Android(アンドロイド)特集記事

2014/01/29 Android(アンドロイド)特集記事

20140128_mvno2b

最近は国内でもNexusのGoogle直販やiPhoneのSIMフリー版が出てきてMVNOの格安データ通信SIMが熱くなってきています。つい先日も日本通信が「最強のSIM」として、他社の評価が高いSIMに露骨とも言える対抗をした「b-mobile X SIM」を発表しました。

各社から様々なプランが出てくるのはいいのですが、増えすぎてどれが自分に一番合っているのか、わからなくなりそうですよね。そこでMVNO各社のなかから主要なプランを選び、比較してみました。あなたにとっての最強SIMを探してみましょう。



主要プランをまとめてみました

20140128_mvno3

まず主要な8社の出している主なプランを比べてみましょう。画像をクリックすると大きなものを見ることができます。
(注:このプランまとめは2014年1月29日現在展開および発表されているものです。最新の情報は各MVNOのサイトなどでご確認ください。)

今回取り上げたのは以下の8つのサービスです。

ここに書きだしただけでも25種類もあり、どれがいいのかわからないですよね。ポイントを絞って考えてみましょう。格安SIMで一番気になるものといったら「料金」ですよね。次のページでは価格帯ごとに各プランを比べてみましょう。

1000円以下のプラン

格安SIMの中でも今一番熱いのがこの月額1000円以下で利用できる価格帯です。
日々ガンガン通信する人には厳しいプランですが、ライトな使い方をする人にはこれで十分なプランが揃っています。

OCN モバイル ONE IIJmio高速モバイル/Dサービス BIGLOBE LTE・3G
プラン 30MB/日 ミニマムスタートプラン エントリープラン
初期費用 3150円 3,150円 3,150円
月額料金 980円 945円 980円/月
SIMサイズ nano / micro / 標準 nano / micro / 標準 nano / micro / 標準
高速通信量 30MB/日 500MB/月 1GB/月
高速通信速度 112.5Mbps 150Mbps 150Mbps
低速通信速度 200kbps 200kbps 128kbps
チャージ価格 315円/100MB 315円/100MB
高速低速切替 なし あり なし
SMSオプション 126円 147円 なし
最低利用期間 なし 課金開始日の翌月末日まで なし
制限 366MB/3日 360MB/3日
追加SIM 発行手数料1,890円
利用料1枚あたり472.5円/月
4枚(合計5枚)まで
その他 ・使い切れなかったクーポンは翌月までは繰り越される
・ほぼ同じ内容でビックカメラで購入できるBIC SIMの場合はWi-Fiサービスもあり
・サービス開始月は0円
・BIGLOBE利用者は少し安い
・Wi-Fiスポットを無料で利用できる
ServersMan SIM LTE U-mobile*d BB.exciteモバイルLTE
プラン ダブルフィックスプラン LTE500MBコース
初期費用 3,150円 3,150円 3,675円
月額料金 490円/月 714-2,079円 892円
SIMサイズ micro / 標準 micro / 標準 nano / micro / 標準
高速通信量 3GB/月 500MB/月
高速通信速度 3Mbps程度? 112.5Mbps 150Mbps
低速通信速度 150kbps 128kbps 200kbps
チャージ価格 262円/100MB
1,312円/500MB
2,625円/1GB
100MB/420円
200MB/735円
高速低速切替 あり あり
SMSオプション 150円 158円 なし
最低利用期間 なし なし 2ヶ月
制限 あるが非公開 366MB/3日
追加SIM 3枚コース
2,100円
その他 ・高速通信はアプリごとに切り替えられる ・利用開始月は無料
・月の使用量が1GBまでは714円、それ以降は2079円
・使い切れなかった高速通信量は翌月持ち越し
楽天ブロードバンド LTE b-mobile X SIM
プラン エントリープラン エントリープラスプラン プランI プランN
初期費用 4,200円(キャンペーンで無料) 3150円
月額料金 875円 945円 945円 980円
SIMサイズ micro / 標準 nano / micro / 標準 nano / micro / 標準
高速通信量 300MB/月 500MB/月 600MB/月 40MB/日
高速通信速度 112.5Mbps 制限なし
低速通信速度 100kbps 256kbps 200kbps
チャージ価格 100MB/525円 100MB / 315円
500MB / 1,260円
(最大利用期間90日)
高速低速切替 なし なし
SMSオプション
最低利用期間 なし(楽天市場で購入した場合は2ヶ月) なし
制限 360MB/3日
追加SIM なし なし
その他 ・契約月単位でプランを変更できる

各社それぞれのプランがありますが、大きく分けて3つあります。

  • 月ごとに使用できる高速通信の量が決まっているもの
  • 日ごとに使用できる高速通信の量が決まっているもの
  • その他

月ごとの場合は、日や曜日によって使わない日は溜めておいて別の日に使うという使いかたができます。

日ごとの場合は、毎日コンスタントに通信する人向けです。ある1日に使いすぎて低速になってしまっても、翌日には回復するのが強みです。

その他、U-mobile*dのダブルフィックスプランは月の使用量が1GBまでは714円、それ以降は2079円と使用量によって価格が変わります。これはb-mobileにも0円から始まるプランがあります。

とりあえず通信できる回線を確保しておきたいのであればServersMan SIM LTE、月の通信量がそれなりに多い人ならBIGLOBE LTE・3Gやb-mobile X SIMがいいのではないでしょうか。キャンペーンで初期費用が無料になる「楽天ブロードバンド LTE」も見逃せません。

次はもう少しお金を出して、1500円から2000円ほどの価格帯のプランを比べてみましょう。

1500円から2000円のプラン
OCN モバイル ONE
プラン 60MB/日 1.0GB/月 2.0GB/月 7.0GB/月
初期費用 3150円
月額料金 1,480円 1,260円 1,580円 1,980円
SIMサイズ nano / micro / 標準
高速通信量 60MB/日 1.0GB/月 2.0GB/月 7.0GB/月
高速通信速度 112.5Mbps 500kbps
低速通信速度 200kbps
チャージ価格 525円/0.5GB
高速低速切替 なし
SMSオプション 126円
最低利用期間 なし
制限 366MB/3日
追加SIM 発行手数料1,890円
利用料1枚あたり472.5円/月
4枚(合計5枚)まで
その他
IIJmio高速モバイル/Dサービス BIGLOBE LTE・3G 楽天ブロードバンド LTE
プラン ライトスタートプラン ライトSプラン ライトプラン ライトプラスプラン
初期費用 3,150円 3,150円 4,200円(キャンペーンで無料)
月額料金 1,596円 1,580円/月 1,500円 1,960円
SIMサイズ nano / micro / 標準 nano / micro / 標準 micro / 標準 nano / micro / 標準
高速通信量 2GB 2GB/月 1.2GB/30日間 2.0GB/月
高速通信速度 150Mbps 150Mbps 112.5Mbps
低速通信速度 200kbps 128kbps 100kbps 256kbps
チャージ価格 315円/100MB 315円/100MB 100MB/525円
300MB/1,260円
高速低速切替 あり なし
SMSオプション 147円 なし
最低利用期間 課金開始日の翌月末日まで なし なし(楽天市場で購入した場合は2ヶ月)
制限 120MB/3日*1 360MB/3日 150MB/3日 183MB/3日
追加SIM
その他 ・使い切れなかったクーポンは翌月までは繰り越される
・ほぼ同じ内容でビックカメラで購入できるBIC SIMの場合はWi-Fiサービスもあり
・サービス開始月は0円
・BIGLOBE利用者は少し安い
・BIGLOBEのWi-Fiスポットを無料で利用できる
b-mobile X SIM U-mobile*d BB.exciteモバイルLTE
プラン プランB スタンダードプラン LTE1GBコース
初期費用 3,150円 3,675円
月額料金 1580円 1,764円 1,260円
SIMサイズ nano / micro / 標準 micro / 標準 nano / micro / 標準
高速通信量 2.2GB/月 3GB/月 1GB
高速通信速度 制限なし 112.5Mbps 150Mbps
低速通信速度 200kbps 128kbps 200kbps
チャージ価格 100MB / 315円
500MB / 1,260円
(最大利用期間90日)
100MB/420円
200MB/735円
高速低速切替 なし あり
SMSオプション 158円 なし
最低利用期間 なし なし 2ヶ月
制限 360MB/3日 366MB/3日*1
追加SIM 3枚コース2,415円
その他 ・契約月単位でプランを変更できる ・利用開始月は無料 ・使い切れなかった高速通信量は翌月持ち越し

こちらもたくさんのプランがありますが、基本的には1000円以下プランのパワーアップ版です。考え方などは1000円以下のものと同じで、それでは容量が足りない、という人に向いていると思います。
また、万一プラン内の高速通信容量を使いきってしまっても、追加でクーポン等に課金することで容量を増やすことができるものも多いです。そういった当たりも選択のポイントとなりそうですね。

それでは、最後にどのプランを選べばいいのか、自分に合ったプランの選び方を考えてみましょう。

自分の通信量を調べる

ここまでプランを見てきたように、多くは高速通信できる容量に限りがあります。なので、まずは自分が普段どれだけ通信をしているのか、それを把握することが必要です。

オクトバでもこれまで通信量を測定するアプリを紹介してきました。なかでもおすすめのアプリを3つご紹介します。

TrafficAssistant TrafficAssistant
無料

1ヶ月毎や直近3日間の通信量が測定できるアプリです。一定量を超えると警告を出すことができます。
TrafficAssistant : 直近3日対策はお任せ!通信量監視ツールで速度規制を回避しよう!無料Androidアプリ

mdm My Data Manager
無料

日ごと月ごとだけではなく、アプリごとの通信量も表示してくれるアプリです。グラフ表示がとても見やすいです。
My Data Manager : 余計な通信してませんか?アプリごとの通信量を表示する通信量監視ツール!無料Androidアプリ

net.rgruet.android.g3watchdog-icon 3G Watchdog
無料

日ごと月ごとの送受信通信量を表形式で表示してくれるアプリです。1日ごとの数値が見やすくて私も気に入っています。
3G Watchdog : 3Gネットワークの通信量をチェック!通知機能も有り。Androidアプリ841

まずは半月から1ヶ月ほどこれらのアプリを使って、自分の通信状況を把握するのがいいでしょう。そして自分の使い方にあった格安SIMを選べば失敗はないと思います。

プランの特徴から推奨される使い方

自分の使い方を把握したら、それに合うプランを選びましょう。いくつか例を出しますので、自分に似たパターンを参考にしてみてください。

  • 毎日通勤時間など決まった時間に同じような通信をする…OCN モバイル ONEの日ごとに通信量の決められているプランやb-mobileのプランN
  • 使う日と使わない日の差が激しい。普段は遅くてもいいからいざというときに高速通信したい…普段は低速で、高速通信を使うタイミングを自分で決められるIIJmio
  • よく使う日と使わない日があるが、月単位では一定している…その他の1ヶ月定量の高速通信を使えるプラン

最初はどのプランにするか迷ってしまうと思います。その点b-mobile X SIMなら違う性質のプランを月ごとに切り替えることができるので、自分にあったプランを探すのにも便利です。

スペック以外も見て最適なプランを

各社似たようなプランを出していますが、単純に数値だけで選ぶのは危険です。
今回ご紹介したものはどれももとはドコモの回線を使用していますが、会社によって実際に出る速度は異なるからです。この辺りはtwitterで実測値をツイートしている人もいますので、それらを参考にするといいでしょう。

ちなみに、私はこれまでb-mobileのU300→amazon 500MB→b-mobile 定額1980→OCNモバイルONE980円と移り変わり、ServersMan SIM LTEも使ってきました。
IIJやOCNは低速時でもちゃんと記載数値かそれ以上の速度が出るということで評判がいいですね。ServersManはいざというときのサブとして活躍していました。

これらのSIMは時期と状況に合わせサービスを拡充してきましたので、これからの発展にも期待したいところです。みなさんもぜひ自分に最適の、最強SIMを見つけ出してください。

Amazonから購入

格安SIMの幾つかはAmazonから購入して手続きすることもできます。直販よりも安いこともあるので要注目ですね。







関連記事




タグ: , , , , ,

※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
※記事および画像の無断転用を禁じます。


お気軽に一言お願いします

 

Facebook

トップヘ戻る