【HTC Desire HD特集】 第2回 : HTC独自のサービスとプリインストールアプリ

 

『HTC Desire HD』(001HT)特集、第2回です。前回は、外観やスペックなどのについてご紹介しました。
今回は本端末にプリインストールされているアプリやウィジェットの一部をご紹介します。

『HTC Desire HD』のプリインストールアプリはどれもデザインが洗練されているだけでなく、独自UIである「HTC Sence」と連携するという特徴を持っています。

HTC Sence関連のアプリ

以下の2つのアプリを使うためには「HTC Senceアカウント」を登録する必要があります。
メールアドレスと電話番号で作成することができるので、ぜひ登録してみてください。

『HTC Hub』
『HTC Hub』は、本端末をより便利に、より楽しく使うためのさまざまなコンテンツをダウンロードすることができるアプリです。
ウィジェットや壁紙はもちろんのこと、アラーム音などもダウンロードできます。

試しに今回、スキンをダウンロードしてみました。

デフォルトのホーム画面は以下のようになっていました。

ダウンロードしたものを適用してみます。
ステータスバー等の細かい部分も含め変更され、大きく印象が変わりました。

まずは、『HTC Hub』のさまざまなコンテンツで端末を彩ってみるのも面白いと思います。

『HTC Likes』
『HTC Likes』は、HTCおすすめのアプリをダウンロードできるアプリです。
本記事の執筆時点では、『Evernote』や『Tweetdeck』といった定番アプリがおすすめされていました。
アプリのダウンロード自体はAndroid マーケットへ移動して行ないます。

HTC Senceアカウントのフレンドがつけたアプリの評価や、自分の今までインストールしたアプリを確認/評価することもできます。

標準のマーケットよりも見た目がカッコよく、また使いやすいインターフェイスのアプリです。

ソーシャルネットワーク関連のアプリ

今やプリインストールされていて当然とも言えるSNSに関係するアプリも、しっかり用意されています。

FriendStream
『FriendStream』はTwitter、Facebook、Flickrのタイムラインをまとめて閲覧するためのアプリです。

後ほどご紹介するTwitter用アプリ『Peeps』と連動しています。そのためか、よく似たインターフェイスとなっています。

タイムラインに投稿(つぶやく)する際には、どのソーシャルサービスのアカウントを使うか選択することができます。

また、タイムライン上で発言しているアカウントと、端末の電話帳に登録している人を紐付けすることが可能です。

ウィジェットも用意されています。ホーム画面からもタイムラインを確認できます。

特に、Twitter、Facebookを利用している方におすすめのアプリです。

『Peeps』
『Peeps』は前述したとおり、Twitterクライアントアプリです。
タイムラインの取得、投稿、リプライ・ダイレクトメッセージの送受信、お気に入りの確認など、Twitterを利用する上での基本的機能は全て備わっています。

投稿画面です。写真の添付や位置情報の付加も行えます。

連携しているだけあり、インターフェイスは先程ご紹介した『FriendStream』とほとんど同じです。
両アプリを同時に利用すると、使い勝手が統一されて便利だと思います。

『Twitter』と『Facebook』の公式アプリ
『HTC Desire HD』には、TwitterとFacebook、それぞれの公式アプリもプリインストールされています。
アプリそのものはマーケットで公開されているものと同一のもののようです。

それぞれのアプリのレビューは以下よりご覧ください。
Twitter : 「twitter」公式アプリがAndroidに登場!使い勝手も最上級!Androidアプリ608
Facebook : 世界最大のSNS「Facebook」公式アプリ!Androidアプリ1125

その他のアプリ

特に複雑なアプリではありませんが、ピリッとスパイスの利いたアプリをご紹介します。

『フラッシュライト』
『HTC Desire HD』の特徴である2つのLEDフラッシュライトを、懐中電灯として使うためのアプリです。搭載したLEDフラッシュライトの性能を遺憾なく利用できます。
実際に使うと感じますが非常に強い光量を持っており、かなりの広範囲を照らすことができます。

画面上のボタンをタップすることで、明るさを3段階に調節できます。

『置き時計』
地味に優秀なのが、その名も『置き時計』というアプリです。時刻だけでなく、天気や気温まで表示できる優れものです。

寝るときに枕元に置く時計としても使えるように「ナイトモード」も備わっています。余計な情報が消え、バックライトも抑えめになります。

また、アラームやストップウォッチ機能もあり、時計関連の機能はこれひとつでOKです。

まとめ

今回はHTCとSNS関連のプリインストールアプリを中心に紹介してきました。
プリインストールアプリはAndroid マーケットでは手に入らないものも多く、またその端末の性能等を活かしたアプリが多いため、ぜひ使って欲しいと思います。

次回は、今回紹介しきれ無かったプリインストールアプリやウィジェットをご紹介したいと思います。







おすすめ光回線と絶対に後悔しない選び方
  • ※お手持ちの端末や環境によりアプリが利用できない場合があります。
  • ※ご紹介したアプリの内容はレビュー時のバージョンのものです。
  • ※記事および画像の無断転用を禁じます。

執筆者