Android Special Contents

スマホのコツ, 格安SIM

知らなきゃ損!機種変更手数料なしで人気のおすすめ格安SIMを使う方法

最近は流行りの格安SIM。正直、今の大手キャリアの通信費はとても高いので、格安SIMにしてない人は数千円単位で毎月どんどん損してます。

これだけのお金があれば、家族みんなで小旅行やディズニーランドとかにいけちゃいますね。

とはいえ、次の理由から格安SIMにしていない人も多いかと思います。

・格安SIMが多すぎてどう選べばいいのかわからない。
・格安SIMにする時に移行手数料がかかるのが嫌だ。

この記事では、この2つの悩みにお答えします!



SIMカードとは

サイズや種類がいっぱい!

知らなきゃ損!機種変更手数料なしで人気のおすすめ格安SIMを使う方法

SIMカードにはいくつかサイズがあります。現在主流なのは「nanoSIM」ですが、他にも「標準SIM」「microSIM」があります。

標準SIMから始まり、microSIM、nanoSIMと、徐々に小さなSIMカードに変わってきました。最近ではnanoSIMばかりですが、microSIMもまだまだ現役ですし、昔の機種には標準SIMも使われています。

機種変更の際には、このSIMカードを入れ替えるわけです。
 
一方でキャリアを変えたり、格安SIMに変えたり、SIMカードのサイズが異なるスマートフォンに機種変更したりすると、新しいSIMカードが発行されますので、そちらを使います。

ちなみに、SIMカードは各キャリアごとに呼び名が異なり、ドコモは「FOMAカード」または「ドコモUIMカード」、auでは「au ICカード」という風に呼ばれています。

今自分が使っているスマホのSIMカードの種類を確認しておくと良いでしょう。

SIMロック、SIMフリーって?

日本で発売されているスマホのほとんどはSIMロックがかかっており、発売されているキャリア以外のSIMが使えないようになっています。
ですが、SIMロックを解除する手続きを行うことで、他社のSIMカードを挿すことができるようになります。

例えばドコモのスマートフォンにソフトバンクのSIMカードを入れて、ソフトバンクの通信サービスを契約する、といったことも可能になる訳です。逆もありますし、機種によってはau回線に変えることもできます。この辺りは機種に依存します。「機種名 通信方式」などで検索すれば、その機種が使える回線がわかりますので、調べてみましょう。

一方で、最初からSIMロックがかかっておらず、自由に通信会社を選べる端末をSIMフリー機と呼びます。

SIMロックを解除したスマホ、もしくは最初からSIMフリーのスマホは、自由に通信会社を選べますので、格安SIMへの乗り換えも自由です。ただし、先ほど書いたように、スマホ自体が対応している通信方式の回線しか使えませんのでご注意ください。

また、実は同じキャリア内、同じ通信回線の場合にはSIMロックを解除しなくても構いません。解除せずにSIMを入れ替えて使うことができます。

例えばドコモのスマートフォンを「IIJmio(アイアイジェイ ミオ)」や「DMMモバイル」で使うとか、auのスマートフォンを「UQモバイル」で使う場合などにはSIMロックを解除しなくても大丈夫です! 「mineo(マイネオ)」のようにドコモ、au、ソフトバンク、3種類の回線でサービスを提供している事業者の場合は、自分が使ってきたキャリアと同じ回線の料金プランに入ればOKです!

SIMロック解除ならびに他社製品の携帯電話などのご利用 | お客様サポート | NTTドコモ
SIMロック解除ならびに他社製品でのご利用:サポート | ソフトバンクモバイル

SIMアダプターなるものも

知らなきゃ損!機種変更手数料なしで人気のおすすめ格安SIMを使う方法

SIMカードのサイズは異なっても、肝心のICチップの部分は同じサイズだったりします。
そのためmicoSIMにアダプターを装着することで、標準SIMとして利用することができます。
nanoSIMの場合はもっと便利です。microSIMアダプターを使えばmicroSIM対応スマートフォンに、標準SIMアダプターを使えば、標準SIM対応スマートフォンに入れることができます。

例えば、「普段使っているnanoSIMのスマホの電池が切れてしまったため、以前使っていたmicroSIMのスマホに挿して使う」なんてことも、アダプターを使えば手軽にできます。普段使っているスマホが壊れた時にも重宝します。手元に残しておいた古いスマートフォンの対応SIMカードのサイズが違っても、アダプターを使って入れ替えれば、とりあえず古いスマホでしのげます。

友だちから端末を譲り受けた時などにも活躍します。

面倒なSIMロック解除をせずに格安SIMに変えて節約!

先ほど書いたように、同じ回線であればSIMロック解除をしなくても通信サービスを変えられます!

SIMロック解除の手続きは面倒ですし、格安SIMのサービスも数多くありますので、その方が手軽です!

ドコモやau、ソフトバンクといった通信キャリアでは、毎月6,000円前後、もしくはそれ以上の通信費が掛かっている方が多いと思いますが、「格安SIM」に変えると、月々1,500円前後、場合によっては数百円で済みます! 家族複数人で変えたら、毎月1万、2万の節約になり得る訳です!

実際に、ドコモ、au、ソフトバンクからSIMロック解除せずに移行できるオススメの格安SIMサービスをご紹介します!

ドコモからSIMロック解除せずに移れる格安SIM

ドコモ回線を使った「格安SIM」のサービス事業者は一番多いので選択肢も豊富ですが、逆に迷うと思います。そこで、筆者が実際に使ったことがあるサービスから3つご紹介します!

<IIJmio>
IIJmioは老舗サービスの一つで、2019年3月現在では市場シェアトップです。ドコモ回線に加えてau回線のサービスも提供中なので、auからの乗り換えも可能です。ドコモ回線の料金プランは「タイプD」、auだと「タイプA」です。

回線品質、通信速度も速く、安定しています。

データ専用SIMは月々3GBで月額900円から、SMS付きで月額1,040円から、音声通話付きだと月額1,600円から。結構キャンペーンが行われていて、音声通話対応SIMについては、一定期間割り引かれることが多いです。今だと2019年5月8日までのキャンペーンで、一定期間月額300円で使えます。

<DMMモバイル>
DMMモバイルは「DMM.com」でお馴染みのDMMのサービスで、スタート当初から「業界最安値」を売りにサービス展開してきましたので、今でも本当に安いです。データ通信SIMプランは、なんと月額440円からです。音声通話対応でも月額1,140円からです。

私自身、DMMモバイルは継続加入していますが、速度も通信品質も安定しています。特典としてDMMポイント還元などもあるので、DMM GAMESのゲームなど、DMMのサービスを普段から利用している方には特にオススメです!

<LINEモバイル>
LINEモバイルは「LINE」や「Facebook」「Twitter」などの指定サービスのデータ通信が使い放題という料金プランが魅力です。「LINEアプリ」の通話・トークが使い放題の「LINEフリー」プランは月額500円からです。

また、最初はドコモ回線だけでしたが、ソフトバンクが資本参加してからはソフトバンク回線の料金プランも提供開始となり、現在はドコモとソフトバンクを選べるようになっています。

<U-mobile>
U-mobileの最大の特徴は、データ通信量を気にせずに使える「LTE使い放題」プランです。毎月大量のデータ通信を行う可能性がある場合にはオススメです!

一方で、出来るだけ安くしたい場合には3GBのプランが音声通話対応で月額1,580円、データ通信専用だと1GBプランが月額790円です。最安ではないものの、十分安価です。

また、ドコモ回線に加えて、ソフトバンク回線も選べます。

auからSIMロック解除せずに移れる格安SIM

auからSIMロック解除無しで移ることが出来るオススメサービスは誰に聞いても結構同じだと思います。それくらい定番サービスが決まっています。KDDIグループのUQコミュニケーションズが提供する「UQモバイル」、同じくKDDIグループの「BIGLOBE」、そして「mineo」でしょうか。先ほど紹介したIIJmioもオススメですよ!

<UQモバイル>
UQモバイルといえば、深田恭子さん、多部未華子さん、永野芽郁さんら「UQ三姉妹」のテレビCMをご覧になった方も多いと思いますし、認知度は急上昇中です。UQモバイルの回線品質はお世辞抜きで非常に優れています。特に通信が混雑する時間帯でも通信速度が十分速いことが魅力的です。

料金プランはデータ高速プランが月額980円、音声通話対応にすると月額1,680円ですが、UQモバイルのオススメはスマートフォンを同時購入する場合のスマホ代込みの「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」です。月額1,480円からと、かなりお得です!

<BIGLOBEモバイル>
BIGLOBEもKDDIグループの企業ですが、それ以前から「格安SIM」サービスを手掛けていましたので、au回線だけでなくドコモ回線も選べます。そのため、ドコモからの乗り換えも大丈夫です。

1GBの超安価なデータ通信専用SIMはないですが、音声通話対応SIM(データ通信は1GB)は月額1,400円と安価です。通信品質も良好ですし、BIGLOBEモバイルもオススメの一つです!

<mineo>
mineoはドコモ、au、ソフトバンクと、3キャリアの回線を選べる貴重な事業者です。そしてmineoの大きな魅力は、便利で画期的なサービスを次々と考案する柔軟さです。

他のユーザーの余ったデータ量を共有できる「フリータンク」制度(無料)、データ量を他のユーザーにあげられる「パケットギフト」(無料)、繰り越したデータ量をグループ内で共有できる「パケットシェア」などの付加サービスがとても魅力的です!

基本料金プランでは、データ量が500MBのプランから用意されています。普通は1GBからですので、ほとんどデータ通信をしない人にはありがたいですね!

ソフトバンクからSIMロック解除せずに移れる格安SIM

ソフトバンクから移行できるオススメサービスは、ソフトバンクグループの「Y!mobile(ワイモバイル)」、「LINEモバイル」、そして先ほどドコモで紹介した「U-mobile」でしょう。

<Y!mobile>
Y!mobileは自前の通信インフラがあるので厳密には「格安SIM」事業者というわけではありませんが、実際には格安SIMサービスも提供ていしますので、いきなり全く知らないサービス事業者に移るよりは同じソフトバンクグループの方が安心、という場合にオススメです。しかもY!mobileの場合は実店舗も多いですから相談もしやすいと思います。

通常料金は「スマホプランS」が月額2,980円と、他社と比べて高いですが、2019年3月現在ですと、1年間は「ワンキュッパ割」で1,000円引きですし、SIMの単体契約の場合は特別割引で400円引きなので、最初の1年間は月額1,580円からとなります。時期が違っても結構キャンペーンが行われていますので、似たような安価でのスタートが可能だと思います。

また、国内通話が1回あたり10分以内なら何回でも掛け放題というのも魅力です。他社では大体有料オプションなので、このことを考えるとかなり安価です。

<LINEモバイル>
LINEモバイルは「LINE」や「Facebook」「Twitter」などの指定サービスのデータ通信が使い放題という料金プランが魅力です。「LINEアプリ」の通話・トークが使い放題の「LINEフリー」プランは月額500円からです。

また、最初はドコモ回線だけでしたが、ソフトバンクが資本参加してからはソフトバンク回線の料金プランも提供開始となり、現在はドコモとソフトバンクを選べるようになっています。

SIMロックが解除された端末は、格安SIMで利用することができ、使い方や用途によって通信費を大幅に節約することができます。

なお、SIMロックが解除されたスマホが盗難にあった場合、盗んだ人が自分のSIMを挿して使うことができてしまいます。
Androidでは設定の「セキュリティ」からSIMカードのロック(SIM変更時にパスワードによる認証)がかけられるので、普段SIMを入れ替えることの無い方はロックをかけておきましょう!

格安SIM主要16社を比較!後悔しないためのデメリットまとめ.png

ここまでは、格安SIMのメリットを強調してきましたが、ここからはあえてデメリットも書いて行きたいと思います。乗り換え後に後悔しないためにもこの機会にデメリットについて確認しておきましょう。
また、後半では人気格安SIM16社の基本情報と料金プランのまとめ、そして各種比較表を掲載していますので是非チェックしてみてくださいね♪

 
 

■格安SIMのデメリットを確認しよう!

通信速度が遅くなりやすい

格安SIMは大手通信キャリアから回線を借りて携帯電話サービスを行っている企業、いわゆる『MVNO』が提供していますが、回線を借りることで通信エリアや品質は大手通信キャリアと変わらず、経費も抑えることができます。
しかし、借りている回線の容量は決まっています。MVNOでは【回線の容量(太さ)】と【契約者数】のバランスを調整して定期的に回線の増強を行っていますが、スマホを利用する人が増えるランチタイムなどの時間帯は他の時間と比べて混み合ってしまうのです。混み合うということはつながりにくくなる=通信が遅くなってしまうということです。

格安SIMのつながりやすさ・混み合いについて.png

混み合う時間に合わせた回線の容量を借りるとなると、借りる回線にかかる費用と契約者が支払う使用料金が釣り合わなくなってしまうため、現在のところ解消は難しい状況です。この一時的な混雑はデメリットの一つと言えるでしょう。

 

家族間通話が有料になる

大手通信キャリアの場合、家族間の通話とSMSは無料になりますが、格安SIMの場合は現在のところそのようなサービスは存在しません。家族相手への電話も他の人への通話と同じように20円/30秒が発生してしまいますので、電話をする機会が多いという方はLINEの無料通話やかけ放題サービスを利用するなどの工夫が必要になります。

格安SIMの家族間通話は有料?.png

 

通話料が高い

大手通信キャリアの基本料金にはデータ通信量だけでなく電話の基本料金も含まれていますが、格安SIMの基本料金には電話の基本料金が含まれないことで低料金に抑えられている部分もあります。

キャリアと格安SIMの基本料金の仕組み.png

通話料金自体は20円/30秒と大手通信キャリアと同じのところがほとんどなのですが、格安SIMではかけた分だけ料金が追加されてしまうため、たくさん通話をしてしまうと料金が高くなってしまうのです。時間無制限のかけ放題サービスを提供する格安SIMも現状少ないため、090/080の携帯番号を利用した長時間電話が多いという方はかけ放題用のキャリア契約を一つ残すというのもおすすめです。
格安SIMではこの対策として、独自で提供する電話専用アプリからの発信分を半額にするなどのサービスを提供しているところもあります。

 

キャリアメールが使えない

格安SIMへ乗り換えると~@docomo.ne.jp、~@ezweb.ne.jp、~@softbank.ne.jpといったキャリアメールがもちろん使えなくなりますので、Gメールなどのフリーメールを準備し移行する必要があります。また、その場合の注意点として、キャリアメール以外からのメールを受信しない設定にしている方もいますので、メールアドレス変更の連絡時にはご注意ください。

 

キャリアサービスが使えない

キャリア契約をしていると自然とポイントが大きくたまっていたり、ウェブ上の有料コンテンツの支払いを携帯料金と一緒に支払いできたり、そしてキャリア独自のコンテンツ(例えばauであればauスマートパスなど)を有効活用しているという方もいらっしゃると思いますが、そのような何気ない便利なサービスが利用できなくなることもチェックしておきましょう。

格安SIMではキャリア決済ができない.png

 

テザリングが使えない場合がある

テザリングはスマホ本体をWi-FiルーターのようにしてWi-Fiを飛ばすことができる機能ですが、この機能は端末と格安SIMの相性によって使えるかどうかが変わってきます。格安SIMの公式ページの“動作確認済みページ”にて確認できると安心です。

 

GPSが使えない場合がある

GPSは現在のところ、キャリア契約の方が高精度のようです。端末と格安SIMの相性、そして低価格すぎるスマートフォンを選んでしまった場合は精度が悪くなってしまう可能性があるので、地図アプリやナビ機能を利用したい方は事前にMVNOへの確認や実際に利用している方のレビューをチェックしてみることをおすすめします!

格安SIM_GPSの確認をしよう.png

 

緊急地震速報(Jアラート)に対応していない場合がある

キャリア契約の場合は全端末に速報が届きますが、格安SIMの場合は相性によっては届かない場合もあるようですので、事前に格安SIMの「よくある質問」コーナーで確認してみましょう。また、対応していないかもしれない場合には『Yahoo!災害速報』と言った速報アプリをダウンロードしておけると安心です。

格安SIM_地震速報アプリをダウンロードしておこう.png

 

緊急通報(110番・119番)は『音声通話SIM』のみ対応!

格安SIMには『データSIM』『SMS機能付きSIM』『音声通話SIM』の3種類がありますが、この中でも090/080の携帯番号で通話ができるのは『音声通話SIM』のみです。

格安SIM_SIMの種類.png

格安SIMでは電話専用アプリやIP電話サービスなども提供していますが、緊急通報ができるのは携帯番号を利用した発信のみとなりますので、万が一に備えたい場合は『音声通話SIM』を選ぶ必要があります。

 

LINEでID検索ができない

LINEでのID検索・電話番号検索には年齢認証が必要になるため、LINEモバイル以外での格安SIMではその2つの方法で友だち追加ができません。友だち追加には他にも招待機能やQRコードなどがありますので、そちらを利用していく必要があります。

LINEモバイル公式サイトをみてみる↓

 

iPhoneのOSアップデートには注意が必要

Androidの場合は問題ありませんが、iPhoneの場合は格安SIMが新しいiOSに対応したことを公表する前にアップデートしてしまうとiPhoneが使えなくなってしまう恐れがあります。iPhoneをお使いの方はその点を頭の片隅に入れておきましょう。

 

クレジットカードが必要な場合が多い

格安SIMの支払い方法は主にクレジットカード払いとなっていて、クレジットカードを持っていないと契約ができないというところもあります。クレジットカード以外の支払いを希望の方は、後半で紹介している『格安SIM支払い方法一覧表』をチェックしてみてくださいね!

格安SIMの主な支払い方法はクレジットカード払い.png

 

端末割引が受けられない

キャリアで端末を購入する場合は、①貯まったポイントでの割引②キャンペーンやクーポンでの割引③月々の割引サポート…といった様々な割引から、端末代金を0円に近づけるということも不可能ではありません。しかし格安SIMの場合はキャンペーン以外の割引が少ないため、数万円を一括で支払うことになったり、分割の場合は手数料が発生してしまったりということもあり得ます。もちろん月々の料金と比較しても格安SIMの方が安くなる可能性は高いのですが、高額なハイスペックスマートフォンを利用していきたい場合にはキャリア契約の方が向いている場合もあります。

 

MVNOで販売しているスマートフォンの多くはハイスペックとは言えない

キャリアで販売されているスマートフォンは、カメラの性能が良かったり音質が良かったりと、ワクワクさせてくれる新しい最新技術が詰め込まれているため、高価になりがちです。一方MVNOで販売されているスマートフォンは、普段使いに合わせた性能にとどめていることから低価格となっています。格安SIMへ移行してもハイスペックにこだわる場合は、MVNO以外のところで購入する必要が出てくる場合があります。

格安スマホは性能が低い?.png

 

機種選びや格安SIMの相性確認が初心者には難しい

どのスマホが自分に合っているかわからない場合、携帯ショップであればスタッフが端末をピックアップして紹介をしてくれます。しかし、格安SIMで運用していく場合には0から自分で端末を選ばなければなりませんし、その端末が契約したい格安SIMで使えるかどうかも自分で確認しなければならないため、初心者の方には難しい傾向があります。

自分に合うのはどっち?キャリア契約と格安SIM.png

 

申し込みから初期設定まで自分で行う必要がある

利用する端末と料金プランが決まれば、格安SIMの申し込みです。申し込みの際に気を付けたいのは『SIMカードのサイズ』になります!サイズは『標準SIM』『microSIM』『nanoSIM』の3種類の中から利用する端末に合ったサイズを選ばなければなりません。サイズを間違えると交換になり、2,000円ほどの料金が発生する他、交換中は利用できなくなってしまうこともありますのでしっかり確認をしましょう!

格安SIMのサイズ.png

 

即日MNPに対応していないと使えない期間が発生する

格安SIMの中には『回線切り替えをしてから発送する』タイプがあり、このタイプは届いたSIMを差し込むだけで利用できるメリットがあります。しかしこの場合は、回線を切り替えた時点から届くまでの間、手元にあるスマホが使えなくなってしまうのです。その使えない期間が発生しないタイプが、電話やインターネットで回線切り替え手続きを自分で行える『即日MNP』に対応したSIMになります!後半の格安SIM紹介では即日MNPに対応か非対応かを掲載していますので、ぜひチェックしてみてください。

 

店頭サービスが受けにくい~故障・不具合時の対応について

キャリア契約の場合は、不具合や故障が起こった場合すぐに店舗へ駈け込むことができ、修理になったとしてもその場で代替機を用意してくれます。しかし格安SIMの場合は店舗がキャリア程多くないため、壊れた端末を発送し、代替機は2~3日後に届く…という流れになるのです。その対策として、中古でもう一台端末を用意しておくなどの工夫があると安心です。

 
 

■格安SIMとキャリアの比較表

格安SIMとキャリアの特徴を把握して、自分に合う運用はどちらかをしっかり見極めましょう!

格安SIM 大手通信キャリア
企業 2016年12月時点で
660社以上!
ドコモ・au・ソフトバンクの
3社
月額料金 安い
数百円から契約可能!
高い
平均7,000円強と言われている
通話料金 20円/30秒
専用電話アプリから発信は10円/30秒
かけ放題プランなら無料
または20円/30秒
料金プラン 各社工夫を凝らしたプランを
提供しているため
より自分にぴったりのプランを選べる
電話の基本料金が必ず発生
選択肢が限られている
通信速度 混雑時は遅くなりやすい 安定している
縛り 半年~1年以降は
契約解除料が発生しない
2年ごとの自動更新
対象期間以外は契約解除料が発生
サポート 実店舗を持つ格安SIMは少ないため
チャットやメールでのやりとりになる
店舗へ駈け込める
故障時 実店舗が少ないため主に発送
代替機が届くのは2~3日後
店舗ですぐに代替機を用意してもらえる
LINE LINEモバイル以外
ID検索・電話番号検索ができない
LINEの全機能を使える
支払い方法 主にクレジットカード支払い クレジットカードがなくても
口座振替に対応
端末 ドコモ【SIMと端末は別々のイメージ】
昔使っていた端末や中古なども利用でき
節約が可能
MVNOで販売している端末は
低価格に抑えられた端末も多数
【SIMと端末が常にセット】
高額なハイスペックスマートフォンも
毎月の割引サポートで
お得に購入できる
セキュリティ対策 格安SIMで提供していない場合は
独自でアプリを入れる必要がある
店頭で加入できる
申し込み~手続き 端末と格安SIMの相性の確認、
申し込み、初期設定など
全て自分で行う必要がある
基本的にショップスタッフが
やってくれる
機種変更 MVNO・中古・公式サイトなど
選べる幅が広いが
格安SIMとの相性を確認する必要がある
ショップで購入できる
緊急通報 090/080の携帯番号からの発信が
必要なため
データSIMでは利用できない
利用可能
地震速報
(Jアラート)
端末と格安SIMの相性によるため
Yahoo!災害速報などの
アプリを入れておけると安心
利用可能
おサイフケータイ
ワンセグ
基本的には
端末が対応していれば利用可能
端末が対応していれば利用可能
テザリング 端末と格安SIMの相性による 端末が対応していれば利用可能
GPS 端末と格安SIMの相性による
キャリアよりは精度が悪い
利用可能

 
 

■格安SIMはこんな人におすすめ!

  • とにかく料金を抑えたい人
  • Wi-Fi環境が整っている人(データ通信量を抑えられるため)
  • メールよりLINE派の人(キャリアメールが使えなくなるため)
  • 電話をあまりかけない人(格安SIMには時間無制限のかけ放題サービスが少ない)
  • 契約も設定もすべて自分でやる!という覚悟のある人
  • 余っているスマホやタブレットを有効活用したい人

格安SIMの特徴を理解して運用ができれば、通信費をかなり節約することができます!引き続き下記の各種比較表を確認し、自分に合った格安SIMを選択していきましょう!

 
 

■格安SIM簡易比較一覧表

人気格安SIM16社の特徴についてシンプルにまとめました!

利用回線 特徴
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
LINEをはじめとするSNSが使い放題の「カウントフリー」が最大の特徴
DMMモバイル ドコモ 「高速/低速切り替え」「バースト機能」の2つが揃った業界の中でも最安に近い料金プランの提供
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
mineoユーザー全員のデータ量貯蔵庫「フリータンク」でのデータ容量共有
IIJmio ドコモ
au
家族とのデータのシェア、家族間通話がお得という家族契約がおすすめの格安SIM
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
LTE通信し放題で2,980円・U-NEXTで使えるポイントが毎月もらえる・82,000か所の無料Wi-Fiスポットが利用可能
UQモバイル au スマホとSIMのセット購入がお得!2回線目以降500円/台割引!
NifMo
(ニフモ)
ドコモ データをシェアしたい回線のみシェア可能、家族で利用すると毎月データ容量がもらえる
楽天モバイル ドコモ 「楽天でんわアプリ」からの発信に限り、格安SIMでは少ない“時間無制限”のかけ放題オプションがある
BIGLOBE SIM ドコモ
au
au
YouTubeなどの特定のアプリが通信し放題の「エンタメフリー・オプション」が特徴
イオンモバイル ドコモ 全国のイオンでサポートしてもらえるという安心感
エキサイト
モバイル
ドコモ 使った分だけ支払う仕組みの『最適料金プラン』が特徴
OCNモバイルONE ドコモ “一日に使えるデータ量”で料金プランを展開する格安SIM。87,000か所の無料Wi-Fiスポットが利用可能
DTI SIM ドコモ YouTubeとTwitter使い放題の「DTI見放題SIM」、「20’s SIM 音声プラン」
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
最大15GBの5段階のうち、使った分だけ支払うというシンプルな料金プラン
TONEモバイル ドコモ 速度500~600kbpsのデータ通信無制限のプランが基本のSIM+端末セットのみ提供
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
10分かけ放題を含んだ料金プラン&+1000円の『スーパーだれとでも定額』へ加入で時間無制限のかけ放題

 
 

■人気格安SIM16社の料金プラン比較!

①LINEモバイル

LINEモバイル.png

今ではメールよりも身近なコミュニケーションツールの一つとなっている『LINE』。そのLINEの子会社が運営するLINEモバイルは、LINEなどの人気SNSの利用で発生する通信量をデータ量から消費しないという、いわゆるSNS使い放題の「カウントフリー」を採用した料金プランが特長です!たとえデータ量を使い切ったとしても、SNSの利用に対しては速度制限がかからないというのも嬉しい仕組みです♪

利用回線 ドコモ
ソフトバンク
初期費用 3,400円(税抜)
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
あり
無料
Wi-Fiスポット
200円/月の有料のみ データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
880円(10分以内)
(「いつでも電話」使用時)
高速/低速
切り替え
なし バースト機能 なし
支払い方法 クレジットカード
LINE Pay
LINE Payカード
端末保証 端末保証450円
持込端末保証500円

 

LINEモバイル公式サイトをみてみる↓

 

データ通信専用SIM
  容量と月額料金 カウントフリー
LINEフリープラン 1GB…500円 LINE

 

SMS機能付きSIM
  容量と月額料金 カウントフリー
LINEフリープラン 1GB…620円 LINE
コミュニケーション
フリープラン
3GB…1,110円
5GB…1,640円
7GB…2,300円
10GB…2,640円
LINE・Twitter・Facebook・Instagram
MUSIC+プラン 3GB…1,810円
5GB…2,140円
7GB…2,700円
10GB…2,940円
(LINE MUSIC+750円)
LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC

 

音声通話SIM
  容量と月額料金 カウントフリー
LINEフリープラン 1GB…1,200円 LINE
コミュニケーション
フリープラン
3GB…1,690円
5GB…2,220円
7GB…2,880円
10GB…3,220円
LINE・Twitter・Facebook・Instagram
MUSIC+プラン 3GB…2,390円
5GB…2,720円
7GB…3,280円
10GB…3,520円
(LINE MUSIC+750円)
LINE・Twitter・Facebook・Instagram・LINE MUSIC

 

LINEモバイル公式サイトをみてみる↓

 
 

②DMMモバイル

DMMモバイル.png

DMMモバイルはDMM.comが提供する格安SIMです。DMMモバイルの特徴は、200kbpsという低速にはなりますがデータ使用量無制限の『ライトプラン』(ただし3日間の通信が366MBを超えた場合はさらに速度制限される場合があります)、そして高速/低速の切り替え機能とバースト機能の存在です。通信費・データ量を節約したい方にはDMMモバイルをおすすめします!

利用回線 ドコモ 初期費用 3,000円
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
あり
無料
Wi-Fiスポット
362円/月の有料のみ データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題オプション 850円(10分以内)
※「DMMトーク」使用時
高速/低速
切り替え
あり バースト機能 あり
支払い方法 クレジットカード 端末保証 端末保証350円
持込端末保証500円

 

DMMモバイル公式サイトをみてみる↓

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM
  容量と月額料金
シングルコース
(+150円でSMS機能追加可能!)
無制限(200kbps)…440円
1GB…480円
2GB…770円
3GB…850円
5GB…1,210円
7GB…1,860円
8GB…1,980円
10GB…2,190円
15GB…3,280円
20GB…3,980円

 

音声通話SIM
  容量と月額料金
シングルコース 無制限(200kbps)…1,140円
1GB…1,260円
2GB…1,380円
3GB…1,500円
5GB…1,910円
7GB…2,560円
8GB…2,680円
10GB…2,890円
15GB…3,980円
20GB…4,680円

 

DMMモバイル公式サイトをみてみる↓

 
 

③mineo(マイネオ)

mineo.png

mineoはドコモ・au・ソフトバンクとそれぞれの回線を利用した料金プランを提供する格安SIMです。データ量は500MB~30GBと幅広く、電話のオプションには10分かけ放題の他に『通話定額30/通話定額60』といった最大30分/60分通話ができるプランも存在します。また、「フリータンク」というmineoユーザー全員のデータ量貯蔵庫では、余った月にはみんなのために貯蔵、逆に足りない月には毎月21日~末の間に最大2回、合計1GBをもらうことができるという助け合いができるのも特徴です!

利用回線 ドコモ
au
ソフトバンク
初期費用 3,000円
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
あり
無料Wi-Fiスポット 税抜362円の有料のみ データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
850円(10分以内)
※「mineoでんわ」使用時
高速/低速
切り替え
あり バースト機能 なし
支払い方法 クレジットカード 端末保証 端末保証370円
持込端末保証500円

※eo光ネットを利用中で預金口座振替のお支払い方法を選択している場合は同様の支払い方法が選択可能
 

mineo公式サイトをみてみる↓

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM
  プランD(ドコモ回線)
+120円でSMS機能追加可能!
プランA(au回線)
無料でSMS機能追加可能!
プランS(ソフトバンク回線)
+180円でSMS機能追加可能!
シングルタイプ 500MB…700円
3GB…900円
6GB…1,580円
10GB…2,520円
20GB…3,980円
30GB…5,900円
500MB…700円
3GB…900円
6GB…1,580円
10GB…2,520円
20GB…3,980円
30GB…5,900円
500MB…790円
3GB…990円
6GB…1,670円
10GB…2,610円
20GB…4,070円
30GB…5,990円

 

音声通話SIM
  プランD(ドコモ回線) プランA(au回線) プランS(ソフトバンク回線)
シングルタイプ 500MB…1,400円
3GB…1,600円
6GB…2,280円
10GB…3,220円
20GB…4,680円
30GB…6,600円
500MB…1,310円
3GB…1,510円
6GB…2,190円
10GB…3,130円
20GB…4,590円
30GB…6,510円
500MB…1,750円
3GB…1,950円
6GB…2,630円
10GB…3,570円
20GB…5,030円
30GB…6,950円

 

mineo公式サイトをみてみる↓

 
 

④IIJmio

IIJmio.png

IIJmio(アイアイジェイミオ)もドコモとauそれぞれの回線を利用した料金プランを提供する格安SIMです。データ量は3種類とシンプルながら、20GB・30GBという大容量オプションを追加することもでき、さらに家族でデータ量を分け合うこともできるため様々な使い方に応用が利くのが特長です。かけ放題オプションも家族同士の通話時間は長く設定してくれているなど、家族での利用がお得な格安SIMです!

利用回線 ドコモ
au
初期費用 3,000円
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
あり
無料
Wi-Fiスポット
なし データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
600円(3分以内・家族は10分以内)
830円(10分以内・家族は30分以内)
※「みおふぉんダイヤル」使用時
高速/低速
切り替え
あり バースト機能 あり
支払い方法 クレジットカード 端末保証 端末保証380円~
持込端末保証500円

 

IIJmio公式サイトをみてみる↓

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM
  タイプD(ドコモ回線)
+140円でSMS機能追加可能!
タイプA(au回線)
SMS機能付きのみ!
ミニマム
スタートプラン
(3GB)
データSIM:900円
SMS機能付きSIM:1,040円
データSIM:なし
SMS機能付きSIM:900円
ライト
スタートプラン
(6GB)
データSIM:1,520円
SMS機能付きSIM:1,640円
データSIM:なし
SMS機能付きSIM:1,520円
ファミリー
シェアプラン
(10GB)
データSIM:2,560円
SMS機能付きSIM:2,700円
データSIM:なし
SMS機能付きSIM:2,560円
データ追加
オプション
20GB…+3,100円
30GB…+5,000円
20GB…+3,100円
30GB…+5,000円

 

音声通話SIM
  タイプD(ドコモ回線) タイプA(au回線)
ミニマム
スタートプラン
(3GB)
1,600円 1,600円
ライト
スタートプラン
(6GB)
2,220円 2,220円
ファミリー
シェアプラン
(10GB)
3,260円 3,260円
データ追加
オプション
20GB…+3,100円
30GB…+5,000円
20GB…+3,100円
30GB…+5,000円

 

IIJmio公式サイトをみてみる↓

 
 

⑤U-mobile

U-mobile.png

U-mobileは映像サービス『U-NEXT』が運営するドコモ・ソフトバンク・ワイモバイル回線を利用した格安SIMです。毎月U-NEXTで使えるポイントが付くこと、全国82,000か所のWi-Fiスポットが無料で使えること、そしてなんといっても2,980円という低価格で“LTE使い放題”のプランを利用できてしまうというお得感が満載で、他にもiPhone向けプラン、音楽聴き放題アプリ付プランなど、オリジナルなプランが豊富なU-mobileは様々な方にフィットする格安SIMとなっています!

利用回線 ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
初期費用 3,000円~3,394円
(プランにより異なる)
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
なし
無料
Wi-Fiスポット
あり データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
プランによって異なる
高速/低速
切り替え
なし バースト機能 あり
支払い方法 クレジットカード 端末保証 端末保証500円

 

U-mobile公式サイトをみてみる↓

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM
  利用回線
容量と月額料金
U-mobile MAX
25GB
ドコモ 25GB:2,380円
+150円でSMS機能追加可能
U-mobile S ソフトバンク 1GB:880円
3GB:1,580円
7GB:2,980円
30GB:4,980円
U-mobile ドコモ 1GB:790円
5GB:1,480円
ダブルフィックス(〜3GB):680円~900円
LTE使い放題:2,480円

 

音声通話SIM
利用回線 容量と月額料金 かけ放題オプション
U-mobile MAX
25GB
ドコモ 25GB:2,880円 500円(3分以内)
※「U-CALL MAX」使用時
U-mobile SUPER ワイモバイル 2GB:2,980円
6GB:3,980円
プラン自体に10分以内のかけ放題付!
U-mobile ドコモ 3GB:1,580円
5GB:1,980円
ダブルフィックス(〜3GB):1,480円~1,780円
LTE使い放題:2,980円
LTE使い放題2:2,730円
USEN MUSIC SIM:2,980円
U-mobile for iPhone:2,980円
なし

※LTE使い放題とLTE使い放題2の違いは『最低利用期間』となります。

U-mobile公式サイトをみてみる↓

 
 

⑥UQモバイル

UQモバイル.png

UQモバイルは、【SIM単体購入向けのプラン】と【スマホセット購入向けのプラン】を提供するau回線の格安SIMです。中でも【スマホセット購入向けプラン】は端末価格が大幅にお得になるため、端末購入も考えている方におすすめです。さらに、2回線目以降はずっと500円割引されることや、子供向けのセキュリティ対策もしっかりしていることから、家族での利用にもとてもおすすめです!
“ぴったりプラン”と“おしゃべりプラン”、自分に合った通話プランが選べるのも嬉しいですね★

利用回線 au 初期費用 3,000円
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
あり
無料
Wi-Fiスポット
なし データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
「おしゃべりプラン」選択で
5分以内かけ放題
高速/低速切り替え あり バースト機能 なし
支払い方法 クレジットカード
口座振替
端末保証 端末保証380円
持込端末保証500円
AppleCare+ for iPhone 534円
(24回払い総額12,800円)

 

UQモバイル公式サイトをみてみる↓

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM

【SIMのみ購入の方向け】

  データ容量と月額料金
データ高速プラン 3GB
980円(SMS機能付き!)
データ無制限プラン 無制限(500kbps)
1,980円(SMS機能付き!)

 

音声通話SIM

【SIMのみ購入の方向け】

  データ容量と月額料金 通話
データ高速
+音声通話プラン
3GB
1,980円
無料通話なし
データ無制限
+音声通話プラン
無制限(500kbps)
2,680円
無料通話なし

 

【スマホ・SIMをセットで購入の方向け】

  利用期間 データ容量と月額料金 【ぴったりプラン】 【おしゃべりプラン】
プランS <~13か月> 3GB:1,980円 60分 5分以内かけ放題
<14~25か月> 3GB:2,980円 60分
<26カ月以上> 2GB:2,980円 30分
プランM <~13か月> 9GB:2,980円 120分
<14~25か月> 9GB:3,980円 120分
<26カ月以上> 6GB:3,980円 60分
プランL <~13か月> 21GB:4,980円 180分
<14~25か月> 21GB:5,980円 180分
<26カ月以上> 14GB:5,980円 90分

 

UQモバイル公式サイトをみてみる↓

 
 

⑦NifMo(ニフモ)

NifMo.png

NifMoは、よりシンプルな料金プラン設定と、家族で利用することでたくさんのお得が生まれる格安SIMです!2回線以上の契約で回線数(最大7回線)×0.5GBのデータ通信量を毎月もらえること、データをシェアしたい回線のみでシェアできることなど、オリジナルな家族特典を用意しています!他にも『NifMoバリュープログラム』というサービスを通してネットショッピングを利用することでNifMo料金を割引できる仕組みを活用し、月々の料金を抑えられるというのも特徴です。

利用回線 ドコモ 初期費用 3,000円
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
あり
無料
Wi-Fiスポット
あり データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
830円(10分以内)
※「NifMo半額ダイヤル」使用時
高速/低速
切り替え
なし バースト機能 通信速度が制限
された場合のみ
支払い方法 クレジットカード 端末保証 端末保証380円
持込端末保証380円

 

NifMo公式サイトをみてみる↓

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM
  データ専用SIMカード SMS対応SIMカード
3GB 900円 1,050円
7GB 1,600円 1,750円
13GB 2,800円 2,950円

 

音声通話SIM
  音声通話対応SIMカード
3GB 1,600円
7GB 2,300円
13GB 3,500円

 

NifMo公式サイトをみてみる↓

 
 

⑧楽天モバイル

楽天モバイル.png

楽天モバイルは100円の利用につき1楽天ポイントが貯まり、そしてその貯まったポイントを月々の支払いや端末購入に充てることができるという楽天らしいポイント制度が特長です。支払い方法でデビットカード、口座振替が選択できるというのも嬉しいポイントです!

利用回線 ドコモ
au
初期費用 3,394円
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
あり
無料
Wi-Fiスポット
なし データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
850円(10分以内)
※「楽天でんわアプリ」使用時
高速/低速
切り替え
あり バースト機能 あり
(通信開始時の75KB分)
支払い方法 クレジットカード
デビットカード
口座振替
端末保証 端末保証500円
持込端末保証500円

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM

【組み合わせプラン】

データSIM
※ドコモ回線のみ
050データSIM
(SMSあり)
ベーシックプラン 525円 645円
3.1GB 900円 1,020円
5GB 1,450円 1,570円
10GB 2,260円 2,380円
20GB 4,050円 4,170円
30GB 5,450円 5,520円

 

音声通話SIM

【スーパーホーダイ】

  利用期間 データ容量と月額料金  
プランS <~13か月> 3GB:1,980円 10分以内かけ放題
<14~25か月> 3GB:2,980円
<26カ月以上> 2GB:2,980円
プランM <~13か月> 9GB:2,980円
<14~25か月> 9GB:3,980円
<26カ月以上> 6GB:3,980円
プランL <~13か月> 21GB:4,980円
<14~25か月> 21GB:5,980円
<26カ月以上> 14GB:5,980円
プランLL <~13か月> 9GB:2,980円
<14~25か月> 9GB:3,980円
<26カ月以上> 6GB:3,980円

 

【組み合わせプラン】

  通話SIM
ベーシックプラン 1,250円
3.1GB 1,600円
5GB 2,150円
10GB 2,960円
20GB 4,750円
30GB 6,150円

※通信速度は200kbpsとなります

 
 

⑨BIGLOBE SIM

BIGLOBESIM.png

BIGLOBE SIMは、YouTube・AbemaTV・U-NEXTといった映像配信アプリ、AWAなどのストリーミングミュージックアプリの通信量が高速データ通信にカウントされない『エンタメフリー・オプション』が人気の格安SIMです。例えば一日1時間動画を見たとすると月間で約7.2GB以上消費されますが、このオプションに入っていればデータ量を気にせず思い切り楽しむことができます!

利用回線 ドコモ
au
初期費用 3,394円
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
あり
無料
Wi-Fiスポット
250円
※6GB以上のプランの場合無料!
データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
830円(10分以内)
600円(3分以内)
※「BIGLOBEでんわ」使用時
高速/低速
切り替え
なし バースト機能 なし
支払い方法 クレジットカード
口座振替
(手数料200円が発生)
端末保証 端末保証500円
(持ち込みも対象)

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM
  データ通信のみ
(ドコモ回線のみ
データ通信SMS付き
3GB
3ギガプラン
900円 1,020円
6GB
6ギガプラン
1,450円 1,570円
12GB
12ギガプラン
2,700円 2,820円
20GB
20ギガプラン
4,500円 4,620円
30GB
30ギガプラン
6,750円 6,870円

 

音声通話SIM
  通話SIM
1GB
音声通話スタートプラン
1,400円
3GB
3ギガプラン

1,600円
6GB
6ギガプラン

2,150円
12GB
12ギガプラン

3,400円
20GB
20ギガプラン
6,750円
30GB
30ギガプラン
7,450円

 
 

⑩イオンモバイル

イオンモバイル.png

イオンモバイルは全国のイオンで契約することができ、アフターフォローも受けられるというサポート面でも安心感ある格安SIMです!0.5GBから50GBまでと幅広いデータ容量から選べるプランの豊富さ、あると嬉しい高速/低速切り替え機能も搭載され、どんな方にもフィットする格安SIMと言っても過言ではないかもしれません!ただし、インターネットでMNPを契約すると不通期間が発生してしまいますので、即日切り替えを希望の方は店頭で申し込みをしましょう。

利用回線 ドコモ
au
初期費用 3,000円
MNP即日
切り替え
なし データの
翌月繰り越し
あり
無料
Wi-Fiスポット
なし データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
850円(10分以内)
※「イオンでんわ」使用時
高速/低速
切り替え
あり バースト機能 なし
支払い方法 クレジットカード 端末保証 端末保証250円
持込端末保証550円~

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM
  データプラン データプラン+SMS付き
音声1GBプラン
480円 620円
音声2GBプラン
780円 920円
音声4GBプラン
980円 1,120円
音声6GBプラン
1,480円 1,620円
音声8GBプラン 1,980円 2,120円
音声12GBプラン 2,680円 2,820円
音声20GBプラン 3,980円 4,120円
音声30GBプラン 5,380円 5,520円
音声40GBプラン 7,480円 7,620円
音声50GBプラン 10,300円 10,440円

 

音声通話SIM
  音声プラン
音声500MBプラン 1,130円
音声1GBプラン
1,280円
音声2GBプラン
1,380円
音声4GBプラン
1,580円
音声6GBプラン 1,980円
音声8GBプラン 2,680円
音声12GBプラン 3,280円
音声20GBプラン 4,680円
音声30GBプラン 6,080円
音声40GBプラン 7,980円
音声50GBプラン 10,800円

 
 

⑪エキサイトモバイル

エキサイトモバイル.png

エキサイトモバイルは、インターネットサービスを提供する「エキサイト」が運営する格安SIMです。高速/低速切り替え&バースト機能搭載に加え、使った分だけ支払う仕組みの『最適料金プラン』が特徴です!たとえば出張がない月、多い月といった“月によってスマホの使用頻度が変わる”という方でも毎月プラン変更をする必要がないため、とてもおすすめです。珍しくかけ放題プランがない格安SIMになりますので、通話が多い方はLINEを利用するなどの工夫が必要です。

利用回線 ドコモ 初期費用 3,000円
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
あり
(定額プランのみ)
無料
Wi-Fiスポット
なし データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
なし
高速/低速
切り替え
あり バースト機能 あり
支払い方法 クレジットカード 端末保証 端末保証500円
(持込用はなし)

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM
  データ通信SIM SMS機能付きSIM
最適料金プラン
データの使用料に応じて毎月の料金が決まるプラン
低速通信…500円
~500MB…630円
~1GB…660円
~2GB…770円
~3GB…880円
~4GB…1,150円
~5GB…1,450円
~6GB…1,600円
~7GB…1,900円
~8GB…2,120円
~9GB…2,200円
~10GB…2,380円
低速通信…640円
~500MB…770円
~1GB…800円
~2GB…910円
~3GB…1,020円
~4GB…1,290円
~5GB…1,590円
~6GB…1,740円
~7GB…2,040円
~8GB…2,260円
~9GB…2,340円
~10GB…2,520円
定額プラン 0MB…650円
1GB…670円
2GB…770円
3GB…900円
4GB…1,170円
9GB…2,250円
20GB…3,980円
30GB…5,980円
40GB…7,980円
50GB…10,180円
0MB…790円
1GB…810円
2GB…910円
3GB…1,040円
4GB…1,310円
9GB…2,390円
20GB…4,120円
30GB…6,120円
40GB…8,120円
50GB…10,320円

 

音声通話SIM
  音声通話SIM
最適料金プラン
データの使用料に応じて毎月の料金が決まるプラン
低速通信…1,200円
~500MB…1,330円
~1GB…1,360円
~2GB…1,470円
~3GB…1,580円
~4GB…1,850円
~5GB…2,150円
~6GB…2,300円
~7GB…2,600円
~8GB…2,820円
~9GB…2,900円
~10GB…3,080円
定額プラン 0MB…1,350円
1GB…1,370円
2GB…1,470円
3GB…1,600円
4GB…1,870円
9GB…2,950円
20GB…4,680円
30GB…6,680円
40GB…8,680円
50GB…10,880円

 
 

⑫OCNモバイルONE

OCNモバイルONE.png

OCNモバイルONEは、通常の“月ごとの定額データ量”という概念だけでなく“一日ごとの定額データ量”の料金プランも展開する格安SIMです。一日110MBでどれだけ使えるかというと、大体『WEBページ100ページ+LINE100往復+動画30分+メール20通+facebookフィード閲覧100』が可能ということで、これに収まる使い方をしている方は結構いらっしゃるかもしれませんね!全国87,000か所のWi-Fiスポットも無料で使えますので、活用してデータ量を節約することも可能です。

利用回線 ドコモ 初期費用 3,394円
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
あり
(500kbpsコースは除く)
無料
Wi-Fiスポット
あり データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
850円(10分以内)
※「OCNでんわアプリ」使用時
高速/低速
切り替え
あり バースト機能 あり
支払い方法 クレジットカード
口座振替
(カスタマーズフロントへ連絡)
端末保証 端末保証430円
持込端末保証500円

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM
  データ通信SIM SMS機能付きSIM
110MB/日 900円 1,020円
170MB/日 1,380円 1,500円
3GB 1,100円 1,220円
6GB 1,450円 1,570円
10GB 2,300円 2,420円
20GB 4,150円 4,270円
30GB 6,050円 6,170円
500kbps(15GB) 1,800円 1,920円

 

音声通話SIM
  音声通話SIM
110MB/日 1,600円
170MB/日 2,080円
3GB 1,800円
6GB 2,150円
10GB 3,000円
20GB 4,850円
30GB 6,750円
500kbps(15GB) 2,500円

 
 

⑬DTI SIM

DTISIM.png

DTI SIMは、はじめて申し込む場合は【データ専用SIM】と【SMS機能付きSIM】の半年の利用料が半額となる格安SIMです。また、特定のアプリ利用で発生するデータ量がカウントされないプランも提供しており、YouTubeとTwitter対象の『DTI見放題SIM』、『20’s SIM 音声プラン』などは、各ヘビーユーザーにとってとてもうれしいSIMになること間違いなしです!

利用回線 ドコモ 初期費用 3,000円
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
あり
※DTI見放題SIM、20’s SIM 音声プランは繰り越しできない
無料
Wi-Fiスポット
362円
※20’s SIMは無料
データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
820円(10分以内)
※「おとくコールアプリ」使用時
高速/低速
切り替え
なし バースト機能 なし
支払い方法 クレジットカード
口座振替
端末保証 端末販売がないため
なし

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM

【はじめてDTI SIMを申し込む方限定プラン】

  データ半年お試しプラン
3GB
データSMS半年お試しプラン
3GB
1カ月目~6カ月目 0円 0円
7カ月目以降 840円
(下記の通常プランの3GB同様)
990円
(下記の通常プランの3GB同様)

 

【通常プラン】

  データプラン データSMSプラン
1GB 600円 750円
3GB 840円 990円
5GB 1,220円 1,370円
10GB 2,100円 2,250円
ネット使い放題 2,200円 2,350円
DTI見放題SIM
(7GB)
2,430円
20’s SIM データプラン
(7GB)
2,880円 1,370円

 

音声通話SIM

【はじめてDTI SIMを申し込む方限定プラン】

でんわ定額プラン 3GB
1カ月目~6カ月目 1,520円
7カ月目以降 2,310円

 

【通常プラン】

  音声プラン
1GB 1,200円
3GB 1,490円
5GB 1,920円
10GB 2,800円
ネット使い放題 2,900円
20’s SIM 音声プラン
(7GB)
3,980円

 
 

⑭b-mobile おかわりSIM

b-mobileおかわりSIM.png

b-mobileおかわりSIMは、5段階の使った分だけ支払うというシンプルな料金プランを提供する格安SIMです。プラン変更をする手間なく最大5GB利用することができます!(15GBに達し場合は速度が200kbpsになります)端末販売は行っていないため、自分で用意する必要があります。

利用回線 ドコモ
ソフトバンク
初期費用 3,000円
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
なし
無料
Wi-Fiスポット
なし データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
500円(5分以内)
※「b-mobile電話アプリ」使用時
高速/低速
切り替え
なし バースト機能 なし
支払い方法 クレジットカード 端末保証 端末販売がないため
なし

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM
  データ通信SIM SMS機能付きSIM
※ドコモ回線のみ
~100MB 190円 320円
~1GB 480円 610円
~3GB 850円 980円
~6GB 1,450円 1,580円
~10GB 2,190円 2,320円
~15GB 3,280円 3,410円

 

音声通話SIM
  音声通話SIM
回線やプランにより異なります
~1GB 990円~
~3GB 1,290円~
~6GB 1,790円~
~10GB 2,590円~
~15GB 3,590円~

 
 

⑮TONEモバイル

TONEモバイル.png

TONEモバイルはTSUTAYAが運営する格安SIMです!他の格安SIMとは違い、スマホ本体・通信・アフターケアをすべて自社で完結することから低価格・質の高いサービスを実現しています。(※iPhone以外の持込利用は不可です。)また、速度500~600kbpsのデータ通信無制限のプランが基本で高速データ通信量は基本料金に含まれていないなど、他の格安SIMと体系がだいぶ違うため注意が必要です。
GPSでの位置検索やフィルタリング、アプリ制限など、子供の見守り機能の充実はNo.1と言っていいほど充実した格安SIMですので、多世代のご家族での利用にもおすすめです。

利用回線 ドコモ 初期費用 3,000円+端末代金
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
なし
無料
Wi-Fiスポット
有料のみ
エコネクトWi-Fi
(月額362円)
データの追加 あり
国内通話料 18円/30秒 かけ放題
オプション
TONE電話かけ放題オプション
500円(10分以内)
高速/低速
切り替え
なし バースト機能 なし
支払い方法 クレジットカード
口座振替
端末保証 端末保証500円

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM
  データ通信SIM SMS機能付きSIM
基本プラン
(高速データ量なし・500~600kbps)
1,000円※iPhoneは1,500円 1,100円※iPhoneは1,600円
高速チケットオプション 300円/1GB

 

音声通話SIM
  音声通話SIM
基本プラン
(高速データ量なし・500~600kbps)
1,000円
※iPhoneは1,500円
※SMS追加の場合+100円
高速チケットオプション 300円/1GB

 
 

⑯Y!mobile(ワイモバイル)

ワイモバイル.png

Y!mobile(ワイモバイル)はソフトバンク回線だけでなく、前身のイーモバイルとウィルコムの回線も利用しているため、厳密に言えば『MVNO』ではありませんが、キャリアよりも低価格で携帯電話サービスを提供しています。料金体系はUQモバイルと酷似しており、違いとしては『かけ放題』の内容です。ワイモバイルの方が10分と時間が長く、さらに+1000円の『スーパーだれとでも定額』に加入すれば時間無制限のかけ放題になります!他の格安SIMと比べ実店舗も多いことから、いきなり格安SIMは不安…という方にもおすすめです。

利用回線 ワイモバイル
ソフトバンク
初期費用 3,000円
MNP即日
切り替え
あり データの
翌月繰り越し
なし
無料
Wi-Fiスポット
あり データの追加 あり
国内通話料 20円/30秒 かけ放題
オプション
プラン内に10分かけ放題含む
さらに+1,000円で時間無制限!
高速/低速
切り替え
なし バースト機能 なし
支払い方法 クレジットカード
口座振替
端末保証 端末保証500円~
持込端末保証500円

 

ワイモバイル公式サイトをみてみる↓

 

データ通信専用SIM・SMS機能付きSIM
  音声通話SIM SMS機能付きSIM
データSIMプラン 980円 980円

 

音声通話SIM
  利用期間 データ容量と月額料金 国内無料通話
スマホプランS <~13か月> 3GB:1,980円 10分以内かけ放題付き
<14~25か月> 3GB:2,980円
<26カ月以上> 2GB:2,980円
スマホプランM <~13か月> 9GB:2,980円
<14~25か月> 9GB:3,980円
<26カ月以上> 6GB:3,980円
スマホプランL <~13か月> 21GB:4,980円
<14~25か月> 21GB:5,980円
<26カ月以上> 14GB:5,980円

 

ワイモバイル公式サイトをみてみる↓

 
 

■音声通話SIM比較

<~3.1GB>

データ通信量が少なめの方はこちらをチェック!

利用回線 0.5GB
(500MB)
1GB 2GB 3GB
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
1,200円 ①1,690円
②2,390円
DMMモバイル ドコモ 1,260円 1,380円 1,500円
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
D:1,400円
A:1,310円
S:1,750円
D:1,600円
A:1,510円
S:1,950円
IIJmio ドコモ
au
D:1,600円
A:1,600円
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
2,980円
(U-mobile SUPER)
①1,580円
(U-mobile)
②1,780円
(U-mobile
ダブルフィックス)
UQモバイル au 1,980円
(1年間)
NifMo
(ニフモ)
ドコモ 1,600円
楽天モバイル ドコモ 1,600円
(3.1GB)
BIGLOBE SIM ドコモ
au
1,400円 1,600円
イオンモバイル ドコモ 1,130円 1,280円 1,380円 ①1,580円
②1,600円
エキサイト
モバイル
ドコモ ①1,330円
②1,370円
①1,360円
②1,370円
①1,470円
②1,470円
①1,600円
(110MB/日×30日
と考えた場合)

②1,800円
OCNモバイルONE ドコモ 1,490円
DTI SIM ドコモ 1,200円 1,800円
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
990円~ 1,290円~
TONEモバイル ドコモ
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
1,980円
(1年間)

※2つ料金が掲載されているところは選択プランにより変動します。
※黄色のセルはその容量で最安のプランを示しています。

 

<4GB~10GB>

中程度のデータ容量はこちら!

利用回線 4GB
5GB 6GB 7GB 8GB 9GB 10GB
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
2,220円
2,720円
DMMモバイル ドコモ 1,910円 2,560円 2,680円 2,890円
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
D:2,280円
A:2,190円
S:2,630円
D:3,220円
A:3,130円
S:3,570円
IIJmio ドコモ
au
2,220円
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
1,980円
(U-mobile)
3,980円
(U-mobile SUPER)
UQモバイル au 2,980円
(1年間)
NifMo
(ニフモ)
ドコモ 2,300円
楽天モバイル ドコモ 2,150円
BIGLOBE SIM ドコモ
au
2,150円
イオンモバイル ドコモ 1,580円 1,980円 2,680円
エキサイト
モバイル
ドコモ ①1,850円
②1,870円
2,150円 2,300円 2,600円 2,820円 2,900円
2,950円
3,080円
OCNモバイルONE ドコモ 2,080円
(170MB/日×30日
と考えた場合)
2,150円 3,000円
DTI SIM ドコモ 1,920円 2,800円
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
1,790円~ 2,590円~
TONEモバイル ドコモ
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
2,980円
(1年間)

※2つ料金が掲載されているところは選択プランにより変動します。
※黄色のセルはその容量で最安のプランを示しています。

 

<11GB以上>

余裕をもって使える大容量プランを希望の方はこちら!

利用回線 12GB
13GB 14GB 15GB 20GB 21GB
以上
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
DMMモバイル ドコモ 3,980円 4,680円
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
D:4,680円
A:4,590円
【30GB】
D:6,600円
A:6,510円
S:6,950円
IIJmio ドコモ
au
+3,100円で
追加可能
【30GB】
+5,000円で
追加可能
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
【25GB】
2,880円
(U-mobile MAX 25GB)
UQモバイル au 【21GB】
4,980円
(1年間)
NifMo
(ニフモ)
ドコモ 3,500円
楽天モバイル ドコモ 4,750円 【30GB】
6,150円
BIGLOBE SIM ドコモ
au
3,400円
イオンモバイル ドコモ 3,280円 4,680円 【30GB】
6,080円
【40GB】
7,980円
【50GB】
10,800円
エキサイト
モバイル
ドコモ 4,680円 【30GB】
6,680円
【40GB】
8,680円
【50GB】
10,880円
OCNモバイルONE ドコモ 2,500円
(500kbps)
4,850円
DTI SIM ドコモ
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
3,590円~
TONEモバイル ドコモ
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
【21GB】
4,980円
(1年間)

※2つ料金が掲載されているところは選択プランにより変動します。

 

<無制限>

思う存分使いたいという方は無制限プランがおすすめです!

利用回線 無制限プラン 条件と内容
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
DMMモバイル ドコモ 1,140円 速度200kbps
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
IIJmio ドコモ
au
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
LTE使い放題:2,980円
LTE使い放題2:2,730円
USEN MUSIC SIM:2,980円
U-mobile for iPhone:2,980円
LTE通信使い放題
UQモバイル au 2,680円 速度500kbps
NifMo
(ニフモ)
ドコモ
楽天モバイル ドコモ 1,250円 速度200kbps
BIGLOBE SIM ドコモ
au
イオンモバイル ドコモ
エキサイト
モバイル
ドコモ 1,350円 速度200kbps
OCNモバイルONE ドコモ
DTI SIM ドコモ 2,900円 他のプランと同等の速度
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
TONEモバイル ドコモ 1,000円 500~600kbps
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク

LINEモバイル公式サイトをみてみる↓

UQモバイル公式サイトをみてみる↓

mineo公式サイトをみてみる↓

IIJmio公式サイトをみてみる↓

U-mobile公式サイトをみてみる↓

DMMモバイル公式サイトをみてみる↓

NifMo公式サイトをみてみる↓

ワイモバイル公式サイトをみてみる↓

 

■データSIM比較

<~3.1GB>

データ通信量が少なめの方はこちらをチェック!

利用回線 0.5GB
(500MB)
1GB 2GB 3GB
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
500円
DMMモバイル ドコモ 480円 770円 850円
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
D・A:700円
S:790円
D・A:900円
S:990円
IIJmio ドコモ
au
D:900円
A:なし
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
880円
(U-mobile S)
790円
(U-mobile)
1,580円
(U-mobile S)
~900円
(ダブルフィックス (〜3GB))
UQモバイル au 980円
NifMo
(ニフモ)
ドコモ 900円
楽天モバイル ドコモ 900円
(3.1GB)
BIGLOBE SIM ドコモ
au
900円
イオンモバイル ドコモ 480円 780円
エキサイト
モバイル
ドコモ 630円 660円
670円
770円 880円
900円
OCNモバイルONE ドコモ 1,100円
DTI SIM ドコモ 600円 840円
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
190円
(0.1GB)
480円 850円
TONEモバイル ドコモ
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
980円

※2つ料金が掲載されているところは選択プランにより変動します。
※黄色のセルはその容量で最安のプランを示しています。

 

<4GB~10GB>

中程度のデータ容量はこちら!

利用回線 4GB 5GB 6GB 7GB 8GB 9GB 10GB
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
DMMモバイル ドコモ 1,210円 1,860円 1,980円 2,190円
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
D・A:1,580円
S:1,670円
D・A:2,520円
S:2,610円
IIJmio ドコモ
au
ソフトバンク
D:1,520円
A:なし
D:2,560円
A:なし
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
1,480円
(5GB)
2,980円
(U-mobile S)
UQモバイル au
NifMo
(ニフモ)
ドコモ 1,600円
楽天モバイル ドコモ 1,450円 2,260円
BIGLOBE SIM ドコモ
au
1,450円
イオンモバイル ドコモ 980円 1,480円 1,980円
エキサイト
モバイル
ドコモ 1,150円
1,170円
1,450円 1,600円 1,900円 2,120円 2,200円
2,250円
2,380円
OCNモバイルONE ドコモ 1,450円 2,300円
DTI SIM ドコモ 1,220円 2,430円 2,100円
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
2,190円
TONEモバイル ドコモ
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
2,980円
(2年間)

※2つ料金が掲載されているところは選択プランにより変動します。
※黄色のセルはその容量で最安のプランを示しています。

 

<11GB以上>

余裕をもって使える大容量プランを希望の方はこちら!

利用回線 12GB 13GB 14GB 15GB 20GB 25GB
以上
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
DMMモバイル ドコモ 3,280円 3,980円
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
3,980円 【30GB】
D・A:5,900円
S:5,990円
IIJmio ドコモ
au
+3,100円で
追加可能
【30GB】
+5,000円で
追加可能
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
【25GB】
2,380円
(U-mobile MAX 25GB)
UQモバイル au
NifMo
(ニフモ)
ドコモ 2,800円
楽天モバイル ドコモ 4,050円 【30GB】
5,450円
BIGLOBE SIM ドコモ
au
2,700円 4,500円 6,750円
イオンモバイル ドコモ
au
2,680円 3,980円 【30GB】
5,380円
【40GB】
7,480円
【50GB】
10,300円
エキサイト
モバイル
ドコモ 3,980円 【30GB】
5,980円
【40GB】
7,980円
【50GB】
10,180円
OCNモバイルONE ドコモ 1,800円
(500kbps)
4,150円 【30GB】
6,050円
DTI SIM ドコモ 3,600円 4,850円
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
3,280円
TONEモバイル ドコモ
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
4,980円
(2年間)

※2つ料金が掲載されているところは選択プランにより変動します。

 

<無制限>

思う存分使いたいという方は無制限プランがおすすめです!

利用回線 無制限プラン 条件と内容
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
DMMモバイル ドコモ 440円 速度200kbps
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
IIJmio ドコモ
au
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
2,480円 LTE通信使い放題
UQモバイル au 1,980円 速度500kbps
NifMo
(ニフモ)
ドコモ
楽天モバイル ドコモ 525円 速度200kbps
BIGLOBE SIM ドコモ
au
イオンモバイル ドコモ
au
エキサイト
モバイル
ドコモ 500円 速度200kbps
OCNモバイルONE ドコモ
DTI SIM ドコモ 2,200円 他のプランと同等の速度
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
TONEモバイル ドコモ 1,000円 速度500~600kbps
端末のセット購入必要
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク

 
 

■その他16社比較表一覧

格安SIMキャンペーン一覧表

格安SIMのキャンペーンまとめ.png

2017年8月時点での16社のキャンペーン一覧です。

利用回線 キャンペーン内容
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
【終了日未定】
3ヶ月間で最大1,390円割引
【終了日未定】
iPhone 6s 購入でLINEポイント3,000ポイントプレゼント
【終了日未定】
音声通話SIMの新規申込でLINEポイント5,000ポイントプレゼント
DMMモバイル ドコモ 【5/16まで】
新規契約手数料0円&3か月間基本料金割引
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
【5/8まで】
3か月間月額基本料金500円
IIJmio ドコモ
au
【5/8まで】
3か月間月額300円から
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
UQモバイル au 【5月末まで】
学生も家族も最大3カ月0円『ファミゼロ学割』
NifMo
(ニフモ)
ドコモ

楽天モバイル ドコモ
au
「スーパーホーダイ」なら楽天会員割+長期割でだれでも1,480円/月(2年間)!
BIGLOBE SIM ドコモ
au
au

イオンモバイル ドコモ
au
au
【5/7まで】
『3年学割』で25歳以下の方は3年間1,380円~
エキサイト
モバイル
ドコモ

OCNモバイルONE ドコモ

DTI SIM ドコモ

b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
TONEモバイル ドコモ 【5/31まで】
家族割キャンペーン:同一名義で契約で一人当たり3カ月無料!
学割キャンペーン:19歳以下の方3カ月0円
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
【5/27まで】
ダジャレで一万円チャレンジ
【5/31まで】
ワイモバ学割

 

格安SIM初期費用一覧表

格安SIMの新規事務手数料とキャリアから乗り換える際に発生する料金・発生する可能性のある料金についてまとめました!

回線 格安SIM
新規事務手数料
キャリアからMNPの場合
MNP転出料 契約解除料金 端末分割残高
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
3,672円 ドコモ:2,000円
au・ソフトバンク:3,000円
0円
または
9,500円
残高があれば
支払い必要
DMMモバイル
ドコモ 3,000円
mineo
(マイネオ)

ドコモ
au
ソフトバンク
3,000円
IIJmio ドコモ
au
3,000円
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
3,000円
~3,394円
UQモバイル
au 3,000円
NifMo
(ニフモ)

ドコモ 3,000円
楽天モバイル ドコモ 3,394円
BIGLOBE SIM ドコモ
au
3,394円
イオンモバイル
ドコモ
au
3,000円
エキサイト
モバイル
ドコモ 3,000円
OCNモバイルONE ドコモ 3,394円
DTI SIM
ドコモ 3,000円
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
3,000円
TONEモバイル ドコモ 3,000円
+端末代金
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
3,000円

 

低速/高速切り替え&バースト機能の有無一覧表

低速モードとデータ量の関係.png

低速へ切り替えることができれば、通信速度はもちろん遅くなってしまいますが契約プランのデータ容量を消費せずに通信することができます!また、バースト機能があれば通信し始めの一定量のみ高速通信を行えるため、メールのやり取りや簡単なインターネット検索ならサクッと行えるというメリットがあるのです。その2点の機能の有無についてまとめました!

利用回線 低速/高速
切り替え
バースト機能
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
DMMモバイル ドコモ  〇   〇 
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
 〇 
IIJmio ドコモ
au
 〇   〇 
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
UQモバイル au  〇 
NifMo
(ニフモ)
ドコモ 通信速度が制限
された場合のみ
楽天モバイル ドコモ  〇   〇 
BIGLOBE SIM ドコモ
au
イオンモバイル ドコモ  〇 
エキサイト
モバイル
ドコモ  〇   〇 
OCNモバイルONE ドコモ  〇   〇 
DTI SIM ドコモ
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
TONEモバイル ドコモ
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク

 

格安SIMのWi-Fiスポット有無一覧表

Wi-Fiスポット.png

全国各地に利用できるWi-Fiスポットがあったら、データ通信量を節約することができますよね♪Wi-Fiスポットを提供している格安SIMも多数ありますので、ぜひチェックしてみましょう!

利用回線 料金 利用できるWi-Fiスポット
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
200円 「Secured Wi-Fi」の
約49,000ヶ所
DMMモバイル ドコモ 362円 「BBモバイルポイント」
「Wi2」の
約69,000か所
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
362円 「Wi2」「Wi2_club」「wifi_square」の
100,000か所以上
IIJmio ドコモ
au
362円 「BBモバイルポイント」「Wi2」の75,000か所以上
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
無料 「Secured Wi-Fi」
「DoSPOT」の
約82,000ヶ所以上
UQモバイル au
NifMo
(ニフモ)
ドコモ 無料 BBモバイルポイント
楽天モバイル ドコモ
BIGLOBE SIM ドコモ
au
250円
※6GB以上の
プランの場合
無料!
「Secured Wi-Fi」
「DoSPOT」の
約83,000ヶ所以上
イオンモバイル ドコモ
エキサイト
モバイル
ドコモ
OCNモバイルONE ドコモ 無料 「Secured Wi-Fi」
「DoSPOT」の
約87,000ヶ所以上
DTI SIM ドコモ 362円 「BBモバイルポイント」
「Wi2」の
約75,000か所
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
TONEモバイル ドコモ 362円 約69,000ヶ所
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
無料 ソフトバンクWi-Fiスポット
(スポット数No.1!)

 

格安SIM支払い方法一覧表

格安SIMの支払い方法は主にクレジットカードになりますが、その他の支払い方法を希望の方もいらっしゃるかと思います。ぜひこちらの一覧表で確認してみましょう!

利用回線 クレジット
カード
口座振替 デビット
カード
その他
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
LINE Pay
LINE Payカード
DMMモバイル ドコモ
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク

1※
IIJmio ドコモ
au
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
UQモバイル au
NifMo
(ニフモ)
ドコモ
2※
楽天モバイル ドコモ
BIGLOBE SIM ドコモ
au

(手数料200円)
イオンモバイル ドコモ
エキサイト
モバイル
ドコモ
OCNモバイルONE ドコモ
DTI SIM ドコモ
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
TONEモバイル ドコモ
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク

1※eo光ネットを利用中で預金口座振替のお支払い方法を選択している場合は同様の支払い方法が選択可能
2※@niftyの接続サービスを利用中でその支払い方法が「NTT決済」「KDDI請求」を利用の場合、その方法で支払うことが可能

 

格安SIMのその他割引制度一覧表

格安SIMはそのままでもとっても安いですが、さらに割引があったらうれしいですよね♪家族で契約することやインターネット・でんきとのセット契約で割引になる格安SIMも多数ありますので是非チェックしてみましょう!詳しい条件は公式サイトをご覧ください。

利用回線 家族割
複数契約割
他サービスとの
セット割引
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
DMMモバイル ドコモ DMM光とセットで
500円/月割引!
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
2~5回線契約で
毎月50円/台割引!
IIJmio ドコモ
au
IIJmioひかりとセットで
600円/月割引!
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
U-NEXT光とセットで
割引!
(契約台数により額が異なる)
UQモバイル au 2~10回線目まで
毎月500円/台割引!
NifMo
(ニフモ)
ドコモ nifty光とセットで
200円割引!
niftyでんきとセットで
250円割引!
光+でんきとセットで
450円割引!
楽天モバイル ドコモ
BIGLOBE SIM ドコモ
au
ビッグローブ光と
セットで
300円割引!
フレッツ光とセットで
100円割引!
イオンモバイル ドコモ
エキサイト
モバイル
ドコモ
OCNモバイルONE ドコモ OCN 光サービスとセットで
200円/台割引!
(最大5回線まで)
中部電力 カテエネプランもセットなら
400円/台割引!
DTI SIM ドコモ DTI 光とセットで
150円/台割引!
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
TONEモバイル ドコモ
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
2~10回線目まで
毎月500円/台割引!
ソフトバンク光とセットで
500~1,000円/台割引!

 

特定のアプリ使い放題がある格安SIM一覧表

アプリ使い放題がある格安SIM.png

『対象のアプリ利用で発生するデータ通信量は契約プランのデータ容量から消費されない』というサービスを行っている格安SIMがあります!よく利用するアプリが対象であれば、データ通信量をより節約することが可能です!ぜひチェックしてみましょう^^

利用回線 カウントフリー対象のアプリ
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
加入プランによって
LINE・Twitter・
Facebook・Instagram・
LINE MUSICが使い放題!
DMMモバイル ドコモ
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
IIJmio ドコモ
au
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
UQモバイル au
NifMo
(ニフモ)
ドコモ
楽天モバイル ドコモ
BIGLOBE SIM ドコモ
au
『エンタメフリー・オプション(480円/月)』加入で
YouTube・Google Play Music・
Apple Music・AbemaTV・Spotify・
AWA・radiko.jp・Amazon Music・
U-NEXTが使い放題!
イオンモバイル ドコモ
エキサイト
モバイル
ドコモ
OCNモバイルONE ドコモ
DTI SIM ドコモ 『DTI見放題SIM』で
YouTube・Twitterが使い放題!

『20’s SIM 音声プラン』で
一部SNSの他に「マイナビ」が使い放題!

b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
TONEモバイル ドコモ
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク

 

専用電話アプリの有無一覧表

電話専用アプリのある格安SIM.png

かけ放題プランの少ない格安SIMでは、専用電話アプリから発信することで通話料を半額にするサービスを提供しているところがあります。これはプレフィックス番号という専用の番号を電話番号の先につけて発信することで割引される仕組みですが、電話を受け取る側には通常の番号で通知されるため、安心して利用することができます。しかし、110番・119番などの緊急通報、ナビダイヤルなどへは発信できませんのでご注意ください。

利用回線 専用電話アプリ 通話料金 かけ放題
オプション
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
いつでも電話 10円/30秒 880円
(10分)
DMMモバイル ドコモ DMMトーク 10円/30秒 850円
(5分)
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
mineoでんわ 10円/30秒
(かけ放題未加入の
場合20円)
850円
(5分)
IIJmio ドコモ
au
みおふぉんダイヤル 10円/30秒 600円
(3分以内・家族は10分以内)
830円
(10分以内・家族は30分以内)
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
U-CALL MAX
U-CALL
10円/30秒 【U-CALL MAX】
500円(3分以内)
UQモバイル au 「おしゃべりプラン」選択で
5分以内かけ放題
専用アプリ不要!
NifMo
(ニフモ)
ドコモ NifMo半額ダイヤル 10円/30秒 830円
(10分)
楽天モバイル ドコモ 楽天でんわ 10円/30秒 850円
(10分)
2,380円
(時間無制限)
BIGLOBE SIM ドコモ
au
BIGLOBEでんわ 10円/30秒 650円
(3分)
イオンモバイル ドコモ イオンでんわ 10円/30秒 850円
(10分)
エキサイト
モバイル
ドコモ
OCNモバイルONE ドコモ OCNでんわアプリ 10円/30秒 850円
(10分)
DTI SIM ドコモ 780円
(5分)
専用アプリ不要!
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
b-mobile電話アプリ 10円/30秒 500円
(3分)
TONEモバイル ドコモ IP電話かけ放題
500円
(10分)
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
プラン内に
10分かけ放題含む
さらに+1,000円で時間無制限!

 

格安SIM申し込み方法一覧表

特に初めて格安SIMに移行する際は、インターネットの契約では不安なこともありますよね。その際はショップや家電量販店で契約できる格安SIMを選ぶという手もあります!

利用回線 インターネット 実店舗 家電量販店など
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
DMMモバイル ドコモ
mineo
(マイネオ)
ドコモ
au
ソフトバンク
IIJmio ドコモ
au
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
UQモバイル au
NifMo
(ニフモ)
ドコモ
楽天モバイル ドコモ
BIGLOBE SIM ドコモ
イオンモバイル ドコモ
(一部のゲオ)
エキサイト
モバイル
ドコモ
OCNモバイルONE ドコモ
DTI SIM ドコモ
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
TONEモバイル ドコモ
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク

 

iPhone取り扱いMVNO一覧表

新品のiPhoneを販売している格安SIMと、iPhoneの動作確認についてまとめました!iPhoneをご利用中の方はぜひ参考にしてみてくださいね。格安SIM名をクリックすると、各動作確認済み端末のページに進みます。

回線 iPhone
新品販売
ドコモの
iPhone
auの
iPhone
ソフトバンクの
iPhone
LINEモバイル ドコモ
ソフトバンク
iPhone 6s
(ソフトバンク回線のみ)
SIMロック解除
必要
一部
SIMロック解除
必要
DMMモバイル
ドコモ SIMロック解除
必要
SIMロック解除
必要
mineo
(マイネオ)

ドコモ
au
ソフトバンク
IIJmio ドコモ
au
SIMロック解除
必要
U-mobile ドコモ
ソフトバンク
ワイモバイル
SIMロック解除
必要
SIMロック解除
必要
UQモバイル
au iPhone 6s
iPhone 7
SIMロック解除
必要
一部
SIMロック解除
必要
SIMロック解除
必要
NifMo
(ニフモ)

ドコモ
楽天モバイル ドコモ SIMロック解除
必要
SIMロック解除
必要
BIGLOBE SIM ドコモ
イオンモバイル
ドコモ
エキサイト
モバイル
ドコモ
OCNモバイルONE ドコモ SIMロック解除
必要
SIMロック解除
必要
DTI SIM
ドコモ
b-mobile
おかわりSIM
ドコモ
ソフトバンク
TONEモバイル ドコモ 端末持込なし
Y!mobile
(ワイモバイル)
ワイモバイル
ソフトバンク
iPhone 7
iPhone 6s
SIMロック解除
必要

 
 

■まとめ

格安SIMのデメリットとは?.png

今回は格安SIMと大手通信キャリアの比較をしながら格安SIMのメリット・デメリットとその対策について触れてきました。格安SIMは通信費を抑えられる分キャリアと比べると手間がかかってしまうところもありますが、自分にとって快適で安心感のあるスマホ運用が一番です!乗り換えを検討の際は、不安材料がないかを今一度確認してみてくださいね。
そのためにも、ぜひこの機会に“自分がスマートフォンで何をしたいのか”をリストアップしてみると、ぴったりの運用方法を見つけやすくなるかと思います。今回の記事を元に、皆様に満足のいく運用を見つけていただけたら幸いです。
 
 

他のおすすめの格安SIM関連記事

【関連記事】ドコモから格安SIMへ乗り換え・MVNO時の8つの注意点

 

【関連記事】auから格安SIMへ乗り換え・MVNO時の7つの注意点

 

【関連記事】ソフトバンクから格安SIMへ乗り換え・MVNO時の7つの注意点

 

【関連記事】格安SIMでのLINE(ライン)の利用方法と引き継ぎ時の5つの注意点

 

【関連記事】格安SIMでiPhoneを運用するメリット・デメリットとは?

 

【関連記事】格安スマホ/SIMとは?誰でも簡単にわかる6つのポイント

 

【関連記事】データ通信専用の格安SIMで通話する2つの方法と注意点

 

【関連記事】格安SIMにおける通信速度とMVNOの比較

 

【関連記事】格安SIMの7つのメリット・デメリットと9つの注意点

 

【関連記事】格安SIM:格安SIMカードとは?初心者も安心の簡単選び方ガイド

 

【関連記事】格安SIM:LINEモバイルの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:NifMoの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:DMMモバイルの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:IIJmioの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:U-mobileの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:mineoの評判と評価や他SIMとの比較


 
【関連記事】格安SIM:UQモバイルの評判と評価や他SIMとの比較


 









スマホのコツカテゴリの最新記事

コード・ブルー等のフジテレビ人気ドラマが『無料』で見れる!暇つぶしの救世主『FOD』
【スマホのコツ】Android5.0以上でSDカードへ書き込みができるファイラーアプリとその方法
気になった単語を素早く検索!スマホ版Chromeの「タップして検索」を手動で有効にする方法!
これでいろんなアプリを楽しめる!Google Playストアのアプリインストール履歴を削除する方法
ロック画面からでも「OK Google」!音声検索を使いこなそう

格安SIMカテゴリの最新記事

格安SIM:【※取り扱いは延期となりました】DMM mobileより HUAWEI P30/P30 lite申込受付開始のお知らせ
格安SIM:楽天モバイル、10機種を対象に本体価格を6,000円割引する機種変更キャンペーンを実施
格安SIM:格安携帯キャリアの「X-mobile」を展開するエックスモバイル株式会社が株式会社ベクトルを引受先とする第三者割当増資を実施
『荒野のコトブキ飛行隊 大空のテイクオフガールズ!』がMVNOサービス「LinksMate(リンクスメイト)」のカウントフリーオプション対象コンテンツとして追加!
格安SIM:『猫とドラゴン』がMVNOサービス「LinksMate(リンクスメイト)」のカウントフリーオプション対象コンテンツとして2019年4月3日(水)より追加!


タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


 

特集

トップヘ戻る