Android(アンドロイド)特集記事

2010/07/5 Android(アンドロイド)特集記事

「IS01」特集、第2回です!
今回は大注目の通話機能や搭載カメラをご紹介するとともに、他のAndroid端末やガラパゴスケータイとの比較を含めてお送りしたいと思います!



通話

独特の形状のIS01ですが、通話の仕方も独特です。
マイクとスピーカーの位置に特徴があります。
マイクはキーボード下部の側面にあります。

スピーカーはキーボード上部にあります。

この2つの位置関係のため、下の写真のようにIS01を机などに置く、もしくは正面を向けて手に持って会話することになります。

しかし、端末と自分の顔が離れている状態で通話することになるため、一般の携帯電話に比べ明らかにスピーカーと耳の距離が遠くなります。
これを補うためか、非常に大きな音でスピーカーから通話内容が聞こえるようになっています。
「両手が空く」というメリットもあり、自宅ではこのスタイルの通話も良いのですが、周囲に人がいる場所では音声、通話内容が全て漏れてしまいます。
これを解決したい場合は、別売のイヤホンマイク、Bluetoothヘッドセット等を使う必要があります。
バッフォロー社製の「BSHSBE01」というBluetoothヘッドセットを使ってみましたが、問題なく通話できました。
また、スピーカーの音量を下げ、折りたたんだ状態で通常の携帯電話のように持って通話するということも可能です。

以上のようなことから、IS01は2台目の携帯端末と考えた方が良さそうです。事実、auの販売戦略としても2台目需要を狙っているようです。
通話専用の通常の携帯電話と一緒に持つ、というスタイルが一番使いやすいのではないでしょうか。

カメラ

IS01には2つのカメラが搭載されています。

①メインカメラ
メインカメラは本体裏側にあります。

約527万画素のCMOSカメラです。
オートフォーカス、手ブレ補正機能つきです!これは嬉しいですね!
トラックボールを押す、エンターキーを押す、画面上のシャッターボタンをタップする、のいづれかの操作でシャッターが切れます。
また、トラックボールもしくはキーボードの矢印の操作により、明るさとズームを設定できます。
実際にIS01で撮影した写真画像です。携帯のカメラとしては十分だと思えるレベルです。

この他にも、IS01のカメラには多彩な機能が搭載されています。
一例を挙げると、

  • シーン別撮影(人物、風景、料理、スポーツ等)
  • フォーカス設定(顔優先AF、センターAF、接写AF等)
  • 笑顔シャッター、振り向きシャッター

等があります。また、画面をタッチした部分にピントを合わせることもできます!機能ならデジカメも顔負けかもしれません!

②サブカメラ
サブカメラはディスプレイの右上にあります。

43万画素のCMOSカメラです。
主に自分を撮影する際に使用するようです。パンフレットでもブログ等に自分の写真を載せるために利用するのがおすすめされていました。
サブカメラで先程と同じ被写体を撮影してみました。フルサイズで見るとメインカメラに比べ、やはり粗さが目立ちます。

サブカメラはあくまで簡単な自分撮り用と考えればいいと思います。
また、従来の携帯に比べ画面サイズが大きいので、鏡の代わりとして利用することもできるかもしれません。

ガラパゴスケータイ的機能

ここからはIS01に搭載された機能の内、今までのAndroid端末ではサポートされていなかったガラパゴスケータイ(以下ガラケー)的機能をご紹介していきます。

①赤外線通信
個人的にはIS01の目玉機能だと思っています!
赤外線ポートの場所はマイクの隣です。少し使いにくい気もしましたが、それは些細なことです!

今までのAndroid端末やiPhoen等のスマートフォンは、アドレス交換の際にQRコードなどを用いていました。
しかし、IS01ならガラケーのように赤外線でアドレス交換が可能です!
もちろん、アドレスだけでなく写真や電話帳など様々なファイルの送受信が可能です。

②ワンセグ
ワンセグテレビの視聴、録画ができます!これも嬉しい機能です!

そして何より、ワンセグを視聴する際にIS01の特徴である大きく横に長いディスプレイが活きてきます!
ガラケーの小さな画面に比べて格段に見やすくなります。
私が見てみたところ、受信感度も非常に良好です。

③FMトランスミッター
IS01にはFMトランスミッターも搭載されています!

スマートフォンやデジタルミュージックプレイヤーの音楽を車やラジオで聞くためには、基本的に別途トランスミッターを用意する必要があります。
しかし、IS01なら本体やmicroSDにお気に入りの音楽を入れるだけで、車のステレオから流すことが出来ます!
周波数も5種類から選択できます。

付属品

付属品は以下の通りです。

  • スタートアップガイド(取り扱い説明書)
  • microUSB-USB変換ケーブル
  • microUSB-18芯(充電器)変換ケーブル
  • microSDHCメモリカード4GB(試供品)

4GBのmicroSDHCメモリカードは試供品ということになっていますが、本体の容量が3.4GB程度なので、この2つを合わせると8GB弱の記憶容量になります。
これだけの容量があれば、アプリや音楽を持ち歩くことにさほど不自由はないと思います。
また、microUSB-18芯(充電器)変換ケーブル(下の写真)と、au用の共通ACアダプタを使えばコンセントから充電することができます。

実際に変換ケーブルとACアダプタをつなげてみた写真です。

ここで注意してもらいたいのが、au用の共通ACアダプタは別売であるという点です。
本体を買うときに販売店の方からも説明はあると思いますが、別途この共通ACアダプタを購入する必要があります。
もともとauの携帯を利用している方は、既に持っていることと思います。

尚、au用の共通ACアダプタを買わなくとも付属のmicroUSB-USB変換ケーブルを使い、IS01とPCを接続することでUSB経由で充電することもできます!
microUSB-USB変換ケーブルは、充電及びIS01とPC間でデータをやりとりする際に用います。
IS01側のmicroUSBという規格は、Xperiaや一部のwillcomの端末でも使われている規格ですので、もしこのコードを紛失、破損してしまっても家電量販店等で購入できます。
また、IS01にはDesireやiPhoneと異なり、イヤホンジャックが搭載されておらず、変換コネクタも付属していません。
イヤホンでワンセグや音楽を楽しんだり、イヤホンマイクを利用して通話をするためには、別途丸型-平型イヤホンジャック変換コネクタが必要となるのでご注意ください。

今回のまとめ

充実のカメラ機能や赤外線、ワンセグの搭載により、これまでガラケーを使用してきた方、つまり多くの日本人にとって親しみやすい端末と言えると思います!
ただ前述の通り通話機能に癖があるため、使用する携帯電話をIS01のみにするのは厳しいと言わざるをえません。
やはり、「携帯電話とは別のアイテム」と捉えるのがベストです。

明日はIS01独自にカスタマイズされたAndroid OSについてご紹介したいと思います!乞うご期待!







関連記事




タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る