Android(>アンドロイド)ゲーム

2012/02/18 アクション / スポーツ

今ではすっかり見なくなってしまいましたが、昭和生まれの皆さんの小学生時代の社交場といえば、ゲーセンよりも「駄菓子屋」でした。
むしろゲーム筐体を置いている駄菓子屋も多かったわけですが、その中でも最も人気のあったコインゲームをスマホに忠実に移植したアプリが、その名も『新幹線ゲームⅡ』です。
「10円玉をバネで弾き、穴に落ちないようにゴールへ導くと景品が出てくる」というルールは単純ながら奥深く、当時実機に10円をつぎ込んだ方も、初見の方も熱中すること間違いなし!



アプリの特徴

  • 駄菓子屋さんにあったゲーム筐体を再現
  • 10円玉を落とさずゴールさせれば駄菓子ゲット
  • 力加減や挙動、効果音がリアル
  • 駄菓子のコレクション要素あり

新幹線ゲームⅡ
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


ランタイムがない方は要ダウンロード

新幹線ゲームⅡ

本アプリはFlash版「新幹線ゲームⅡ」を移植したものです。
そのため起動には別途ランタイムのアプリ『Adobe AIR』のインストールが必要です。

入っていない場合は起動時に自動でダウンロードページを表示してくれます。

必要なゲームは意外と多いので、持っていない方はこの機会に入れておきましょう。


高い再現度に懐かしさとトラウマが蘇る?

新幹線ゲームⅡ

懐かしい人にはとても懐かしい筐体画面。
初見の人でも、何となく郷愁というかレトロな感じは伝わってくるはずです。

ちなみに実機を観たい方は、この動画(YouTube)をご覧下さい。
本アプリと比べてみると、その再限度の高さがよくわかると思います。


新幹線ゲームⅡ新幹線ゲームⅡ

Menuキーから本体の設定ができます。

・効果音…10円玉やバネの音などのON/OFF
・拡大・縮小…3段階
・宝箱…獲得した景品一覧
・操作方法…「画面長押し」「スワイプ」の切り替え
・その他…ツイートや操作説明など
・終了…アプリ終了

終了確認画面もこだわりと愛を感じる作りです。


見た目に反して(?)繊細な操作性

新幹線ゲームⅡ

「拡大・縮小」で筐体全体を表示させた上で「スワイプ操作」が個人的オススメ設定です。もちろん10円玉の「チャリーン」音を聴くために効果音はぜひONで!

画面をタップして10円を投入したら、レバーを引いて10円玉を弾きます。

10円玉やバネの挙動、そしてサウンドが非常にリアルで、想い出を喚起させます。


新幹線ゲームⅡ

10円が穴に落ちてしまえば、当然ながら没収。

強すぎても弱すぎてもいけないので、絶妙のレバーさばきが要求されます。

スワイプ操作ならレバー横のゲージが引きの目安になるので、比較的簡単になります。


子供時代にはできなかった贅沢プレイ!

新幹線ゲームⅡ

ちなみに10円玉を入れまくるとこうなります(笑)。10円が詰まってしまったら、本物同様(?)端末をシェイクすればOKです。

今考えてみると「投入したお金で直接遊ぶ」というのはパチンコよりもギャンブルな感じがしますね。

実際かなり熱くなり、筐体を揺らしまくって怒られた記憶が蘇ります。

他にも「名古屋から京都を飛ばして新大阪までショートカット」など様々なテクがあり、いろいろと発見の楽しみがありますよ。


景品も懐かしの品々です

新幹線ゲームⅡ

ゴールである「博多駅」に無事辿りつければ、景品として駄菓子がゲットできます!

ゲットした景品はドラッグして持ち上げたりできます。
長押しして「☓」タップで「宝箱」にしまうことができます。


新幹線ゲームⅡ

宝箱では、これまでに取った景品を一覧できます。
各項目はタップすることで、筐体画面に戻すことも可能です。

それにしても懐かしい駄菓子ばかりです。私も思わずコンビニでキャベツ太郎を買ってしまいました(笑)。

ちなみに「運賃」は総支出。ゲームとはいえ、かなり散財してしまいましたね…。



ゲームとしては本当にシンプルなのですが、細かい部分まで本当にこだわり抜いて作られています。派手さこそありませんが、ちょっとした時間の息抜きに、少年時代に戻ってみませんか?





新幹線ゲームⅡ
価格:無料

AppStore_Badge_JP_135x40


QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 新幹線ゲームⅡ
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 1.1.3
デベロッパー名 DAGAGE
レビュー日 2012/02/16


関連記事




タグ: , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る