Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2017/07/20 Androidマーケット, 学習・教育

【アプリの特徴】

  • 14ヶ国語対応の翻訳/通訳機能
  • 音声入力で手軽にできる翻訳会話!
  • 音声データダウンロード対応!ネット接続不要で使える!


TS会話翻訳機[14ヶ国語]
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


 

『TS会話翻訳機[14ヶ国語]』の概要

会話翻訳機特許登録、Google Playの「旅行」カテゴリでトップに立ったこともあり、モバイルアワードベストアプリの受賞もあるなど、定番の翻訳/通訳アプリです。

合計14ヶ国語に対応した翻訳/通訳機能をメインとするアプリですが、対応言語が多いことに加え、テキスト入力、音声入力の両方に対応していることが大きな魅力です。

スマホに話しかけるだけで、外国語に翻訳され、ネイティブスピーカーによる音声で出力されますので、海外旅行や出張の際、ちょっとした会話で役立ってくれます!! ちなみに、日本語と外国語間だけでなく、異なる外国語同士での翻訳/通訳にも勿論対応しています!

今紹介した機能は、アプリ内では「通訳」という名前の機能となっていますが、もう一つ大きな機能として「会話」機能があります。これは、様々なシーン別の会話例文集です。全部で12テーマ、合計約42万もの会話例文が収録されている上、それらのネイティブ音声もあります。

音声データに関してはあらかじめダウンロードしておけば、インターネット環境のない場所でも使えますので、海外旅行に行く際には出発前にダウンロードしておきましょう!

ウィジェットや単語変換などの便利機能もあります。

対応する言語は昨年までは10ヶ国語でしたが、2017年1月のアップデートで4ヶ国語が追加され、本記事執筆時点では14ヶ国語です! 今後もアップデートで増える可能性がありそうなので、楽しみですね!

対応言語のリストは下記の通りです。

<対応言語リスト(2017年7月15日時点)>

  • 日本語
  • 英語
  • 中国語
  • 韓国語
  • タイ語
  • インドネシア語
  • ベトナム語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • スペイン語
  • イタリア語
  • ポルトガル語
  • ロシア語
  • アラビア語

 

一般向け版とauスマートパス向け版、無料版の違いは?

TS会話翻訳機には一般向け版(有料版と無料版)とauスマートパス向け版があります。本記事ではauスマートパス向け版の画像を使って機能を紹介していきますが、一般向け版も基本的には同じです。とはいえ、違いもありますので、本記事執筆時点(2017年7月15日)での違いを紹介します。

(左が一般向け版、右が無料版)

まずは価格ですが、一般向け版は1,499円です。ただし、2017年6月1日から8月31日まではサマーセールで999円になっています。今回に限らず、時々セールが行われて通常価格より安価に入手できますので、一般向け版を使いたい方はセール期間中にゲットできればベストです。直近で使う予定がなかったとしても、後々使う可能性が高いならセール期間中に購入すべきです。一度購入したアプリは同じGoogleアカウントなら、機種変更をした場合でも追加課金なくダウンロードできますし、安い時に購入しちゃいましょう!!

一方のauスマートパス向け版は、auスマートパスの会費のみで使えますので、ある意味無料です。

さらに、これはいずれ解消される違いだと思いますが、auスマートパス向け版の対応言語は14ヶ国語で、一般向け版は10ヶ国語です。auスマートパス向けアプリでは、一般向けに加えて、イタリア語、ポルトガル語、ロシア語、アラビア語に対応しています。ただ、おそらく一般向けアプリにも追加されると思います。

また、ちょっとした使い勝手、機能も違います。これらの違いは、要するにアップデート導入時期の違いで、どうやら今のところ、auスマートパスの方が早いようです(※記事執筆時点での話です。将来的にも同じかどうかはわかりません)。

また、TS会話翻訳機には2ヶ国語対応の無料版もあります。とりあえずどんな機能なのか試したい、という方はまずは無料版をトライしてみましょう。無料版は下記リンク先からダウンロードできます。
TS会話翻訳機(無料版)

 

通訳機能を使ってみよう!!

会話例文集にはなさそうな内容の会話をしたかったり、例文をいちいち探すのが面倒だ、という場合には「通訳」機能の出番です。

画面下にあるメニューで「通訳」タブをタップすれば通訳モードに変わり、音声入力かテキスト入力で文章を入れることができます。画面上にあるマイクの絵のアイコンをタップすれば音声入力モードになるので、何か喋ってみましょう! 例えば「トイレはどこにありますか?」と喋れば、自動的に外国語に翻訳され、その翻訳文がテキストで表示され、ネイティブスピーカーの音声も出力されます。

この時、国旗のマークの部分をタップすれば、言語を変えることができます。

この種の通訳機能は、Google翻訳やMicrosoft Translatorといったアプリでも使えますので、目新しいものとは言えませんが、翻訳精度はそれぞれ異なります。正直な話、いくつかのアプリをインストールしておくべきだと思います。また、TS会話翻訳機の場合は、会話例文が意外と使えますし、その機能も含めて、海外旅行や出張を想定したアプリになっているので、やはりスマートフォンにインストールしておくと役立つと思います。

 

シーン別の会話例文集も便利!!

TS会話翻訳機ならではの大きな特徴の一つは、膨大な数の例文集です! 収録例文の数はアップデートのたびに増えていて、今では約42万です!! 合計で12テーマ(シーン)用意され、それぞれのテーマから文章を探していくことができます。

テーマは、「会話」「空港」「交通」「宿泊」「レストラン」「観光」「楽しむ」「ショッピング」「通信」「緊急」「ビジネス」「日常生活」で、それぞれに小分類があります。例えば、「交通」だと「道を探す」とか「タクシー」などで、「タクシー」を選ぶと、さらに小さな分類が表示されます。「タクシーに乗る」を選べば、タクシー乗り場を探したいときや、タクシーを呼びたいときなどの例文を表示できます。

逆に、自分が聞かれたときの答えの例文も表示されますので便利です。

「これはよく使いそうだな」というフレーズがあれば、画面右上のスターマークをタップして「お気に入り」登録しておけば、次に必要なときに素早く表示できます。

 

まとめ

『TS会話翻訳機[14ヶ国語]』は現在も進化をし続けている定番翻訳アプリです。海外旅行の際には指差し系の会話集なども便利ですが、書籍の場合はカバンから取り出すのも時間がかかりますし、ずっと手に持っているのも大変です。スマホならポケットからサッと取り出せますし、何より音声入力/出力ができるのが大きな魅力です。

シーン別の会話例文は書籍の会話集のような使い方ができますし、自由に喋りたいときには通訳機能が便利です。

海外旅行や出張はもちろん、日本で外国の方と会話する機会がある方もインストールしておくと役立つと思います!





TS会話翻訳機[14ヶ国語]
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 TS会話翻訳機[14ヶ国語]
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 2.1.0
デベロッパー名 メックス&TIME SPACE SYSTEM
レビュー日 2017/7/15


関連記事




タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る