)です。契約の仕方や利用用途でどちらがお得なのかの検討をおすすめします。

LINEモバイル_Y!モバイルとの比較.png

 

公式サイトはこちら↓

 
 

■気になる評判と注意点

通信速度は?データ量を使い切った場合もチェック

LINEモバイルはdocomoのLTE回線を利用しているということで、最大速度は同等となります。データ量を使いきってしまった場合はデータ通信の速度が落ちますが、どのくらいの速度かというところは非公表のようです。ただし、LINEモバイルはプランに応じたSNSの利用で通信制限を受けることがありません!それ以外でデータ通信が必要な場合は追加チャージを行いましょう。
 

高速通信と低速通信の使い分けは可能?

LINEモバイルに高速/低速の切り替え機能はありません。もともと、低速での利用におすすめのサービスというのはデータ通信量の多くないSNSやメール、テキストメインのインターネット検索となっています。LINEモバイルではSNSの通信量がカウントフリーですので、低速機能がなくても十分データ量を節約できてしまいます。

LINEモバイル_高速通信と低速通信.png

 

通信規制はある?

LINEモバイルではよく見かける『3日あたりの通信量』における通信制限はありません。ただし、カウントフリー対象のサービスで他のお客様に迷惑がかかるような大容量のデータ通信を行ってしまうと、通信を制限される場合がありますのでご注意ください
 

テザリング・ワンセグ・おサイフケータイ機能・緊急地震速報について

  • テザリング:SIMロック解除をしても利用ができない機種が多いようです。詳しくは端末の提供元に確認できると安心です。
  • ワンセグ・おサイフケータイ:端末が対応していれば利用できます。
  • 緊急地震速報:端末によります。LINEモバイルでは端末ごとの検証は行っていないため、その他の防災アプリをインストールしておくことをおすすめします。

 

海外でも使える?

国際ローミングに対応していますので、通話とSMSは利用できます。データ通信はできないのでWi-Fiの利用をお勧めします。
 

公式サイトはこちら↓

 
 

■【まとめ】LINEモバイルはこんな方におすすめ!

LINEモバイルの大きな魅力は、なんといっても他にはない『SNSのデータ通信量カウントフリー』というところでしょう。LINEの通話もカウントフリー対象ということで、よく通話をする相手がLINEを利用していれば通話料はもちろん、データ通信がかさむこともなくなってしまいます。万が一データ量を使い切ったとしても、SNSだけは常に高速です。

  • docomoの端末からMNPしたい方
  • 主にLINEがスマホの利用用途という方
  • SNSのヘビーユーザーの方
  • 子供へ格安SIMを持たせたい方

LINEモバイル公式アカウントから、LINEのトークを使って年中無休でお問い合わせできますので、不安なところがあれば気軽に質問してみてくださいね!
 

公式サイトはこちら↓

 
 

他のおすすめの格安SIM関連記事


格安SIM:格安SIMカードとは?初心者も安心の簡単選び方ガイド

 
格安SIM:LINEモバイルの評判と評価や他SIMとの比較
 
格安SIM:NifMoの評判と評価や他SIMとの比較
 
格安SIM:DMMモバイルの評判と評価や他SIMとの比較
 
格安SIM:IIJmioの評判と評価や他SIMとの比較
 
格安SIM:U-mobileの評判と評価や他SIMとの比較
 
格安SIM:mineoの評判と評価や他SIMとの比較
 
格安SIM:UQモバイルの評判と評価や他SIMとの比較
 






関連記事



タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

この記事の目次

トップヘ戻る