Android(ア
    ンドロイド)アプリプリケーション

2012/07/18 ライフスタイル

以前ご紹介した『英単語センター1500』。
センター試験カバー率98%というクオリティの高さと、iPhoneアプリ教育部門No.1の実績で注目された英単語学習アプリです。
受験生必携のこのアプリが、『英単語センター1800』として帰ってきました!

英単語が300語増え、センター試験カバー率は99.5%にアップ。
東大・京大をはじめとする大学の入学試験に出る、全ての重要英単語を「最速」で「完全」にマスターできるモンスターアプリです。
開発元は東大現役合格588名を誇る東進ハイスクール。高校生の強い味方になりそうです!



アプリの特徴

  • 東進ハイスクール公式の英単語学習アプリ
  • センター試験カバー率99.5%
  • 受験生の強い味方!

英単語センター1800
価格:無料

3方向から単語を学習

英単語センター1800

アプリの初回起動時には、音声データのダウンロードが必要です。
データ容量が大きいため、ダウンロードはWi-Fi環境で行うことをおすすめします。
ダウンロードが完了したら「START」からメニュー画面に進みましょう。


英単語センター1800

本アプリでは「英単語帳」「英単語テスト」「音声学習」の3方向から学習を進めていきます。
東進ハイスクールに通う人は「東進学力POS」から、受講状況や模試の成績が確認可能。
「使い方」では効果的な学習方法も教えてくれるので、こちらもチェックしてみてください。
今回のレビューも、この学習方法に沿って進めたいと思います!


「英単語帳」でざっくり分類

英単語センター1800

まずはトップページの「英単語帳」をタップ。1800の単語を「知っている」と「知らない」に、ざっくり分類していきます。
「知らない」英単語は左側にチェックをつけて「My単語」に登録します。
この「My単語」を重点的に学習することで、苦手な範囲を克服できます。


英単語センター1800

単語は頻出度別に18カテゴリーに分類。「英単語テスト」「音声学習」も同様に、カテゴリーを選んで学習する形です。
一説によると、人間の集中力の持続は30~40分が限界とのこと。
100単語を30分で学習すると、1単語18秒。ちょうどいい学習ペースではないでしょうか。


「英単語テスト」で理解度チェック

英単語センター1800英単語センター1800

次に「英単語テスト」で、実際に理解しているか確認します。
テストは制限時間制。1問につき6秒が与えられ、4択から正しい単語の意味を答えます。
何度もテストを繰り返して、単語の習得率を上げていくのが目的です。


英単語センター1800

問題数は10問/20問/50問/100問から選択。
出題範囲も選べるので、苦手分野を集中的に学習したり、テスト前にざっと流すといった使い方も可能です。


「音声学習」で知識を定着

英単語センター1800

「音声学習」は、例文と一緒に英単語を覚えることで、理解度や応用力を高めるというもの。
通学中などに聞き流せば、リスニング力を鍛えられます。
再生順序や回数も自由に設定できるので、学習スタイルにあわせて設定してください。



有名予備校の公式アプリだけあって、とにかくハイクオリティ。
東進に通っていない人でも使えるので、ぜひチェックしてみてください!





英単語センター1800
価格:無料

QRコード
(Google Playストア検索)
qrcode
アプリ名 英単語センター1800
価格 無料
対応OSAndroid 2.2 以上
バージョン 1.0
デベロッパー名 株式会社ナガセ(東進ハイスクール)
レビュー日 2012/07/18


関連記事




タグ: , , , , , , , , , , , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る