格安SIM

格安SIMを検討している人の中には、LINEモバイルが気になっているという方も多いのではないでしょうか?LINEモバイルは安いプランが充実しており、格安で利用できる500円プランなどもあります。

筆者である私もLINEモバイルを利用していますが、500円プランのコストパフォーマンスに驚いています。

そこで今回は500円プランのメリット・デメリット、向いている人などを解説していきたいと思います。

・LINEモバイルのメリット・デメリットについてまとめた記事はこちら
LINEモバイルを2年利用して感じたメリット・デメリットを解説

 

LINEモバイルの500円プランとは


LINEモバイルとは、LINEモバイル株式会社が運営する格安SIMサービスです。料金が安く、スマホ代を節約できることから人気を集めています。

その中でも500円プランは、LINEモバイルで特に注目をされています。LINEモバイルの500円プランとは、その名の通り月額基本料500円でスマホが利用できるプランです。

特徴をまとめると以下の通りです。

 

500円プランの特徴
  • SIM:データSIM
  • データ量:1GB
  • 期間の縛り:なし
  • 初月料金:無料
  • LINEはデータフリーで使い放題

 

充実の内容にも関わらず、500円で利用できるのは本当にすごいですよね。次の章からは、詳しい詳細とメリットを解説していきます。

500円プランのメリット

それでは私が感じた500円プランのメリットを紹介します。

LINEがデータフリーで使える

LINEモバイルでは500円プランを含め、全てのプランでLINEがデータフリーとなっています。500円プランは「1Gしかないから不安」と感じている人も多いですが、LINEのメッセージやLINE通話はデータ無制限です。LINEが主な連絡手段という人は問題なく使えるでしょう。

余ったデータ量を翌月に繰り越せる

LINEモバイルでは、使い切れなかったデータ量を翌月末まで繰り越せます。例えば500MBしか利用しない月があれば、翌月は1G+500MBが利用できるという感じです。

あまりデータ量を消費しないという人は、繰り越しをして重要な場面で利用したり、友達にデータをプレゼントすることもできます。

私は自宅でWiFiを利用しているためデータ量をあまり消費しません。毎月繰り越すことが多いのですが、外出するときや旅行をする時のためにデータ量を繰り越して一気に使ったりしています。

データの追加購入ができる

「500円プランの1Gは心もとない」
「月によっては通信制限がきてしまう」
こんな不安も持った人もいるでしょう。

そんな時のために、LINEモバイルではデータを追加購入できます。

0.5GB : 500円
1GB : 1,000円
3GB : 3,000円

ちょっとデータ量が足りなくなった時には便利なサービスです。0.5GBから購入できるので、スマホ代を節約したい人にもおすすめですよ。もちろん購入したデータ量も翌月末まで繰り越ししたり、友達にプレゼントしたりできます。

2年縛りがない

LINEモバイルの500円プランには契約年数の縛りがありません。大手のキャリアなどでは2年縛りがあって、他社へ乗り換えをすると違約金などが発生してしまいます。

しかしLINEモバイルの500円プランでは、いつ解約しても違約金や追加料金を支払う必要がありません。月額使用料の500円だけで問題ないのです。

試しにLINEモバイルを利用してみたい人や、頻繁にキャリアを乗り換えるという人にはおすすめのプランといえるでしょう。

500円プランのデメリット

LINEモバイルの500円プランにはデメリットもあります。

電話番号での通話ができない

LINEモバイルの500円プランには、データSIMが使用されています。データSIMとはデータ通信のみができるSIMカードで、電話番号での通話はできません。電話番号を使用して通話したい人は、音声通話SIMのプランを契約しましょう。

普段からLINE通話しか利用しない、子供用に契約するという人であれば、500円プランでも十分かと思います。

500円プランから音声通話プランに変更ができない

LINEモバイルの500円プランは、音声通話ができないデータSIMになります。プランによってSIMカードが異なっており

  • データSIM:データ通信のみのプランに対応
  • SMS付きデータSIM:データ通信とショートメールに対応
  • 音声通話SIM:データ通信とショートメール、音声通話に対応

データSIMから音声通話SIMにプラン変更をするとなると、SIMカードを入れ替える必要があるのです。仮に変更をしたい場合は、500円プランを解約して、新たにLINEモバイルを契約しなければならず、かなりの手間がかかってしまいます。

将来的に音声通話を使う予定がある人は、音声通話SIMのプランを選んだ方がいいでしょう。

スマホ本体の代金は含まれていない

LINEモバイルの500円プランですが、月額基本料のみでスマホ代は含まれていません。LINEモバイルを利用するにはSIMフリーのスマホが必要です。持っていない場合は、携帯ショップで購入するか、LINEモバイルのサイトで購入する必要があります

また大手キャリアのスマホから乗り換えをした人は、有料でSIMロックを解除してSIMフリースマホにしてもらえば問題ありません。

個人的にはHUAWEIシリーズがコストパフォーマンスも良く、使いやすいと思います。

>>HUAWEIシリーズの端末を見る

 

データが1Gしかない

先ほどからお話している通り、LINEモバイルの500円プランには1Gしかデータ容量がありません。ちょっとネットを利用する程度なら問題ありませんが、youtubeを見たり、Twitterをする人はすぐに通信制限がきてしまいます。

私は自宅にWiFiを繋いでいるので、1Gでも問題なく過ごせています。また私の周りの500円プランを利用している人は、2台目として使用したり、子供の連絡用に持たせたりしている人が多いです。

メインとしてではなく、サブ機として持つ方がいいかもしれません。

ちなみに1GBでできることをいくつか例に出してみます。

<1ヶ月に1GB(約840万パケット)でできること>

  • ニュースサイトを毎日約110ページ閲覧
  • メール・SNSの文章を毎日10個以上閲覧
  • メールを毎日約70通送受信
  • Instagramを毎日30分以上閲覧

LINEに限っては通信制限が一切ないので思う存分使い放題です。主にLINEで連絡するためにスマホを契約する人であれば、1GBでも案外やっていけそうですね。

LINEモバイルの500円プランが向いている人

それでは、LINEモバイルの500円プランはどんな人に向いているのでしょうか?

子供やお年寄りの連絡用として

子供やお年寄りに連絡用としてスマホを持たせる人も増えてきました。LINEだけでも、十分に連絡用スマホとして活用できます。

料金も月額500円で家計を圧迫しません。また家族の連絡だけであれば、音声通話がなくても生活には困ることもないでしょう。

スマホが初めての人

スマホが初めての人にLINEモバイルの500円プランはおすすめです。

「とりあえずスマホの操作に慣れたい」
「初めてなのでとりあえず安く利用したい」

特にスマホを初めて持つ子供にはぴったりのプラン。LINEができれば友達や家族と連絡ができるので、十分に満足をしてもらえるはずです。

2台目やサブ機として

メインのスマホは音声通話プランをがっつり使って、自宅では500円プランのサブ機を利用しているという人も増えてきました。

  • 自宅のタブレットにSIMを入れたい
  • 会社のスマホのサブ機が欲しい

500円プランであれば、お財布の負担にもならないので、気軽に利用することができます。主に連絡用として活用している人が多いようです。

500円プランの注意点を事前に把握しておく

「500円プランってお得だけど、なんだか不安」という人も多いはず。先ほど解説したデメリットに加え、以下の注意点4つを事前に把握しておいた方がいいでしょう。

  • 契約時のみ初期費用が発生する
  • 通話はLINEアプリで行う
  • SMSオプションは必要かどうか判断する
  • LINEモバイルの対応端末かどうか確認

これらを知っておくと、契約してから「やっぱ違うな…」というミスマッチをなくせます。

契約時のみ初期費用が発生する

「とにかく安さ重視で500円プランがいい!」という場合に注意して欲しいのが最初にかかる初期費用です。

LINEモバイルの契約には事務手数料とSIMカード発行手数料といった、初期費用が発生します。

  • 事務手数料:3,000円
  • SIMカード発行手数料:400円

タイミングによってはキャンペーンで事務手数料が割引になることもあるので、念の為確認しておきましょう。
→2019年9月時点では、2回線目以降の事務手数料が半額になるキャンペーンをやってます。



通話はLINEアプリで行う

デメリットの部分でも触れましたが、500円プランでは電話番号が与えられないので、LINEアプリでの通話になります。

ただ、LINEの通話なら通信量がカウントフリーなので、安心して長時間の通話もできますよね。ついつい話し込んじゃっても大丈夫です。

どうしても電話番号が必要だという人は、LINEモバイルの「コミュニケーションフリープラン」がおすすめです。>

>>コミュニケーションフリープランの詳細を見る

SMSオプションは必要かどうか判断する

SMSオプションとは、ショートメッセージを使う際に追加するオプションです。

月額料金に120円をプラスして利用できますが、ショートメッセージを使わないのであれば契約しないでOK。主に2段階認証を使う際に必要ですが、LINEはSMS認証なしで登録できますし(LINEモバイルの特権)、他の端末がSMS機能があれば代用可能です。

500円プランは安さが最大の魅力なので、120円でも毎月の負担が増えるのは出費が気になるので、なるべくなら外したいですね。

LINEモバイルの対応端末かどうか確認

LINEモバイルは基本的に国内の端末に対応しているのですが、一部非対応のものもあります。

もしかすると使おうと思っている端末が使えず、新たに買わなければいけないかもしれないので、念の為チェックしておきましょう。

端末を買う際には、家電量販店や通販、LINEモバイルのショップでも購入できます(SIMフリー端末を買いましょう)

大手キャリアから乗り換えると5000円以上も節約できる

現在大手キャリアでスマホを契約している人は、月のスマホ台が1万円近いという人もいるでしょう。ここでLINEモバイルの500円プランに乗り換えれば、スマホ台を5000円以上も節約することができます。1年で換算すると6万円以上もお得です。

また音声通話を使用したい人でも、LINEモバイルの音声通話プランを契約するのもいいでしょう。月額も1200円〜と非常にお得です。

それでは本記事を参考に、500円プランの契約を検討してみてくださいね。

「他の格安SIMも気になる!」という人は、下記記事にておすすめ格安SIMを比較して紹介しています。自分に合ったサービスを徹底的に調べて選びたい人は参考にしてみてください。

知らなきゃ損!機種変更手数料なしで人気のおすすめ格安SIMを使う方法

LINEモバイルのCM第三弾!本田翼のダンスが可愛いと話題

他のおすすめの格安SIM関連記事

【関連記事】ドコモから格安SIMへ乗り換え・MVNO時の8つの注意点

 

【関連記事】auから格安SIMへ乗り換え・MVNO時の7つの注意点

 

【関連記事】ソフトバンクから格安SIMへ乗り換え・MVNO時の7つの注意点

 

【関連記事】格安SIMでのLINE(ライン)の利用方法と引き継ぎ時の5つの注意点

 

【関連記事】格安SIMでiPhoneを運用するメリット・デメリットとは?

 

【関連記事】格安スマホ/SIMとは?誰でも簡単にわかる6つのポイント

 

【関連記事】データ通信専用の格安SIMで通話する2つの方法と注意点

 

【関連記事】格安SIMにおける通信速度とMVNOの比較

 

【関連記事】格安SIMの7つのメリット・デメリットと9つの注意点

 

【関連記事】格安SIM:格安SIMカードとは?初心者も安心の簡単選び方ガイド

 

【関連記事】格安SIM:LINEモバイルの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:NifMoの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:DMMモバイルの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:IIJmioの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:U-mobileの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:mineoの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:UQモバイルの評判と評価や他SIMとの比較


 










タグ: , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

特集

トップヘ戻る