ドコモスピードテスト : スピードテスト界に新星現る!ドコモのLTEと速度を比べられる公式の通信速度測定アプリ!

 

jp.co.nttdocomo.areainfo-0

現在の通信速度を測定するためのアプリとしては『Speedtest.net』や『RBB TODAY SPEED TEST』といったものが有名ですが、ドコモ公式からも同様のアプリ『ドコモスピードテスト』がリリースされました。

もちろんドコモ以外の端末でも使えますし、ただのスピード測定だけに収まらない、ドコモならではの機能もありますよ!

ドコモスピードテスト
価格:無料
開発:NTT DOCOMO


周辺の「ドコモLTEの平均値」を表示

jp.co.nttdocomo.areainfo-1

メインの画面では現在地周辺を地図で表示し、周辺の「ドコモLTEの平均値」を上部に表示します。これはリアルタイムで変化していくので、今現在の値がわかります。

この値を参考にしつつ、中央下のボタンからさっそく測定してみましょう!

測定開始!

jp.co.nttdocomo.areainfo-2

ドコモの公式アプリですが、もちろんドコモ以外の端末やWi-Fiでも速度測定できます。
測定値はその速さで青(速い)←緑(普通)→黄(遅い)と色分けされたピンでも判別できます。

オクトバ編集部でauのLTEの端末で測定したところ38.56Mbpsでした。ドコモLTEの平均値が16-19Mbps程度だった時にこの値が出たので、かなり良い値が出ましたね!

データ通信量は多め?

jp.co.nttdocomo.areainfo-3

Playストアの説明や、アプリ初回起動時の説明に、以下のような注意書きがあります。

1回の速度計測で最大75MBのデータ通信が発生するため、約40回でデータ通信量が3GBに達する場合があります。
通信速度制限(送受信時最大128kbps)となるデータ量にご注意ください。

スピードテスト系のアプリはだいたい同じようにデータ通信量が多いものです。『通信量モニター』を使って、他のスピードテスト系アプリと比べても、そこまで違いはありません。

どのスピードテスト系アプリも通信量は多いので、何回も試したり、データ通信量に制限のあるSIMでテストするときはお気をつけください。プリペイドSIM100MBをあっという間に使い切ってしまったこともありました…。

履歴をチェック

jp.co.nttdocomo.areainfo-6

測定の結果履歴は地図上にピンで表示されます。また右下のボタンから詳しい履歴をリストで見ることも可能です。

ドコモならではの機能も

jp.co.nttdocomo.areainfo-5

ドコモならではの機能として、周辺のドコモショップやdocomoWi-Fiスポットを検索して地図上に表示することができます。
この時、それぞれの場所を示すピンが上から降ってくるようなアニメーションで表示されます。これがなかなか可愛いんですよ!

ドコモのアプリだから、ドコモに有利な値が出るんじゃないかな?と思う人もいるかもしれませんが、他のスピードテスト系アプリと比べたり複数の端末でテストして見た結果、多少の差はもちろんあるものの、おかしな点は特にありませんでした。安心して使ってください。

これまでスピードテストと言えば『Speedtest.net』や『RBB TODAY SPEED TEST』の2つが代表的でしたが、本アプリはそれに加わる新たな定番アプリとなりそうです。




ドコモスピードテスト
価格:無料
開発:NTT DOCOMO





おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
アプリ名ドコモスピードテスト
対応OSAndroid 4.0 以上
バージョン1.0.0
提供元NTT DOCOMO
レビュー日2014/06/24
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者
orefolder
Androidのホーム画面をいじっていたら、いつの間にかこの業界にいました。 最近はスマホゲームも好きで、萌え系アニメ系大好きです。